お金と愛の引き寄せコーチング

起業・副業・フリーランスが、お金も愛もある「豊かな人生」を手に入れるためのココロの秘密。

心の重荷をおろすと、人生は軽やかに踊りだす。

f:id:kidism:20151012043730j:plain

こんにちは!お金と愛のライフコーチ、小島です。

あ~、重い、おもいよ~。
ここ数日、パソコンの動きが妙に重くて、鈍い。

これじゃ、仕事が進まないよ!っなんて憤るほど、仕事が早いわけではないんですが・・・、それでもやっぱり、ストレスフル

パソコンがサクサク動くと、自分の頭までサクサク動く!・・・ような気がしますしね。

そんなことを思っていたら、ごく初歩的な対処法に行きつきました。
ハードディスクの不要データを減らして、空き容量を増やす。

それで、あっさりと解決。
アプリの立ち上がりがスムース、動きもサクサクに^^

「不要なものを削除」するとパソコンってものすごく軽くなりますよね。
これ、私たちの心も同じだって、知ってましたか?

 

「頭を空っぽ」にするおすすめ活動

何だか最近、頭が重いな~、身体がだるいな~、モヤモヤしてやる気がでないな~。
そんな時は、考えに考えすぎて頭が疲労しているのかもしれませんね。

人間、考えすぎると、心身ともに負荷がかかります。

心の中にデータがたまり、重くなって、動きが鈍くなっていく。

そんな時は、気晴らしをして、悩みをいったん放り出してみましょう。
たとえば、長風呂に入る、散歩する、歌う踊る、とか。

ポイントは「頭の中を空っぽ」にできるかどうか?

無我夢中で没入できるような活動がいいですね。
さきほど挙げたもの以外でも、ジョギングする、絵を描く泳ぐなんていいでしょう。

単純作業で考えず、「無心」になれるような活動に時間を費やしてみるんです。

心のなかにたまった不要データ(思考、不安、心配、怒り・・・)が減って、軽くなり、サクサク動くようになってくれる。

ふわっと、悩みごとの打開策が見つかったりするかもしれませんよ。

 

テレビもリラックスできるよね?

ただし、無心になる目的で、テレビや動画視聴するのはおすすめしません。

すごくリラックスできるよ・・・、という人もいるでしょうけど、テレビから発信される情報(データ)に頭のなかを占拠されてしまいますからね。

読書やネットサーフィンも、考えを刺激されるので、頭をからっぽにするには適していないかも。

その点、今、流行りの マインドフルネス(瞑想)とか写経ぬり絵ヨガなんてのはすごくいい。無心になれます。

ようは、

自分の頭のなかを時々空っぽにして、「ハードディスクを軽くする習慣」を身につけることです。

 

心のハードディスクを劇的に軽くするには?

ところで、心のハードディスクをもっと劇的に軽くする方法があります。
その一つが、過去に積み上げてきた葛藤を手放すこと。
 

たとえば、私のクライアントさんは30~40代の女性がとても多いのですが・・・
お金や愛情の悩みについてお話を伺っていると、かなりの人が「男性に対して無意識の怒り」を抱えていることが分かります。

お父さんがお母さんをお金や暴力で支配するのを見ていたとか、子供の頃に男子にいじめられたなど、色んな意味で男性に抑圧された体験がその源にあったりします。


また、私たちは個人的な過去のみならず、家系や民族、育った地域、性別ごとで共有したり、受け継いできた体験や、ネガティブな感情を抱えているものです。

f:id:kidism:20170731175325j:plain

男性への怒りがあると、その女性にどんなことが起こると思いますか?

仕事であれば・・・、
男性の同僚と張り合う、男性の上司に反発したくなるとか。

お金であれば・・・、
男性にお金で支配されないよう、結婚しても自分で稼ぐことにこだわるとか。

結婚や恋愛なら・・・、
パートナーを信用できない、男性との関わりを遠ざけてしまうとか。

他にもたくさんあるのですが、気にも留めなかったことが、働き方やお金、恋愛や結婚など、思わぬところに暗い影を落としていることがよくあるんですよ。

 

あなたがもっとサクサク生きるために

私たちは無意識に「心の痛み」を抱えながら生きています。
その痛みを自覚できると、少しずつですがやわらぎ、生きやすくなっていくんですね。

心の重荷をおろすと、人生は軽やかに踊りだす。


何となく、毎日が不自由だな、重いな、しがらみが増えているなと感じたら、こう問いかけてみましょう。

私は心のハードディスクに、どんな不要データをため込んだままだろう?


スマホだって、時々は電源を落としてリセットしたほうが、ストレスなく使えますからね^^

心の空き容量が増えるほど、もっとサクサク、自由に生きられますよ。

 

Copyright© 2018 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.