お金と愛の引き寄せコーチング

起業・副業・フリーランスが、お金も愛もある「豊かな人生」を手に入れるためのココロの秘密。

さかなクンに学ぶ、キラキラ天職の見つけ方

f:id:kidism:20180618075607j:plain

こんにちは!お金と愛のライフコーチ、小島です。

「僕の前に道はない、僕のうしろに道はできる。」この言葉は、高村光太郎の有名な詩、「道程」の一節です。

この道程という言葉、わたしの中学の卒業アルバムのタイトルになっていました。
当時、このドウテイという響きが、思春期の、しかも男子校ではまったく違う意味で受けとめられ、クラスメートたちがギャースカ騒いでいたのを思いだします^^

  

今なら分かるんですよね。
先生たちがどんな思いで、このタイトルを卒業アルバムに冠したか。

僕の前に道はない、僕のうしろに道はできる。
  恐れず、自分らしく生きなさい!

そんなメッセージだったんじゃないかなって。

 

でも・・・、大人になると、それがいかに難しいかも分かってしまう。
100%自分らしく生きている人なんて、かなりめずらしい。
理想と現実は違う。。

それでもね、やっぱり、自分らしさをあきらめきれない。 
だとしたら、すでに自分らしく生きている先輩から、何かヒントを学びたいですよね。

 

たとえば、タレントのさかなクン。
ええ、青と黄のフグの帽子をかぶり、すっとんきょうな声で魚の話をするお兄さんです。

まさに「僕の道」を行く、「天職」を見つけた人って気がするから。

 

いきなり天職は見つからない

最近、彼の自叙伝を読んだんですよ。
どうやら、さかなクンはいきなり、さかなクンになったわけではないらしい。

 

 小さい頃から魚が好きで、魚の絵を描くのが上手だった少年。
 高校生になるとTVチャンピオンという番組に出場し、全国魚通選手権で五連覇もしました。 

これはつまり、「君は魚についてすごく詳しい、プロになれるよ」というお墨付きを得たようなもの。 

プロ野球選手になりたい人が、甲子園で優勝投手になるようなものかもしれませんね。

 

けれど、さかなクンはすぐに魚を仕事にできたわけではありません。 

魚を売る、育てる、研究するなど、好奇心や探求心を満たせる職種はいろいろあれど、自分に合う道がなかなか見つからなかったそう。

水産大学に入るには学力が足りず、水族館や魚屋で働くも失敗つづき。
熱帯魚屋やお寿司屋さんに勤めたこともあったとか。

 

天職を引き寄せるピュアさ

 

「もっといままで見たことのないようなお魚と出会いたい、そしてそのお魚ひとつひとつとじっくり向き合って、輝きや感動を絵に描いてのこしたい。」 (本人著「さかなクンの一魚一会」より)

 

彼は切実にこう思いつづけていました。 
今はイキイキとTVで活躍する彼にも、自分の進路に迷う時期があったとは驚きですね。

そんな迷いのなか、ある日、アルバイト先の寿司屋から、店の壁いっぱいに魚の絵を描くことを頼まれます。 

その絵が街の評判となり、料理屋や魚市場などから絵の依頼がどんどん舞い込みはじめる。

さらには壁画アートとして話題になり、TVのドキュメンタリーで取材され、魚専門のイラストレーターへ。

そして今日、わたしたちが知っている、魚に詳しく、魚の絵を描くのが上手で、魚について面白おかしく話ができる、「さかなクン」になったんですね。

 

彼は彼がもちうる才能をすべて使える、自分だけの居場所をこの世界に創り出しました。

もちろん、その適性を見抜き、引き上げた人たちがあったからだけど、引き上げてもらえるに十分な才能好奇心、そして人柄も備えていたということなのでしょう。

つい忘れがちなことですが、人柄って大事。
好きなことを仕事にするには、周りから応援される「ピュアな想い」もあなどれない。

 

f:id:kidism:20180730130951j:plain

 

いきなり、さかなクンにならなくていい。

なんだかこんな風に書いてくると、私にはとても無理って思ってしまいそう。
天職を見つけるには、才能や情熱、人柄まで必要なのか~って。

 

でも・・・、さかなクンはいきなり天職を見つけたわけではありませんよね。 

好きで続けてきたことが、思いもかけないルートを辿り、時間をかけて天職という形に結実した。
 

私たちもいきなり、さかなクン100%にならなくていい。
まずは、さかなクン、5%くらいから。

好きなことをどうしたら仕事に取り入れられるか?

とりあえずその辺りから策を練ってみましょうよ。

 

今の職場では好きな業務に就けない、とあきらめているかもしれません。
でも、好きな業務をするために、あれこれ工夫したことって少ないのでは?

上司や同僚にアピールする、面談でちゃんと伝えてみる、取引先やお客様に、自分の好きなことについて話してみるとか。
 

自分の好きや得意を仕事に取り入れる、というのを少しでも意識するだけで、いまより確実に毎日がキラキラするはずですよ。

 

人は好きなことなら夢中で、行動的になれます。
上司だって、叱咤激励せずとも率先してやってくれる業務にあなたを置きたがっているはず。

適材適所とはそういうことであり、もしも会社のなかにその場所がなければ、外に飛び出して自分で作り出すことです。

 

あなたがキラキラと輝くために

これからAIが発達し、機械的な仕事はAIによって代替されていきます。
「人はなぜ働くのか?」 この問いかけはますます重要性を増していくでしょう。


機械は目的を達成するために働きますが、私たちは機械ではなく人間であり、命そのもの。

何かを得るため、達成するために働くのみならず、どうしたら命を輝かせられるか?

そんなふうに自問してみると、天職に辿りつきやすくなるかもしれませんね。

 

もちろん、好きを仕事にできたら最高です。

ただ・・・、今、関わりのある仕事を好きになるのもすばらしい。
すべてを好きになれなくても、今ある仕事のなかに喜びを見いだすこと。

 

仕事、趣味、家事、子育て、じつは何でもいいのですが、人は何かに夢中になる時、熱中している時に心が空っぽになります。

騒がしい心が空っぽになって、まさしく無心になると、なぜだか人は時間の制限を外れ、たとえようのない平和と解放感を味わうものなんです。

その体験そのものが至福であり、人はその至福を味わうために、働くこともできる。

 

お金を稼ぐためだけでなく、喜びを味わうためにも働くという生き方は、そのつもりがあればいくらでも可能なんですよ。

「僕の前に道はない、僕のうしろに道はできる。」

さかなクンのキラキラした笑顔を見ていると、天職を見つける道程には時間をかける価値があると思わされる。

 

人生100年と言われるようになりました。
自分らしく生きる時間、まだまだたっぷりある気がしませんか?

 

Copyright© 2018 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.