お金と愛の引き寄せコーチング

ありのままでプレミアムな未来を現実化する方法

愛も仕事も、親の期待に応えなくていい

f:id:kidism:20210603143901j:plain

こんにちは、小島です!

期待に応えなくていい」

この言葉を聞いて、あなたはどう感じますか?

そんなの当たり前じゃないかと思えたらOK。
でも、何か違和感を感じるようなら、あなたは少し、「親の期待」にしばられて、窮屈に生きているのかも・・・。

 

そんな人には、鴻上尚史さんの「親の期待に応えなくていい」という本をオススメします。

鴻上さんは劇作家らしい心理洞察の深さで、ネット上の人生相談でも神回答が多いんですよ。

  

大人になっても引きずる、親の期待

 

この本自体は、中高生向けに書かれた本です。
親からの「こういう仕事に就いてほしい」という期待と、私は「こういう仕事に就きたいんだ」というギャップで悩む若者とか。

もしくは、「どんな仕事をしたいか分からない」けど、「親の言う通りでもいいんだろうか?」という葛藤へのアドバイス。

じつは、こういう悩みって、大人になっても続きます。

 

これまでを振り返って、進学や就職、恋愛すらも、親の期待に添うように選択してきた、ということはありませんか?

 

けっこう、多くの人がこの「親の期待」に応えんがために生きています。

その期待とは、

  • こういう仕事に就いてほしい
  • こういう人と結婚してほしい
  • ひとかどの人物になってほしい

etc.

その他さまざまな、子どもが「こうあってほしい」という親のエゴですね。

子どもはどうしても、必死に親の期待に応えようとします。
親の笑顔が見たいから。

自分を受け入れて、認め、愛されているという実感が得たいんですね。

それは、何歳になってもです。

 

自分の意思が分からなくなる

 

親の期待と、自分の望みがばっちり一致した人は幸せです。
親が敷いたレールを歩いても、不満足感はないでしょう。

けれど、親の期待と自分の本心にズレがあると、どんなにいい仕事に就いても、恵まれた結婚をしても、どこか不満足感がつきまといます。

結局、自分で人生を選んでこなかった、という後悔があるからです。

 

「本当に好きな人が見つからない」
「好きな仕事が見つからない」
「何をしていいか分からない・・・」

こういう場合の多くに、親からの干渉に降参して、自分で考えるのを止めているケースがあります。

 

そうそう、鴻上さんの本に、こんな一節がありました。

「常に親が何をしてほしいか、何を求めているかを探っているうちに、自分が本当は何をしたいかが分からなくなってくる。」

 

親の顔色をうかがい、期待に応えようとするほど、自分の意思が分からなくなるんですね。

 

そして、・・・

「問題は、自分の頭で考えるのではなく、親の考えをそのまま自分の考えだと思い込んでしまうことです。

または、親にまかせて、自分が考えることをやめてしまうことです。」

 

 

f:id:kidism:20210603143919j:plain

 

私の気持ちを尊重してもらえない

 

恋愛や仕事で煮詰まっているクライアントさんから、幼少期の話を伺うと、

「大きくなったらパン屋になりたい!と言っても、公務員にしなさいと親にたしなめられた」とか、「好きな異性のことを批判された」といった経験を聞いたりします。

 

私の気持ちをちっとも尊重してくれない・・・。

「好き」や「本音」を否定される経験をくり返せば、不満足感が潜在意識下にたまります。

その不満足感が大人になっても残りつづけ、しっくりこない現実を引き寄せる磁石になってしまう。

 

親は人生ではじめて出会ったメンター。

その言葉や振る舞いは正誤に関わらず、初期プログラムのように私たちの潜在意識下で動きつづけています。

「親の期待に応えなければ」という無自覚な思いが、あなたから自分らしさを奪っているかも・・・。

 

もし、親の期待に応えなくていいなら?

 

「親の期待に応えなくていい」

この本のタイトルそのものが、親からの心理的に卒業し、本当の自分で生きはじめるヒントになります。

 

もし、親の期待に応えなくていいのなら、あなたはこれから何をしますか?

 

30代になっても、40代を超えてもなお、親の期待に応えなきゃって頑張りすぎている人がたくさんいます。

期待に応えられないことに悩んでいる人もいるでしょう。

 

親の期待に応えなくていいよ。

このことが腹の底から腑に落ちた時、心がふわっと軽くなります。
好きな人が見つかったり、好きな仕事と出合えるようになる。

ああ、本当の自分で生きていいんだという、極めて当たり前の事実に気づけますよ。

 

Copyright© 2021 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.