愛とお金の引き寄せ心理学

努力で変わらなかった現実がするっと好転

もっと「波長が合う人」を引き寄せる方法

波長が合うとお互いにラクですよね。

こんにちは、小島です!
よく「この人とは波長が合うけど、あの人とはいまいち…」と言ったり、聞いたりします。

ものすごくぼんやりした表現ですけど、たしかに私たちは「何となくの相性」を感じ取っていて、実際に波長が合うと感じる人との時間は心地よく、楽しいものになりやすい。

当然、そこから恋愛や結婚に発展したり、仕事のパートナーやお客さま、生涯の友情関係にもつながっていく。

 

私たち、波長が合うね~!

思わずそんなことを言いたくなるほど、フィーリングが合う人と出会えたとき、私たちの心の中ではいったい何が起きているんでしょうか?

 

というわけで今日のテーマは、「もっと波長が合う人を引き寄せる方法」について。
最後までお読みいただくと、今ある人間関係の質を高めたり、もっと波長が合うと感じられる人との出会いも引き寄せやすくなります。

私たちは波長が合う人を変えられるんですよ。

 

続きを読む

「手放すと入ってくる!」スピリチュアルな秘密

 

古い現実を手放すと、新しい現実がやってきます。

 

こんにちは、小島です!

スピリチュアルな話を見聞きしていると、「手放す入ってくる」という言葉がよく出てきます。
持っているものを手放さないと、もっといいものはやって来ないよ。
そんな意味合いですね。

 

でも、多くの人はこの話を聞いて「なるほど!」と思いつつ、こう思う。

「新しいものが入ってきたら、古いものはちゃっちゃと捨てるんだけど。」
「次の保証もないのに、今あるものを手放すなんて無理。」

・・・

おそらくそれが、おおかたの本音なのでは?

 

やっぱり、手放すって怖いです。

だから、ムリにそうする必要はないんですよ。
ただ、どうも願いが現実化せず、頭と心がごちゃごちゃなら、先に何かを手放したほうがいいです。

手放すと入ってくるのは、この世界の法則でもあるから。

 

この記事を最後までお読みいただけると、手放すことのメリットが分かるとともに、手放す勇気もわいてきます。

 

続きを読む

苦しい恋愛とさようなら、執着を手放す方法

 

執着を手放すと、なぜ恋愛がうまくいくのか?

こんにちは、小島です!

あなたに大好きな人がいて、もしくは大好きだった人がいて、どうもその思いが強すぎて「執着」になっている・・・。

そう感じているなら、この記事があなたの恋愛をスムーズにする助けになるかもしれません。

 

執着していると、苦しいですよね?
いろいろ手につかなくなって、人によっては自分が自分でないような感覚になることもあるでしょう。

何より、あなたがどんなに魅力的で、またどんなにその思いが純粋であっても、相手に執着しすぎれば、あなたの恋愛は実りにくくなります。

また、新しい恋愛も引き寄せにくくなる。

 

執着はデメリットが大きいので、手放すにかぎります。
最後までお読みいただくと、恋愛における執着の原因と手放す方法が分かりますよ。

 

続きを読む

好きじゃない人に好かれる、スピリチュアルな理由

どうでもいい人には好かれるのに、好きな人からは好かれない。

 

こんにちは、小島です!

クライアントさんからときどき、こんな恋愛相談をいただきます。

好きじゃない人に好かれるんです。どうしたらいいですか?」

ありがたいけれど、断るのだって気を使いますよね。相手を傷つけないように、恨まれないようにとか、いろいろ考えてしまうし。

それが同じ職場だったり、取引先とか、コミュニティが一緒だと、後々の関係性もあるからよけい面倒になる。

 

あなたはいかがですか?
好きじゃない人に好かれて困ったことはありませんか?

 

もし、あなたの振る舞いも含め、心の中を振り返ってみるといいかも。

そもそも、人に好かれるのはあなたに魅力があるし、恋愛運が上向いているから。

にもかかわらず、好きじゃない人には好かれて、好きな人には好かれない。こんな不合理が起きるのは、「執着心」が原因です。


ということで、今日は、好きじゃない人に好かれるスピリチュアルな理由について書きます。

どうしたら、好きな人に好かれるようになるか?そのヒントもつかめますよ。

 

続きを読む

スッキリと元彼を忘れる、心理学のコツ

元彼忘れるために、新しい恋を探していませんか?


こんにちは、小島です!
大人女性からの恋愛相談でよくいただくのが、「元彼が忘れられない」というもの。
結婚を考えていたとか、長く付き合ったうえでの別れはとくに、未練が残ってしまいますよね。

それにもしかしたら、復縁できるのではという淡い期待も持ち続けたりして・・・。

そうなると、新しい恋にも目が向きづらくなる。
元彼はこうだった、それに比べて・・・と目の前の異性をジャッジしてしまうとか。

なぜなら、人は失ったものを、ことさら素晴らしかったかのように感じるものだから。

 

続きを読む
Copyright© 2024 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.