お金と愛の引き寄せコーチング

ありのままでプレミアムな未来を現実化する方法

他人の機嫌に左右されず、ブレない自分になるコツ

f:id:kidism:20190409083251j:plain

 

せっかくのいい気分を、他人の不機嫌にぶち壊されたことはありませんか?

いい人ほど、職場の雰囲気や、パートナーの感情をよく察します。
そして同時に、周りの感情のアップダウンにも影響を受けやすい。

 

あなたは周りに感化されて、アップダウンしやすいですか?
もしそうなら、他人の機嫌に左右されず 、ブレない自分を作るコツを知っておいてくださいね。

上機嫌で過ごす時間が増えるほど、いい人や出来事を引き寄せますから。

 

いい人ほど他人の機嫌に左右される

 

ある朝のこと。

近所のコンビニのレジに並んでいたんですね。

レジのお兄さんは学生さんふうで、はきはきした短髪の真面目そうな男性。
週に2~3回は行くので、少し顔なじみなんです^^

いつも愛想がいいので好印象なんですよ。

 

でもその日、私の前に並んでいた30歳くらいの女性客に対して、どことなく落ち着かない様子でした。

受け答えは丁寧だったんですけどね・・・。

いつも爽やかな店員さんが、めずらしくイライラしていたんです。

 

こんな感じのやりとりでした。

店員:「お箸とフォーク、どちらになさいますか?」

女性:「はぁ?」

店員:「(うっ・・・)
    お箸とフォーク、どちらになさいますか!?」

女性:「フォークっ」

店員:「・・・」

 

そう、明らかに、女性客の態度がひどかったんです。
斜に構えた感じで立ち、いかにも私は不機嫌なのよってオーラがもりもりでしたから。

 

お兄さんは相手の不機嫌オーラに飲み込まれ、平静さを失っているようでした。
その様子がさらに女性客をイラ立たせ、いっそう攻撃的な態度になっていく・・・。

感情にはそれぞれ波長があり、いい感情も、悪い感情も伝播します。

そして、人の気持ちがよくわかる、共感力の高い人ほど、こうした他人が放つ波長に影響されやすい。

 

ときどき、こういう人がいます。

「私、人の気持ちがよく分かるんです。」

「機嫌がいいとか、悪いとか すごく分かってしまって、なんだかいつもつらいんですよね・・・。」

 

いい人ほど、他人の感情に左右されます。
だからこそ、その対処法を知っておかなけばなりません。

でないと、いちいち、周囲の人の感情の浮き沈みにダイレクトに巻き込まれ、一緒に気分が上がったり、下がったり・・・。

主体性のない毎日を生きることになりますから。

 

練習はいりますが、他人の機嫌に左右されない、衝動的な反応を抑えるコツはありますよ。

まるで、コンビニの店員と女性客の目に見えない心理的な争いを、一歩引いて、後ろから眺めるように。

 

他人ファーストか? 自分ファーストか?

 

たとえば、今ここで、周りにイライラしている人がいるとしますね。

私は不幸なのよ、人生の被害者なの、という雰囲気を発している人がいる。

これが通りすがりの人、電車で隣りあう人なら、あなたが場所を移動すれば、その影響下から離れられます。

でも・・・、職場で隣りの席の人だったり、直属の上司だったり、お客さんだったら、その人から離れられません。

 

そんな時、どうしたらいいか?

一番いいのは、自分の感情にフォーカスすることです。

 

その時、相手のイライラにフォーカスするのではなく、その状況下で「 私はいま、どう感じているか?」に意識を向けること。

ああ、イライラが伝染してこっちまでイライラしてきたよ・・・とか。

その瞬間、他人の機嫌に振り回されている現実にハッと気づけるかがポイントです。

 

共感力の高い人は、どうしても他人ファーストになりがち。
他人を優先してしまう。

でも、ブレない人の基本は自分ファースト。

 

冷たく聞こえるかもしれませんが、

じつは他人ファーストの人は、恐怖心から他者の気持ちを優先することが多い。
嫌われたくない、不利な立場に置かれたくないだけ。

好意で相手を気にかけているわけではないんですね。

 

ブレない人は、自分の気持ちを大切にします。
相手がイライラしていても、「私の気持ちは今、どうか?」に意識を向けている。

それはつまり、他人の感情に巻き込まれるかどうかを、主体的に選択するという生き方です。

 

f:id:kidism:20190409083349j:plain

 

誰かの不機嫌は「私のせい?」

 

ここで、冒頭のコンビニでのやりとりに戻りましょう。

あきらかに不機嫌な女性客が商品をもってレジにやって来た。

商品をぞんざいにレジに置いて、お金の扱いもぞんざい。
顔には不機嫌さが漂っている・・・。

こんな時、店員さんのなかにはこう思う人もいるでしょう。

え、これって私のせい?

 

もちろん、違いますよね。

その人が朝、家族とケンカをしたのかもしれない。
昨日、失恋したとか、仕事をクビになったばかりかもしれない。

そもそも不機嫌になるような出来事などはなくて、いつも、私は不幸なんだと信じているせいかもしれない。

 

誰かの機嫌が悪い時、「私のせい?」と思い込みやすい人がいます。

「私のせい?」という罪悪感にとらわれていると、見るもの、聞くもの、体験するあらゆるネガティブな状況が、すべて「自分に原因がある」と無意識に感じてしまいます。

そういう人は幼い頃、親や兄弟など、いつも誰かの顔色をうかがいながら、生きることを強いられてきた可能性もある。

 

こうした罪悪感に心当たりがある場合は、「私のせい?」って思い込みやすくなった過去にさかのぼって、消化不良になっている葛藤を解消すること。

すると、他人と自分の感情を切り分けて受け止められるようになりますよ。

 

他人の機嫌に左右されないための言葉

 

まずは、「自分が感じている気持ち」を意識するようにしてくださいね。 

どんな時も、どれだけ自分の感情を大切にできるか?
それが自分を大切にし、いい気分を保ち、いい人や出来事を引き寄せやすくします。

 

・・・まぁ、そうは言っても、簡単にできることではないのはよく承知しています。

ですからまず、隣りにいる上司や恋人が不機嫌になっていたら、こう呟きましょう。

 

この人にも事情がある・・・

状況を俯瞰できて、いつものあなたに戻りやすくなりますよ。

 

Copyright© 2021 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.