愛とお金の引き寄せコーチング

ありのままでプレミアムな未来を現実化する方法

「なるようになる」は究極のスピリチュアル

f:id:kidism:20190409091823j:plain

なるようになるは、究極のスピリチュアル心理です。

 

こんにちは、小島です!

先が見えないとき、誰でも不安や焦りでいっぱいになりますよね。
どうなるんだろう、大丈夫かな・・・と、居てもたってもいられなくなる。

ネガティブな気分にはまると、呼応するようにネガティブな体験を引き寄せます。

心が現実を作っているから。

こんなときは、不安な心持ちからどれだけ早く抜け出せるかが、流れを好転させるカギになる。

その切り替えスイッチとして、「なるようになる」が役立ちます。

 

「こうあるべき」はうまくいかない

 

恋愛や仕事などで、あなたはどんな時に不安になりやすいですか?

たとえば、恋愛だったら、パートナーは本当に私を好きだろうか?浮気なんかしないよね、最近は連絡がマメじゃないけど冷めてきたのかな、・・・とか。

こんなとき、相手の気持ちを確かめたくて、しきりに愛情確認したり、連絡してしまったり、相手をコントロールするような行動を取ってしまうものです。

そして、他人や状況を都合よく動かしたくて、コントロールしたくなるものです。

もっと連絡をよこすべきだとか、好きだと言うべきだとか、相手にたくさんの「こうあるべきだ」という思いを抱くんですよね。

 

こういう「あるべき」って、不安や焦りの原因になります。
恋愛だけじゃなく、仕事でも何でも、私たちは不安を解消したくて、相手を都合よくコントロールしようとする。

 

こんなとき、私たちは力んでいます。
力んでしまうと、本来うまく行くはずのことも失敗したりする。

パートナーを都合よくコントロールしたがって、上手くいかなくなった例は枚挙にいとまがありません。

 

 

「なるようになる」でうまくいく

 

恋でも仕事でも、うまくいくときは不安な時ではなく、リラックスしているときです。
力が抜けて、本来の能力や魅力を思いきり発揮できるから。


そこで役立つのが、「なるようになる」。

「こうあるべき」が「なるようになる」へ変わると、力が抜けるからですね。

コントロールしようともがいていたところで、ふっと力が抜けると、思考を超えたところから高次サポートがやってくる。

インスピレーションや直感、ヒラメキ、奇抜なアイデア。
また、奇跡的な出会いや、シンクロニシティと呼ばれる偶然の一致という形で。

 

f:id:kidism:20220210153145p:plain

 

たとえば、結婚を諦めたら、生涯のパートナーに出会えたとか。
お金への執着が減ったら、巡りがよくなったとか。

こういう話、本当にあちこちで聞きますし、私自身もたくさん経験しています。

 

必死にやっても変わらなかった現実が、ふっと力が抜けただけで、神の手が添えられたかのように好転する。

こうしたスピリチュアルな変化を起こす意識が、「なるようになる」です。

 

どうしたら「なるようになる」と思えるか?

 

好雪片々として、別所に落ちず
(こうせつ へんぺんとして、べっしょにおちず)

 

舞い散る雪のひとひらひとひらは、落ちるべきところに落ちている、という意味の禅語。

 

人生、日々起きることはそうなるべくして、なっている。
つまり「なるようになるさ」と私は解釈しています。

 

時おり、思うに任せぬ状況になったときは、この言葉が浮かびます。
舞い落ちる桜の花びらや、真っ白な雪がしんしんと降る様子とともに。

好雪片々として別所に落ちず」・・・そう何度もつぶやいていると、ふっと肩の荷が抜けてリラックスするんですね。

 

がんばっても報われない、思うようにはからどらない。
そんなときほど、ふう~っと息を吐きながら、この言葉を唱えてみてください。

好雪片々として、別所に落ちず

余計な力が抜けて、高次のサポートを得やすくなりますよ。

 

f:id:kidism:20190409091920j:plain

「なるようになる」は究極のスピリチュアル

 

もちろん、「なるようになる」とくり返し唱えるのもオススメ。

「なるようになる」という言葉がポジティブすぎてしっくりこないなら、「なるようにしかならない」でもいい。

いずれにしろ、ギシギシと凝り固まった心をほどければ、どんな言葉でも、他のどんな方法でもOKなんです。

 

恋でも仕事でも、「こうでなければ」「なんとかしなければ」と力みすぎなんですね。力が入って、状況をコントロールしたがると、物事がスムーズに運びません。

「なるようになる」は究極のスピリチュアルです。
これほど、現実を好転させるのに適したものはありません。

もっと力を抜きましょう、まな板の上の鯉のように、人生を信じて身を任せてみる。

我が手を離せば、神の手が添えられて、私たちは勝手に幸せになりますよ。

 

Copyright© 2022 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.