お金と愛の引き寄せコーチング

起業・副業・フリーランスが、お金も愛もある「豊かな人生」を手に入れるためのココロの秘密。

「人生の転機」を乗り越える、ココロの法則。

f:id:kidism:20130319154055j:plain

こんにちは!お金と愛のライフコーチ、小島です。

人生に起こるのは、いいことばかりではありませんよね。
ずっと順調だったのに、さしたる理由もなく、スランプになったりします。

一時的な不調なら、気持ちや取り組み方を変えて抜けだせますけど・・・。

ジティブに手を尽くして、泥沼にはまりむようなら要注意。
それはスランプではなく、「人生の転機」かもしれません。


人生の転機に起きることを、ベストセラー作家の本田健さんは著書「大好きなことをやって生きよう」で次のように述べています。

従業員の人にとってはリストラだったり、自営業の人にとっては売り上げの急減だったりします。

また、離婚、病気、親の死なども、大きな変化のきっかけになっています。 

 

経済的や精神的に「当てにしていたもの」を失う、失うかもしれないという体験が、人生を変えざるをえない引き金になるんですね。

 

人生の転機が、新しい物語を生む

ところで、あなたはどんな映画が好きですか?

たいていの映画では、主人公が挫折を乗り越え、成長し、ハッピーエンドを迎えますよね。

パート2が作られると、またも主人公は挫折して、成長し、ハッピーエンドになります。

最初から最後まで、挫折も成長もない物語は退屈きわまりない・・・。
もちろん、誰でもネガティブな体験は避けたい。
ですが、私たちは無意識に、挫折を乗り越え、大きく成長することも願っています。


私たちそれぞれが、人生という物語の主役です。

この物語は、季節がめぐるように一定のサイクルをたどります。

誕生(春)】→【 成長(夏)】→【 成熟(秋)】【混乱(冬支度)】→【休眠(冬)】


このライフサイクルを、シリーズ化した映画のようにくり返しているんですね。
仕事や家庭、人間関係などのあらゆる面で、何度も何度もです。

この世界は、変わっていくことが前提。
変わるまいと抵抗しても、人生は変わらざるをえないように出来ている。

人生の転機は、「成熟(秋)」の実りのあとに、「混乱」という形で訪れます。

小手先のことでは状況が動かなくなり、何かを大きく見直す必要に迫られてしまう。
仕事や働き方を変える、人間関係を変える、また、あなたの価値観や考え方を変える必要があるかもしれませんね。

人生の転機とは、物語の流れの一部であり、あなたの成長を促すチャンスなんです。

 

f:id:kidism:20151008134531j:plain

うまくいってない「現実」を手放す

「混乱」そのものは、誰のせいでもありません。
ただ、そこから早く抜け出せるか、長く停滞するかはその人次第。

すでに役に立たなくなった「何か」を「手放す」ことができるか?

長く停滞しているときは、「まだイケる」「今のままでも何とかなる」と、うまくいかない現状にしがみつきがちに。

仕事、家庭、恋愛、友人、両親、健康、趣味、コミュニティ、・・・etc.
恐れや不安から、ひどく執着しているものはありませんか?


変わるのって怖いですよね。

だから「まだ何とかなるかも」と言いきかせて、すでに「うまくいかなくなった現実」を手放せないことが多い。

変化が怖いのは当たり前なんです。
潜在意識が安全を求め、「今日が昨日と同じである」ことを欲するから。

あなたが好きな映画の主人公は、どんな人生の転機を経験しましたか?

何にしがみつき、挫折によって、どんな「うまくいってない現実」を手放したでしょう?

成長する、変化するとは、古い自分を捨て、新しい自分を手にすることです。

人生の転機に入って「混乱」を経験したら、「何が機能しなくなったのか?」と問いかけてみましょう。

 

うまくいってない「考え方や感じ方」を手放す

機能しなくなるものは、仕事や人間関係そのものだけではありません。
仕事のやり方、働き方、家庭のきりもり、恋人や友人、両親との付き合い方、男とは?女とは?といった、あなたの「考え方や感じ方」も、変化にさらされます。


たとえば、仕事がうまくいってなければ、今の仕事を手放し、新しい仕事を探すことができます。

でも、今の仕事のままで・・・、会社や上司や同僚への見方を変えたり、仕事への取り組み方や、何のために働くのかといった仕事観を見直すこともできる。

そこから仕事がうまく回りだすことも十分にありますよね。


あなたはどんな「考え方や感じ方」にとらわれているのでしょう?

自分で分かりづらいときは、他人のアドバイスに耳を傾けてみましょう。
友達とか、家族とか、あなたをよく知る人たちの言葉です。

身近な人から向けられる言葉って、案外、的を得ていたりするんですよね。

しかもその言葉に、すごく腹が立ったり、素直になれないなら・・・、そこにはあなたの人生を変えるヒントが隠れている可能性があるかも。

たとえば、失恋を引きずっている人はこう考えます。

「私にはあの人しかいなかった・・・」、ここにはすでに機能していない「考え方や感じ方」がありますよね。

この状況になると、たいていの人はこんなお気楽な言葉をかけてくる。
「大丈夫、もっといい人が見つかるよ」
お気楽だけれど、たしかに真実なんです。

何かを手に入れるためには、まず、何かを手放さなければならない。

両手にぐっと「何か」を握りしめたままでは、新しい「何か」をつかむことはできないですよね。

これは自然界の法則なんです。

 

f:id:kidism:20150310144521j:plain

人生の転機を乗り越えるために

何かを手放すことで、あなたの新しい物語が動きはじめます。
ですが、その変化は唐突には起こりません。

秋から冬、冬から春へ、季節の移り変わりはあいまいなもの。

人生にはグラデーションがある。
行きつ戻りつしながら、境目が分からないような変化を見せます。

不安になっても、焦ることもあるでしょう。
でも、人生も人のココロも、カレンダーをめくるようには切りかわらない。

私たちが暮らすこの世界は変化が常です。

ですから、変わりゆくものに抵抗しなければ、私たちは世界と調和して、もっとスムーズに生きられるようになる。


流れに逆らわず、役に立たなくなった「考え方や感じ方」を手放しましょう。

川で溺れそうになったら、ジタバタするより、流れに身を任せたほうが助かりやすい。「混乱」したときは、こう自分に問いかけてみる。

私が幸せになるには、どんな「考え方や感じ方」を手放せばいいか?

それが、人生の転機を乗り越えるきっかけになります。

 

Copyright© 2018 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.