お金と愛の引き寄せコーチング

起業・副業・キャリア女子が「本当の自分」で、お金と愛に満たされる方法

ワクワク感で、夢や目標を引き寄せる

f:id:kidism:20190425101550j:plain

こんにちは、小島です!

ほとんどの人が「何をしたいか分からない」と悩み、行き先不明の道を必死で走りつづけています。

目の前のことに手一杯で、毎日を猛スピードでドライブしている感覚・・・。

どの道をすすめばいいんだろう?
どの角で曲がればいいの?

この道は、自分らしい道だろうか?

 

もし、あなたに夢や目標があるなら、とてもラッキーな人ですね。
どんどんチャレンジして、願いを叶えていってください。

きっと素晴らしい現実を引き寄せていくでしょう。

 

もし、あなたには夢や目標がないとしたら・・・、それでも大丈夫です。
自分らしい人生を実現していくことは可能。

ただ、心にこうささやけばいいんですよ。

「私はワクワクに従います」と。

 

喜びを察知すると、ワクワクする

子どもは「ワクワク」しながら生きていますよね。
朝から晩まで感情のおもむくまま、ただその瞬間を楽しんでいます。

でも、大人になると、ワクワク感がさびついてしまう・・・。

「したいこと」よりも、「すべきこと、しなければならないこと」を優先するようになるから。

そもそも「ワクワクするって、よく分からない」という人もいますしね。

ワクワクって、いったい何なんでしょう?

期待や喜びで心がはずんで落ち着かないさま

(大辞林第三版)

 

たとえば、「遠足の前日の夜」に感じていた気持ち、みたいなもの。

ワクワクというのは、喜びやうれしさとは少し違う。
うれしいことを察知して、わきがってくるのがワクワクという感情です。

私たちがワクワクすると、脳内の側坐核(そくざかく)という部位が活性化します。
側坐核は快楽システムの中枢で、「生物学的に好ましいものごとに人間を誘い込む」役目があると、神経科学者のエレーヌ・フォックスは述べています。

 

ワクワク感は、行き先が分からずに疾走する私たちの、心のGPS機能のようなものです。
いま、私は「人生」という道中のどこに居て、どの道を進めばいいかを前もって「気配」で教えてくれるんですね。

 

f:id:kidism:20190425101612j:plain

ワクワクを身体で感じる

あなたがドキドキしたら、胸の鼓動が早まりますよね。

胸がおどる、胸をくすぐる、胸がキュンとなる、胃がきりきりする。
腹がたつ、頭に血がのぼる・・・etc.

感情は身体の反応とリンクしています。

 

もしも、あなたがワクワクすれば、あなたの身体のどこかも反応するでしょう。

たとえば、最近、何かが楽しみで待ち遠しかったことはありますか?

旅行の前とか、デートの前だとか、何でも構いません。
そのとき、あなたの身体にはどんな反応が起きていたでしょうか?

顔や手足がほてってくる、みぞおち辺りがくすぐったくなる・・・etc.

 

ワクワクしたときに、自分の身体にどんな反応が起きるかを知っておくと、ワクワク感に気づきやすくなりますよ。

「ああ、私は今、ワクワクしているな~」って自覚できる。

 

もっともっと、ワクワクを身体で感じるようにしましょう!

世界的なアクション俳優のブルース・リーはこう言いました。

「Don't Think. Feel!」

 考えるな、感じろ! 

ワクワクを感じる頻度が増えると、考えるよりも大きな力が働くようになります。
直感やインスピレーション、ヒラメキと呼ばれる力です。

こうした感性の力は、思考力では出せないアイデアや解決策、選択や行動を私たちにもたらしてくれます。

 

ワクワクで選ぶことに慣れる

子どもは毎日ワクワクして暮らしています。
かつて子どもだった私たちも、昔は毎日ワクワクしていました。

子どもの頃は毎日のように感じていたんですから、また使えるようになります。
自転車の乗り方を思い出すのと同じようなものですね。

もし、あなたが最近、あまりワクワクしていないな~と思ったら、少し練習が必要かもしれません。

とりあえず、毎日の小さな選択のなかで、ワクワクを練習していきましょう。

「今日のランチは何を食べようか?」「日曜日はどこへ出かけようか?」といったささやかなことで構いません。

何かを選ぶときに、「ワクワクするのはどれだろう?」と問いかけてみるといいでしょう。

ワクワクを体で感じられるといいですね。

ワクワクを感じるように練習していくと、「すべきこと、しなければならないこと」より「したいこと」をする頻度が増えていきますよ。

大人の私たちは、合理的に選択することには慣れています。
正しいかどうか、損か得か、効率的かどうかなど。

こうした判断基準も大切ですが、どんなに頭で考えても選択できないときがあるものです。

そんな時は、思い切って問いかけてみる。

「これはワクワクするだろうか?」「どっちがワクワクするかな?」

 

f:id:kidism:20190425101633j:plain

ワクワクが夢や目標を引き寄せる

夢や目標がなくても、心配する必要はありません。
「したいこと」「ワクワクすること」に従って毎日を生きれば、そのうちに夢や目標を引き寄せるようになるでしょう。

夢や目標は、「すべきこと、しなければならないこと」の延長ではなく、「したいこと」「ワクワクすること」の延長にあるものだから。

 

映画スターウォーズにも影響を与えた、著名な神話学者、ジョゼフ・キャンベルはこういいました。

あなたの至福に従いなさい。恐れないで。思わぬところに扉が開くから。

 

至福とは、この上ない喜びのこと。
ワクワクする毎日の選択が、あなたを夢や目標へと引き寄せてくれます。

いつか来た道を振りかえり、「夢や目標につながるルートを走っていたんだ!」と、気づける日が必ず来ます。

もしも今、あなたがワクワクに従うなら、手始めに何をしますか?

 

Copyright© 2019 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.