お金と愛の引き寄せコーチング

起業・副業・フリーランスが、お金も愛もある「豊かな人生」を手に入れるためのココロの秘密。

セルフイメージで、恋愛クオリティが上がる。

f:id:kidism:20160415175428j:plain

こんにちは!お金と愛のライフコーチの小島です。

先日、友人のアラフォー女子がこんなことを言ってたんですよ。

私、自分の名前が、何だかピンと来ないんですよね・・・

特に変わった名前ではありません。
ひらがなの、女性らしい名前。同じ名前の人もたくさんいます。

でも、彼女には、その名前が自分のものだとは思えないようなんです。

ふと、こんなふうに感じました。

生まれてからずっと使っている名前がしっくりこない、それは自分の存在にピンと来てないからなんだろうって。

もしもそうなら、いい恋愛もできない気がするんですよね。

 

本当の自分じゃない気がする・・・

本当の自分じゃない気がするってこと?」と聞いたら、そうかもしれない・・・と彼女は答えました。

未婚でアラフォー、私の妻もその人と会ったことがあるのですが、「お洒落で素敵な人だよね」と絶賛していたんですよ。

思いやりがあって、かわいらしい。
ただ・・・、どこかはかなげでもあります。


かつて私も「幸薄だよね」なんて言われた時期があったので、余計なお世話ですが、なんだか彼女のココロの内が気になりました。

他人の評価はもちろんですが、私たちは自己評価に強く影響されています。
誰でも、私ってはこういう感じの人!っていうイメージを持っていますよね。

これをセルフイメージと言ったりします。
このセルフイメージが低いと、他人からほめられても嬉しくないし、自分の名前すら、本当の名前ではない気がするかもしれない。

たとえ、幸せになるのに十分な条件に恵まれていても、「私は幸せになる価値がない」と思い込んでしまうんです。

 

セルフイメージと恋愛クオリティ

その女性は、年下の男性に恋をした時にこんなことを言っていました。

私、二番目でもいいんですよ

ちょっとちょっと!
完全に、都合のいい女のパターンですよね。

彼女だって幸せな恋愛をしたいはずなのに・・・。
原因のひとつには、彼女のセルフイメージの低さがあります。

実像とセルフイメージがあまりにズレすぎている。
聞いてるこっちがイスから落ちそうになるほどにです。

実像の彼女は、知的でおしゃれで、かわいらしい女性です。
でも、彼女のセルフイメージは、「中身がおじさんで、男性から一番目に愛される価値がない」というもののよう。

過剰なセルフイメージを持つ必要はありません。
でも、彼女に必要なのは等身大の自分を認めることであり、自分のダメさとともに、自分のいいところを受け入れることだと感じました。

自分を愛することから始めないとね」なんて冗談っぽく言ってみて、こんな本があるよとか、彼女に役立ちそうな本を教えてあげました。

本当はアドバイスを求めていない人に、アドバイスしてはいけないんですけどね。
何だかほっとけなくて、ちょっとだけ。

 

自分と向き合う

それでも、彼女は熱心に話しを聞いて、その後、自分なりに自分を愛する方法を模索しはじめたようでした。

自分が信じられる方法で、ココロと向き合いはじめていると教えてくれたんです。


ある日、「ヘンなことがいっぱいあって、受け止めきれないんです」と言っていたときは、好転反応の話をしてあげました。

好転反応というのは、物事が良くなる前に、一時的に健康を害したり、人間関係に問題を抱えたり、人生が不調になる現象のこと。


彼女はちゃんと、自分と向き合っていたようですね。
なぜなら、自分が抑え込んでいた感情と向きうとき、一時的に気持ちが不安定になったり、周りの状況が混乱したりするから。

「今は好転反応だから、そのうちいいことがあるよ」そう話したら、彼女はいくらかホッしたようでした。

それが1年くらい前の話で、今はどうしているのか知りません。
あれから、自分の名前がピンと来るようになったのか、聞きたいんですけどね。

 

自分を愛するほど、周りから大切にされる

自分の名前がピンと来ないとまではいかなくても、今の自分は本当の自分じゃない、という感覚を持っている人は少なくないかもしれません。

この感覚は、自己否定によって起こります。

自分の身体から心が離れてしまっているような状態です。
何をしても当事者意識がないでしょうし、何かに熱中することも少ないでしょう。

自分が感じている感覚さえ、どこか他人事のような気がするかもしれません。


こうした心理状態のままだと、幸せになれなさそうですよね。
誰かにとっての大切な一番になることを、自分で信じられない。

もしも、あなたが強い自己否定を抱えていたら、自分と向き合うことをお勧めします。

やみくもに出会いを求める前に、自分で自分を愛することを学ぶほうが賢明です。
なぜなら、自分を愛せない人は、周りからも大切にされないから。

「二番目でもいいんです」と思っていると、異性からもそのようにしか扱われません。二番目としてしか大切にされないんです。


こうしたことには、ご両親との関係も影響している可能性があります。
幼いころの両親から受けた影響や、両親に抱いた思いというのは、その人の一生に影響を与えつづけます。

「自分には愛される価値がない」「幸せになる価値がない」というメッセージを受け取ってしまっていたら、どんなに恋愛しても婚活しても、いい出会いに恵まれません。

出会いがあっても、二番目としての出会いしかないのです。

 

鏡のなかの自分に話しかける

そこで今日は、自分を愛するための基本エクササイズとして、「ミラーセラピー」をご紹介しますね。

ミラーセラピーというのは、米国のセラピストであるライル・フォックスさんが開発した、鏡を使った心理療法です。

詳細は「鏡が教えてくれること(ディスカヴァー・トゥエンティワン出版)」でご覧ください。


ここでは、基本的なことだけをお伝えします。
それは「鏡に映る自分に話しかける」です。

私はこのミラーセラピーを始めるまで、鏡で自分の顔を凝視することを避けていたことに気づきました。

ホクロやらシミやら気になりますし、どこかで「鏡に映る自分は本当の自分ではない」と思っていたようです。


あ、同じですね。自分の顔にピンと来ないのも、自分の名前にピンと来ないのも。

そうなんです。自分を否定すると、そこに現実としてあるはずの自分すら拒否して、本当の自分はもっとイケてるはずだ、なんて思いたがるんですよ。

 

ありのままの自分と向き合う

録音された自分の声を聴くと、ほとんどの人は嫌な気持ちがするそうです。
あなたにも経験があるのでは?

頭蓋骨を通して聞いている声と、外部から聴こえる声は違いますからね。

これは自分の声じゃない、もっといい声のはずだと否定したくなる。

でも、自分の発声をよくしたり、話し方をよくするには、自分の本当の声を知らなくてはなりません。


もっと自分を良くしたければ、事実として存在する自分に目を向けなければなりません。

それはまず、目の前にある、素のままの自分と向きあうことから始まるんです。

鏡に向かうこと、話しかけることは、自分のありのままと向き合う一歩になります。
みなさんにもぜひとも体験しただきたいです。

 

f:id:kidism:20141026173321j:plain

お風呂場に鏡があって、湯船につかりながら鏡が見れるならベストですね。

もしも鏡がなくても、立てかけられる小さな鏡で構いません。
顔全体が映るサイズのものをお風呂場に持ち込んでください。

湯船につかりながら、鏡に映る自分の目を1分間見つめて、それからゆっくりと、自分に話しかけてください。

 

ミラーセラピーの効果

今日、あったこと、今、感じていること、悩みでも不安でも、嬉しかったこと、悲しかったこと、何でもいいんですよ。

5分でも10分でも、鏡の中の自分をまるで親友のようにして、何でも打ち明けてください。

何日か続けると、自分の顔と向き合うことが自然になります。
無意識に避けていた自分のすっぴんを、ありのままに受け容れられるようになります。
たぶん、自分への感じ方が、以前よりもやさしくなっていることに気づくでしょう。


それを日々続けていると、あなたのセルフイメージが少しずつ向上していきます。

あるがままの自分をちゃんと認識できるようになるのです。
自分の顔がピンと来るようになりますし、自分の名前もピンと来るようになります。


私はミラーセラピーを、今でも毎晩しています。
もう1年半は続いているでしょうか。

いいものですよ。本当の自分をありのままに受け容れる解放感は。

友人の女性は今頃どうしているでしょうかね。
再会して、まだ自分の名前にピンと来ていないようだったら、今度はさらにお節介をしようと思います。

「ミラーセラピーってのがあるんだけどさ・・・」って。

 

Copyright© 2018 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.