お金と愛の引き寄せコーチング

起業・副業・キャリア女子が「本当の自分」で、お金と愛に満たされる方法

「いいこと日記」は脳のポジティブ検索である

f:id:kidism:20190409093110j:plain

毎晩、その日によかった出来事をノートに書くと、幸せを引き寄せやすくなる。
こんな話を聞いたことはないでしょうか?

いいこと日記」などと呼ばれています。

 

私は「いいこと日記」を一年間つづけて、実際に効果を確認しました。
あくまでも個人の経験ですけれど、いいこと日記は幸せを引き寄せやすくする。

ですが、教訓として、真逆のことをしていた頃の話のほうが面白いかもしれません。

じつはずっと、2年間も「ダメなこと日記」を書いていたんです。

 

もう、かれこれ10年以上、昔のこと。
ネットショップを運営していて、そのサイトに「店長の日記」なるものを毎日、掲載していました。

日記といっても70~80文字ほどで、「クスっと笑える、間抜けでドジな話」ばかり。
くだらない日々の、出来事を書いてたんですね。

2年くらい書き続け、どんな毎日だったかというと・・・、これが、じつにくだらない、ドジな出来事が起きやすくなっていた。

 

ダメなこと日記を書きつづけた結果

たとえば、「一人暮らしのアパートに帰ると、なぜか野良猫が部屋にいた!」とか。

「朝、歯磨きをしようとしたら、洗顔フォームをつけて磨いてしまった・・・」とか。

それから「日中、路上駐車している車内で男性と、茶髪ロングの女性が抱き合っているのを見て、ハ、ハレンチな・・・と目を凝らしたら、飼い主と茶髪ロングの犬だった」ということもありましたっけ。

 

まぁ、犬の件は、たんなる見間違いだろ!という突っ込みもあるんですけどね。。
でも本当に、くだらないばかり起きるようになっていたんです。

それで、ある日、気づきました。
これって、、自ら「いいこと」ではなく、「ダメなこと」を引き寄せてる・・・。

 

冷静に考えると当たり前。

だって、毎日、ネタ探しのために、「クスっと笑える出来事はないか?」
そう、一日中、自分に問いかけつづけていたんですから。

つまり、無意識に「失敗ばかり」を探し続けていたんですね。
これはまさに、引き寄せの本質そのものなんです。

 

「心」はグーグルのような検索エンジン

あなたももしかしたら、一日中、何かを探しているかもしれません。

「どこかにステキな人いないかな。」「どこかにいい転職先ないかな。」「どこかにいいビジネスの種、見つからないかな。」

こういうのは割と、ポジティブなサーチですよね。

 

そう、私たちの心って、グーグルみたいな高性能の検索エンジンのようなもの。その人がサーチ(検索)したことをちゃんと見つけ出してくれます。

けれど問題なのは、そのサーチ能力は、ポジティブでもネガティブでも関係なし。

つまり、その人にとって幸せなことも、不幸せなこともお構いなしにどんどんサーチして、検索結果を「体験」として私たちに見せてくれることです。

 

なんかクスっと笑えるドジ話はないかな?

いくら仕事のためとは言え来る日も来る日もサーチしつづけたら、しょうもないことばかり起きても当たり前なんです。

 

あなたはどんな毎日を引き寄せていますか?

あなたの検索結果が好ましくないなら、どんな言葉でサーチをかけているか、検索ボックスにどんなワードを入れているか、すこし思い起こしてください。

 

「ツイてる」「ツイてる」と唱えると、本当にツイてることが起きるようになる、という有名な話があります。

私自身は試したことがないのですが、さもありなん、なんですよね。

 

クスっと笑えるネタはないか?とサーチして、くだらない出来事が起こる。
だったら、ツイてることはないか?とサーチして、ラッキーな出来事が起きても不思議はありませんから。

 

f:id:kidism:20160701175226j:plain

 

「ダメなこと」を探すのを止める

そんなことに気づいて、2年も書きつづけていた店長日記、すなわち「ダメなこと日記」を止めました。ネガティブなサーチをするのを、意識して止めた。

そうしたら、私の毎日はちょっと平和になりました。しょうもない出来事や勘違いが少なくなった。

 

もっとも、それはそれで「ちょっとさみしい・・・」なんて、理屈に合わない違和感もしばらくあったんですけどね。

しょうもない事ばかり引き寄せる、おちゃめな自分・・・というイメージによほど馴染んでいたからでしょう。

 

こういう自己イメージって、子どもの頃にはその兆候があったりするものです。

私の場合、幼少期からすこし、ピエロを演じるところがありました。
とくに、険悪な場を和ませるために、しょうもない自分を演じてしまうクセが。

おそらくこうした無意識のクセも、ダメなこと日記を書いたいた原因のひとつかもしれません。

 

「いいこと日記」を書こう

幸せを引き寄せるために、「いいこと日記」は使えますよ。
「その日にあった、上手くいった出来事をノートに書く」

心にポジティブな検索をかけるためのいい習慣づけになりますから。

私たちがどんな検索ワードをかけて日々を生き、どんな検索結果を体験するかは、ほぼ無意識下で行われています。

 

無意識の検索ワードに気づくだけでも、不毛な検索を止め、現実の体験を意図して変えることもできる。

私は毎日、無意識にどんな検索をかけているか?

少し、そんなことにも意識を向けてみてください。

 

たとえば、「今日、うまくいったことは何だろう?
ノートでもスマホのメモ帳アプリでもいいので、毎日3個書いてみましょう。

入力」を変えれば「結果」が変わるんだと実感できますので。

 

Copyright© 2019 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.