お金と愛の引き寄せコーチング

物心バランスよく豊かな起業家、自営業、フリーランスになるために。人生を劇的に変えるココロの秘密。

お金は後からついてくるのか?

f:id:kidism:20120925162503j:plain

こんにちは!お金と愛のライフコーチ、小島です。

「ひとつ、自分の好きなことを何年も何年も一生懸命やっていれば、絶対に金で苦労しない。これは私の持論です。(映画評論家 淀川長治)」

スポーツであれ、芸術や学問であれ、早くから「好き」を見いだせる人は幸せですよね。ひとつのことに生涯を捧げて、お金と名声を得ながら生きていく。こんな生き方に多くの人は憧れますが、そういう人は全体からみると、やっぱり希少・・・。

「好きなことをしていれば、お金は後からついてくる」。この言葉を、あなたはどこまで信じられますか?好きなことをして、夢を追いかけて、お金に苦労している人もたくさんいますよね。それって、才能や運の違いでしょうか。努力が足りないんでしょうか。いったいどうしたら、好きをお金に換えられるんでしょう?

他人を喜ばせると、お金が流れてくる。

お金は後からついてくる。こんなふうに言われると、まるでどこからか、お金は自然に湧いてでるものと、錯覚しがちです。スキルがあれば、真面目に働いていれば、好きなことをしていれば、お金は後からついてくる。これではお金の本質から少し、外れているのかもしれませんね。お金は天から降ってくるものではありません。この地上で他人の手から流れてくるもの、人から人へと巡っているものです。

たとえば、夜景の一つひとつの灯りを思い起こしてください。その灯りは、かつてトーマス・エジソンが実用化し、いまも世界中で誰かが灯しつづけています。明るい部屋のなかで、TVを見て、夕食をとり、家族や友人と団らんできる喜び。私たちは他人の貢献に対して、電気料金を払っています。私たちは「自分の人生に貢献してくれる人に、お金を払う」のです。

どれほど好きなことに一生懸命でも、誰かが喜んでくれなければ、お金は流れてきません。楽しませてくれたり、悩みを解消してくれたり ・・・etc. 今も地球のあちこちで「喜び」が生まれ、人から人へとお金が動いています。ベストセラー作家のアラン・コーエンは著書「頑張るのをやめると、豊かさはやってくる」でこう表現しています。「お金は喜びの副産物である」。お金は「喜び」の後ろをついてきます。他人の人生に「喜び」を作り出せば、お金は流れてきます。

 

f:id:kidism:20151026154958j:plain

自分を喜ばせると、お金の流れが強くなる。

他人をたくさん喜ばせるには、なにより、自分の喜びを追及しなければなりません。仕方なくやっていることは、つまらないし、早く終わらないかと時間が気になって、夢中になれない。だから上達しないし、アイデアも枯渇しがちになります・・・。好きなことをしていると、当たり前ですがやっぱり楽しい。楽しいので、時間を忘れて取り組め、どんどん上達していきます。好きこそものの上手なれ。上手だから好きだし、好きだから上手になる。

好きなことを仕事にすると、プライベートとの境目はなくなります。歌うことが好きな人は、歌っていないときでも、頭の中で歌っています。料理が好きな人は、家事以外のときも、新しいレシピを探しています。1日24時間働きつづけるという意味ではありませんよ。帰宅して休んでいても、TVを見ていても、潜在意識が働いてくれて、関連情報を追いかけ、アイデアやインスピレーションへつなげてくれるのです。

世界一の投資家であるウォーレン・バフェットは、「好きなことをとびきり上手にやることだ。お金はその副産物にすぎない」と述べています。毎日、自分の強みを使う機会があると、私たちは幸せを感じます。お金が目的にならず、強みを発揮することが目的になる。自分の喜びを追求し、他人の喜びを最大化すれば、お金の流れは強くなります。

自分の喜びと、他人の喜びをマッチングさせる。

もっともっと、世界中の幸せな成功者たちの声を紹介しましょう。「天職を見つけるには、自らの深い喜びと、世界の深い飢えが交わる点を探すこと」と作家のフレデリック・ビュークナーは言いました。USJハリーポッターの仕掛け人である森岡毅さんは、仕事はイヤなこと、辛いことが多いのだから、「好き」でないと頑張れない、だから「自分の好きなものの中から、世の中の需要に合ったものを選ぶ」とTVで言っていました。

どんなに好きでも、誰も必要としてくれなかったら、それは自己満足の趣味です。お金は天から降ってくるものではなく、他人から流れてくるもの。他人を満足させなければ、お金は流れてきません。自分が好きで、他人の役にも立つなら、喜んでお金を払う人が必ず現れます。自己満足と他者満足の接点を探す。「好きなことを追及する」と同時に、「どうしたら多くの人に、より深く役立てるだろうか」と自問してみましょう。

代替医療の世界的権威であるディーパック・チョプラ博士は、幼いわが子にこう言って聞かせたそうです。「学校でいい成績をとることに集中しないでほしい。学校で一番になることや、一番いい大学にいくことにも集中しないでほしいんだ。私たちが君たちに本当に望んでいることは、君たちがどうしたら人類に貢献できるか、独自の才能とは何なのかを自問すること」。その結果、子どもたちは一番いい学校で、一番の成績をとり、在学中から経済的に自立したそうです。

 

f:id:kidism:20150413164115j:plain

手の届くところから、はじめよう。

そうは言われても、自分の才能を見つける、人類に貢献するなんて、あまりにも壮大なアドバイスに聞こえるかもしれません。特別な才能や運に恵まれた人の生き方に思えるからです。ケンタッキーフライドチキンの創業者、カーネル・サンダースは40種類もの仕事をして、フランチャイズチェーンを始めたのは65歳でした。幼い頃からひとつのことに打ち込める人はまれ。「好き」はあちこちにぶつかって、模索しながら形にするものです。

事業家で思想家の山口揚平さんは著書「なぜゴッホは貧乏で、ピカソは金持ちだったのか?」でこんなふうに述べています。「自分の才能がわからないなら、わずかなことでいいから、人の役に立つことを手がけよう。それが仕事でなくてもいい。最初はお金が入らなくてもいい。貢献は信用を生み、それが未来の自立と社会的評価につながるだろう」。

お客様、取引先、上司、同僚、友だち、家族 ・・・etc. 今、関わりのある人たちと接するときに、まずはこう自問してみましょう。

どうしたらこの人の、この状況の、役に立てるだろうか?

それがあなたや私にとって「今、手が届く」、大切な一歩になるはずです。

 

Copyright© 2017 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.