お金と愛の引き寄せコーチング

起業・副業・キャリア女子が「本当の自分」で、お金と愛に満たされる方法

ワクワクする仕事を見つける、シンプルな質問

f:id:kidism:20161125083830j:plain

あなたが「仕事ワクワクできる時間」って、一日のうちどれくらいですか?

10%?とか、30%くらい?

それとも・・・100%、一日中好きなこと、好きな人としか関わらない、という幸せな人もいるでしょうか。

 

できれば、好きなことだけやって、生きていきたいですよね?

子どもの頃はそれが許されていた。
けれど大人は、「好き」だけで生きていけません。

お金を稼いだり、生きるために我慢しなければならないことがたくさんある。

それは分かっているんです。
分かっちゃいるけども、お金や義務にしばられすぎたら、生きづらくてたまらない。

「自分の人生」を生きている気がしないから・・・。

 

出来ることと、魂が望むこと

まずは、我が家の話からシェアさせてください。

4歳の娘が、かれこれ1年半ほど、ピアノ教室に通っています。
まだ幼いので、体を動かしながらリズム感を養ったり、ピアノに慣れるという程度なんですけどね。

それでも、先生から上手ね、本格的にやってみてはどうか?と褒められたりはするようです。

たしかに、向いていそうな気もするし、いいところまでいくのかな?なんて親バカで思ったりも。

ですが、そもそも、本人にあまりその気がなさそうなんですよ^^

 

家にはピアノがあるし、リビングにもおもちゃのピアノも置いてある。
けれど、ちっとも自分からは弾こうとしない。

友人の音楽の先生に聞いたら、才能のある子どもは何も言わなくても、嬉々として弾くものだそうです。

やろう!と言わなくても、好きで弾いてしまう。

だから、その才能が伸びていくんですね。

 

うちの娘を見ていると、ムリにやらせることはできても、向いてはいなさそう。

彼女の「魂」がそれを望んでいない。
むしろ踊ったり、歌ったりを、ごく日常的に自然に楽しんでいます。

「出来ること」と、「魂が求めること」って違うんだなって、娘を見ていて思います。

 

不器用にしか生きられない?

大人だって同じですよね。

魂が求めていないことを、ムリにやるのはつらいです。
自分にウソがつけないタイプに人にとっては、なおさらに。

やりたいことと、社会から求められることがマッチングしていると、人はワクワクしながら仕事をし、お金にも恵まれていく。

 

とはいえ・・・、自分の心に正直にしか生きられない、不器用にも見える人もたくさんいますよね。

私もかつて、社会不適合者なんじゃないかと自信を無くしたことがありました。

「ぐだぐだ言わずに、言われたとおりにやればいいんだよ!」
職場でそんな無言のプレッシャーに反発したりして。


おかげで、あっちにぶつかり、こっちにぶつかり、いらぬ苦労をずいぶんしたなと今は思います。

 

魂が望んでいないことを、どうしても自分に無理強いできない。

あなたも私と似たような不器用さで苦しんでいるなら・・・、徹底的に「魂」が望むものを見つけだし、現実的に生きていく糧に換えていくしかありません。

 

ワクワクと現実社会での豊かさを一致させることに、しっかり向き合っていく。
でないと、不完全燃焼のような気持ちで人生を終えることになるかも。

 

もしも100億円あったら・・・

魂が望むことをしているとき、私たちのパワーは最高に発揮されます。

心がワクワクしているとき。
ワクワクしなきゃではなく、ワクワクが自然にわき上がっているときです。

そこをごまかし、自分にウソをついてしまうと、いつか右にも左にも身動きがとれなくなるでしょう。

 

もちろん、お金はものすごく大切ですよ。
お金を無視して、好きなことだけしよう!なんて言う気はさらさらありません。

その上で、あえてこう自問してみてください。

もしも100億円あって、生活の心配がなかったら、あなたは何をしますか?

 

f:id:kidism:20160130110304j:plain

ワクワクする仕事の見つけ方

ときにはココロの制限を外して、想像の翼を羽ばたかせてみましょう。
やれ!と言われなくても、いつまでもできることは何ですか?

なにも朝から晩まで、好きなことばかりしようなんて極端でなくていい。

一日のなかでその割合を10%から15%、20%、30%と引き上げるだけでも、人生の充実感はぐっと変わってきます。

 

もちろん、仕事ばかりでなく、好きな人と過ごすこと、好きな趣味やテーマに関わることを、今よりもちょっとだけ大切にする。

もしも100億円あって、生活の心配がなかったら、何をしますか?

 

きっとモヤモヤすると思います。
すぐには見つからないかもしれません。

それでもあきらめず、ワクワクする方向へ少しずつ。
いつか人生を終えるとき、楽しかったなぁと思えるように。

 

Copyright© 2019 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.