愛とお金の引き寄せ心理学

恋する・働く・大人の現実創造メソッド

無駄遣いをやめられない、スピリチュアルな原因と対策

f:id:kidism:20210318111738j:plain

本気で無駄遣いをやめたいなら?

 

こんにちは、小島です!

お金の無駄遣い、浪費癖に悩む人は、とても多いです。

勢いに任せてお金を使い、後悔して、次こそはやめようと決意する。
家計簿をつけても止められるのは一時だけ。

結局、「また、使ってしまった・・・」と罪悪感をくり返すばかり。

 

なぜ、無駄遣いをやめられないのか?

この記事では浪費をやめたいのに止められない原因と対策を、人間心理とスピリチュアルな観点からお伝えします。

 

 

あなたの生涯浪費金額はいくら?

 

まずは現実的な話からはじめましょう。

お金の使い方には良し悪しがあります。
生き金、死に金、という言葉がありますよね。

 

たとえば、趣味にはまってお金をいっぱい使っている人っています。
それは一見、他人からは無駄遣いのようにも見えるのですが・・・。

本人が楽しくて、ワクワクした充実感があるのなら、生きたお金の使い方です。

女性ならファッションや美容にお金をたくさん使います。
それも心を華やがせ、自信を高めることにつながるなら、豊かなお金の使い方です。

 

でももし、あなたにワクワクやトキメキがなく、お金を使うたびに後悔し、罪悪感がわくなら、それは本当の無駄遣いです。

 

ちなみに今、月にいくら浪費していますか?

そして、これから何年、何十年つづくでしょうか?

合計でいくらになるかを計算してみましょう。

たとえば、月3万円の出費がこれから50年続いたら・・・、3万円×12ケ月×50年間=1,800万円です。

 

それだけのお金を無駄遣いではなく、心からワクワクすることに使えたら、あなたの現実はどう変わるでしょうか?

とはいえ、理屈では分かるものの、心はきっと納得できません。
あなたに無駄遣いさせているものが、あなたの潜在意識の中にあるからです。

 

f:id:kidism:20210318111819j:plain

 

無駄遣いの根本原因

 

今度は一転してファンタジーの世界へ。

 

「どうしてお酒を飲むんですか?」

「忘れたいからさ」

 

サン・テグジュペリの小説「星の王子さま」に出てくる一節です。

王子さまが宇宙を旅していると、人ひとりしか住めない小さな星で、真っ赤な顔をしたおじさんと出会います。

おじさんはただ、お酒を飲んでいるだけ。

王子さまにはその理由が分からず、「なぜ?」と尋ねたんですね。

 

すると・・・「忘れたいから

 

無駄遣いをやめられない人と、酒をやめられない人。
一見、関係なさそうに思えますがじつは、

「やめたいのに、やめられない」根っこの根本原因は同じです

 

それは、何かを忘れるため。

 

無駄遣いの根本原因は、考えたり、思ったりすると楽しくない、しんどいなと感じることを一時的に忘れるためなんです。

これはなかなか自覚しがたいことですが、その忘れたいことは人それぞれ。

たとえば、仕事のプレッシャー、失恋の痛み、目の前の家庭不和・・・。
また、ふつふつとわき上がる誰かへの怒りや不満、もしくは、自身の無力さや無価値感だったり。

それらは現在進行形のことのみならず、過去のことも関係してきます。

 

人はくり返しわきあがる「心の痛み」を忘れたくて、必要以上に飲みすぎたり、無駄遣いする癖から抜けられなくなる。

お酒もお金も、何かから目をそらすには好都合。
魅力的で刺激が強く、見たくない現実を忘れさせる力があるからです。

 

買い物依存症の原因はこれだった

 

こんな行動が習慣になっていたら、注意してくださいね。

たとえば、ネットショッピングしては、使わずにため込んでしまったり。
ブランド品を買いあさって、箱も開けずに置いてある、読まない本がどんどん積み上がっている・・・。

無駄遣いが行き過ぎると、買い物依存症と呼ばれる強迫的な行動になります。

もちろん、その衝動も「心の痛み」によって起きている。

 

たとえば、自分への情けなさや無力感にさいなまれている人のなかには、「ダメな自分を忘れたい」という無意識の衝動から、ブランド品を買い漁ったり、友だちにおごったり、自己啓発にお金を使いまくる人がいます。

そうすることで、自信を取り戻せる気がするから。
こういう人は存分に買ってしまえば、一時的にですがピタッと衝動が収まります。

でも、忘れたい思いがまた募れば、お金を使いたい衝動がむくむくわきあがる。

 

私のあるクライアントさんは、母親からの遺産数千万円を無駄遣いし、もっと生きたお金を使えるようになりたいとご相談に来られました。

よくよく話を聞いていくと、毒親だった実母を忘れたくて、母から引き継いだ遺産を持っていたくない、という葛藤があったんですね。

 

そこから一緒に心のうちにある余計な思いを手放し、クリアにすることで「生きたお金が使えるようになりました!」とお話しされていました。

無駄遣いする原因は人それぞれですが、こんなふうにお金への罪悪感や嫌悪感なども、人を衝動的に無駄使いへと駆り立てることがあります。

 

「なぜ、私は無駄遣いするのか?」という根本原因に気づけて、対処できれば症状はスッと治まります。

 

もし、家計簿をつけるだけで浪費癖が治るなら、もともと潜在している心の痛みが少ないのです

どう心がけても無駄遣いをやめられないなら、その浪費癖を引き起こす「心の痛み」という深層の原因にアプローチするのがオススメ。

でないと、生涯、本当の意味で人生が豊かになりません。

 

f:id:kidism:20220309113654p:plain

 

本気で無駄遣いをやめたいなら

 

心の痛みは、イライラやモヤモヤといったネガティブな感情として現れます。

イライラ・モヤモヤするたびにお金を浪費してしまう。
そんな心当たりがある方は、その根本原因である心の痛み、忘れたいことを根こそぎ解消したほうがいいでしょう。

あなたが心のうちに抱えてきた、あなたを浪費に駆り立てるイライラ・モヤモヤを取り除くと、無駄遣いはやめられます。

 

そのために、まずはこの問いかけから。
「お金を使いたくなるときに、忘れたいことがあるとしたら、それは何?」

その答えには、あなたの人生が一変するほどのヒントが隠されていますよ。

 

Copyright© 2024 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.