お金と愛の引き寄せコーチング

副業・フリーランス・キャリア女性が、本当の自分でお金と愛を引き寄せる方法

「どうしたいか分からない・・・」潜在意識の理由

f:id:kidism:20191125110824j:plain

こんにちは!小島です。

最近、氷川きよしさんの動向が気になります^^
完全に演歌の人だと思っていたのが、ロック路線にチャレンジしていたり、男性だけれど、女性的な魅力も放ちはじめてきた。

なんだかキラキラして見え、自分らしい生き方モードに入ってるんですよね。

 

ときどき、仕事や恋愛で「どうしたいか分からない・・・」という話を聞きます。

「本当のところ、わたし、どうしたいの?」

こうしたクライアントさんに多いのが、「本音にフタをするクセ」を持っていること。
感情を抑圧してしまう、潜在意識のクセがあるんですね。

 

 

もしも、感情を抑圧していたら・・・

なぜ、わたしたちが潜在意識下で、本当の気持ちにフタをするようになっていくのか?
そこには人それぞれの理由があります。

たとえば、幼い頃、周囲の人たちに気持ちを十分に受け止めてもらえなかった、本音を表現してしまうと無視される、叱られるといったネガティブな体験があると、大人になっても無意識に本音を表現したり、味わうことにすらブレーキをかけるようになります。

なによりも、自分を守るためなんですね。

 

ですが、喜怒哀楽・・・、その時々、本当に感じている気持ちを抑え込んだり、あるのにないフリをすると、どうなるでしょう?

怒り、喜び、悲しみ、嫉妬、モヤモヤ、僕はいつでもここにいるよ。
感情は私たちに向かって、その存在に気づいてもらおうとメッセージを発してくる。

もしも長年、無視したり、抑え込めば、彼らはあなたの心や身体を攻撃しはじめるでしょう。

抑圧した感情は満たされないまま、心身の不調として表面化することがよくあります。

感情というのは、いつも私たちに気づいてほしいと願っているものなんですね。

 

大人ほど、どうしたいか分からない

娘がまだ5歳のころ、こんなことを申しておりました。
「あつくなると、ふゆがスキになるの。でも、さむくなると、なつがスキになるんだ。」

子どもは正直です。
世間体とか、正しいかどうかなんて気にしません。

悲しくなったらいつでも泣けるし、腹が立ったら、すぐに怒れます。
うれしかったら、声をあげて喜びを体いっぱいに表わすこともできる。

そこには一切のブレーキや迷いがありません。

 

けれど、社会的なしがらみや、親や先生や世間からの刷り込みメッセージによって、成長するにつれ、自分の「本音」を抑圧するようになっていくんですね。

男性だったら、男は人前で泣いてはいけないとか、女性だと、女の子らしく、おしとやかになんて、いろいろと制限をかけられてしまう。

それでつい、自分の感情を抑え込んだり、本音をごまかすクセがついてしまうんですよ。

 

これが過剰になってしまうと、大人はこういう悩みを持つようになる。

本当のところ、どうしたいか分からない

 

ネガティブな感情にフタをすると、ポジティブな気持ち、want(ウォンツ)「どうしたいか?」も分からなくなります。

仕事や恋愛や結婚生活で悩んだとき、本音の部分でどうしたいか分からなければ、誰かの顔色や世間体、損得ばかりが頭をよぎることが多くなってしまう。

 

もし、あなたにも「どうしたいか分からない」という悩みがあるなら・・・、自分の本音を感じる練習をはじめましょう

でないと、せっかくあれこれ引き寄せて、手に入れても、本当の気持ちは満たされないままですから。

 

f:id:kidism:20191125110841j:plain

 

そもそも、感情ってなんだ?

ところで、感情ってなんだと思います?

 

・・・

 

感情とは、体の反応です。

あなたの奥底からわき上がってくる思いが、体をとおして表現されるもの。

恋をしたら、胸がキュンとなるって言いますよね。
たしかに、胸のあたりがくすぐったくなる。

怒ったら、肩をいからせたり、こぶしを握ったりします。
無意識にそうしてしまう。

本音はいつも、体に反応として現れます。

 

反応する場所は人さまざま。

私は不快さや不安を感じると、「胸のみぞおち」あたりに違和感を感じます。

ある人は、胃がきりきりするといった具合に、お腹あたりで反応が現れる場合もある。

頭にズッシリとした重みを感じる人もいるでしょう。

 

どうしたいか分かる人は、自分らしい

あなたは「感情」を、身体のどこで感じることが多いでしょうか?

あなたが頭で考えるよりも、体のほうがずっと、あなたの「本音」をよく知っていますからね。

私たちは、本当の自分の気持ちを、うっかり見過ごしがちなんです。

そんなとき、自分の感情の反応が出やすい場所を知っておくと、より気づきやすくなりますよ。

本当の気持ちを身体で感じるクセをつけましょう!

 

誰でも知らぬ間に、ネガティブな本音と、ポジティブな本音まで抑え込んで生きています。

そういう重しがとれて、「本当はどうしたいか?」が分かるようになると、自分らしい生き方モードへシフトしますので

 

Copyright© 2019 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.