愛とお金の引き寄せ心理学

恋する・働く・大人の現実創造メソッド

願望が実現する、潜在意識のシンプルな使い方

f:id:kidism:20211208165014j:plain

あなたは潜在意識に、オーダーしていますか?

 

こんにちは、小島です!

私たちはたくさんの願望を抱えて生きています。
恋愛、仕事、お金・・・、「もっとこうしたい、こうありたい」。

あなたにも、きっとあると思うんですよ。
はっきりとは分からない、という人もいるでしょうけれど。

 

でも、願望があいまいなままだと、じつはもったいない。
それはレストランで着席して、「いつものやつ」と注文しているようなものなので。

 

なんとなく過ごす日々より、願望のある日々のほうが、潜在意識から実現をサポートされます。
その理由を科学的に説明しますね。

 

ピアノで起きた脳の変化

 

たとえとして、まずはこんな話をひとつ。

私は数年前、未経験のピアノを練習してたことがあります。
独学で1年半ほど続けたのですが、ふっと意欲が失せて、挫折。

ああ、費やした時間とエネルギーがムダになったな~、と少しがっかり。

ところが・・・、私の脳なのか、潜在意識下である変化が起きていました。

音楽を聴いていると、ピアノの音色がよく聞こえるようになったんです。

 

今時の音楽はいろんな音色がありますよね。

ボーカル、ギター、ベース、ドラム、パーカッション、ホーン、ハーモニー、加工音・・・。

だから、すべての音を同時には認識できません。

 

私はこれまで歌やギターばかりに注目して、ピアノの音を素敵だと思ったことがなかったんです。

けれど練習していたおかげで、その音色に注目する感覚が養われた。
ああ、ピアノって何と美しいんだろうって。

 

特定のものに意識を向けつづけると、私たちはそこによく気づけるようになります。

ここに願望実現のための、潜在意識のコツがあります。

 

私たちはすべてを認識できない

 

私たちは日々、自覚している以上にたくさんの情報に触れています。

聞くところでは、脳は一秒間に【4000億ビット】の情報を、五感を通して受け取るそう。

にもかかわらず、認識できるのはわずか【2000ビット】です。

 

f:id:kidism:20211208142132p:plain

 

今、この瞬間も、私たちはほんの少ししか認識できません。

みなさんはこのブログをスマホやパソコンで見てくださっているでしょう。

日本語の文章とデバイスの液晶画面、それから機器に触れる手の感触くらいは、今、この瞬間も意識しているかもしれません。

ですが、実際は認識している以上の、ものすごい情報量に囲まれている。

 

では、膨大な情報の中から、私たちはどうやってわずかな情報を選びとっているのか?

たとえば、「赤」という文字を見たとき、もしかしたら今、あなたの周りにある「赤いもの」の存在に気づくかもしれません。

 

こんなふうに、私たちの脳には無意識に、潜在意識レベルで特定の情報に気づく働きが備わっています。

 

つまり、「何をしたいのか?」「どうありたいのか?」

その願望をちゃんと決めておけば、潜在意識はその実現のサポートをしてくれる、ということです。

 

放っておくと、いつものパターンに

 

イキイキと働きたい、仕事で輝きたいと願っても、私にはチャンスなんかない、と思うことがあるでしょう。

結婚したいのに、いい人がいないと感じることは日常茶飯事です。

 

けれどもしかしたら、あなたはただ気づいていないだけかもしれない。
なにせ私たちは、4000億ビットの膨大な情報から、ほんのわずか、2000ビット程度しか気づけていないからです。

あなたの隣に、後ろに、ものすごいチャンスが転がっていても、あなたが気づけない。
なぜなら、「何が欲しいのか」を決めていないからです。

 

では、何となく日々を過ごしていると、いつもの慣れ親しんだものに注目しつづけけます。

それはまるで、「とりあえずビール」とか、「いつものやつで」というオーダーを潜在意識に出しているようなもの。

すると、いつものやつが出てくる。
何十年も続けてきた、いつもの現実をオーダーしていることになります。

 

あなたはちゃんと、願望を決めていますか?

もちろん、あなたが満足しているなら問題ないです。
けれど、そろそろ違う現実を引き寄せたいなと願うなら、願望を決めておいたほうがいいです。

たとえ、その願望があいまいであったとしても。

 

 

f:id:kidism:20211208165045j:plain

 

願望を決める

 

「あなたは何を望んでいますか?」
「どんな願望を実現させたいでしょうか?」

自分がどうしたいか分からない・・・と感じている人はたくさんいます。
ですから、まずはぼんやりでもいいんですよ。

何となくこっちの方かな?こっち系かな?ぐらいで大丈夫。
レストランに行くときに、今日はパスタ系にしようとか、定食系にしよう、みたいな感じ。

 

無意識に流されるのではなく、体験したい現実を自分で選んでいく。
あなたが願いを決めて、潜在意識にオーダーする。

すると、その願望にまつわる情報やご縁、チャンスにどんどん気づくようになりますよ。

 

私のクライアントさんで、好みの芸能人の写真をぺたぺたと部屋に貼りはじめたら、「この前、その人によく似た男性を見つけました!」とおっしゃった女性がいました。

これもまさに、アンテナを立てているから必要な情報をキャッチする、というかわいらしい事例です。

 

あなたは何を求め、どんな現実を望むでしょうか?

願望は決めないより、決めておいたほうが断然いい。
決めることで引き寄せの確率はぐっと上がりますから。

 

まずはあいまいでいいので、今、あなたの願いを思い浮かべてください。
やまほどもある情報のなかから、あなただけの美しい音色を浮かび上がらせましょう。

その実現を潜在意識に委ねられたら、その願望のほうからあなたのところへ流れ込んできますので。

 

Copyright© 2024 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.