愛とお金の引き寄せコーチング

ありのままでプレミアムな未来を現実化する方法

褒められるのが苦手だと、愛されない

f:id:kidism:20190408150846j:plain

褒められるのは好き?それとも苦手

 

こんにちは、小島です!

褒められるとなぜか、イライラする、怖い、気持ち悪いと感じる人がいます。

ステキですね、上手ですね、がんばってますね、etc.・・・褒め言葉をそのまま受け取れず、裏があると感じたり、騙されるのではと警戒したり。

それでついつい、「いえいえ、そんなことないですよ」と言ってしまう。

 

謙遜は美徳として尊ばれますが、その一方で、潜在意識に及ぼすネガティブな影響を見落としがち。

褒められるのが苦手だと、愛され下手になってしまうんですよ。

 

褒められるのが苦手だった、私の理由・・・

 

私もかつて、褒められたのにゾッとする感情を味わったことがあります。

当時、まだ2歳だった娘から「パパ、だいすき」と言われたんですね。
もちろん、ものすごく嬉しかったです。

好きって言われることは、自分の存在を肯定されることであり、褒めのメッセージですよね。
だから本当は、素直に喜ぶだけでよかったはず。

 

にもかかわらず、その時の私はとっても怖かったんです。

好きだなんて言われたら、これから必要な時に叱れなくなってしまう。
嫌われたくないから、親として言わなきゃならないことが言えなくなる。

あとで、「やっぱり嫌いだなんて言われて、ガッカリしたくない」とも。

 

今では全然ウェルカムですが、もしそのままの感じ方だったら、娘との関係はギクシャクしていたでしょう。

十分に愛を受け取れなくなってしまったと思います。

 

褒められるのが苦手、あなたの理由は?

 

もし、あなたが褒められるのが苦手だと感じているなら、どうしても素直に受け入れられない心理的な理由があるのでしょう。

たとえば・・・、

人から愛を告白されて、嬉しいのになぜか、逃げたくなる。

「 本気で言ってるんだろうか?」「 そのうちに心変わりしてしまうんじゃないか?」

 

素敵ですねって褒められても、反応に困る。

「何か裏があるんじゃないか」「私を騙そうとしている?」「何か奪おうとしているの?」など。

 

私のクライアントさんのある女性は、好きな男性に褒められると、「本当の私を知られたら嫌われる」、「あとでガッカリされたくない・・・」と怖くなると言っていました。

 

それにしても・・・、なぜ褒めれれるのが苦手になるのか?
一つの可能性として、「私は良きものにふさわしくない」と誤って信じているせかもしれません。

もしそうであるなら、他人から褒められる「素敵な私」と、自分で信じている「ダメな私」にギャップが生じて、褒められてもそのまま信じられなくなる。

「ダメな私」という思いが強いほど、褒められた事実に対して「おかしい、あり得ない、何か裏がある」などと、それが間違いである理由を脳が疑似創作するんですよ。

 

f:id:kidism:20220209115251p:plain

 

良きものを遠ざける「感じ方のクセ」

 

褒められるのが苦手、愛されたり、親切にさるのが苦手、・・・

いずれの場合も、潜在意識下で「私は良きものにふさわしくない」、そう思い込んでいる可能性があります。

 

この間違った感じ方は、生まれつき持っているものではなく、これまでの体験によって作られている。

たとえば、他人がせっかく褒めてくれても、親や祖父母から「いえいえ、この子はたいしたことないんですよ・・・」という謙遜で否定されつづけたとか。

 

どんな過去があったにせよ、「私は良きものにふさわしくない」と感じているかぎり、愛されることに耐えられなくなります。

自分が思っている自分ではないから。

すると無意識に、「ダメな私」に合わせて現実を調整し、愛や豊かさをわざわざ失うような行動を取ったりするんですね。

 

あなたはどんな場面で、無意識に良きものを遠ざけてきましたか?

褒められた、親切にされた、好きだと言われた・・・、そんな時は嬉しいけれど、なんだか居心地が悪くなって、否定したり、拒絶したりしてしまったとか。

 

f:id:kidism:20190408151032j:plain

 

「褒められるのが苦手」な人が、使うべき言葉

 

もっと愛されたり、豊かさな体験を増やしていくには、ポジティブな考え方や感じ方をクセづける必要があります。

私には「素晴らしい人や出来事に見合う価値がある」「人から親切にされる価値がある」「人に愛される価値がある」「十分なお金を手に入れるだけの価値がある」など・・・。

つまり、「私は良きものにふさわしい」という自己肯定感を高めること

 

どんなに才能や能力に恵まれ、がんばったり、献身的に尽くしたところで、この自己価値感がなければ、本当にあなたにふさわしい幸せは引き寄せられません。

 

褒められるのが苦手な人は、知らず知らず、愛されない現実、評価されない現実を自分で作り出しています。

 

褒められたら、「いえいえ、私なんて・・・」と反射的に答えるクセがあるなら、今すぐストップさせましょう。

そして言うべきはただ一つ、「ありがとう」のみ。
そのあとに「でも・・・」という言葉が出てきそうになったら、グッと飲みこんでください。

こんなシンプルなことで、周りから愛され、認められる存在になります。

 

Copyright© 2022 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.