愛とお金の引き寄せコーチング

ありのままでプレミアムな未来を現実化する方法

実家に帰りたくない気持ちは、引き寄せを邪魔する

f:id:kidism:20191111181911j:plain

「あ~、実家帰りたくない」って憂うつになりませんか?

 

こんにちは、小島です!

「結婚はまだなの?」「仕事はどうなの?」とか、身内にあれこれ詮索されたくない時ってありますよね。

実家の親兄弟って遠慮がないので、言いたい放題されてしんどいもの。

ついつい正月やお盆、大型連休の前になると実家に帰らずに済む理由を探してしまったり、そんな自分に罪悪感を抱いたり。

まぁ、この程度ならよくあることで、スピリチュアル的には大丈夫です。

 

ただし・・・、親兄弟と過ごす時間が苦手、できるだけ会いたくない、ぶっちゃけ嫌いだから、実家に帰りたくない。

こういう状態だと、あなたの今の恋愛や結婚、仕事などに悪影響が及んでいるかも。

なぜなら、とくに「親」への強い嫌悪感は、引き寄せを邪魔するからです。

 

両親と引き寄せの関係

 

私たちは親を見るとき、その人格だけでなく、無意識に【父親】【母親】としての役割やパブリックイメージも一緒に見ています。

あくまでもステレオタイプですが、【父親】とは外に出てお金を稼いで来る人で、社会との窓口であり、「お金や仕事の心理的なシンボル」。

【母親】とは家にいて、家事や子育て、周りとの人付き合いをうまくやる人、「結婚や恋愛、人間関係の心理的なシンボル」になります。

 

なので・・・、

  • 父親と仲がいいと、お金や仕事がうまくいく。
  • 母親と仲がいいと、恋愛や人間関係がうまくいく。

こんなふうに、父母との関係性の良し悪しと、その人が体験している人生の愛情や豊かさの充実具合には関連性が見られることが多い。

言い換えるなら、お父さんのことが苦手だと仕事やお金で苦労しやすく、お母さんのことが苦手だと恋愛や結婚、人間関係などで苦労しやすい傾向がある、ということです。

 

「実家に帰りたくない」という気持ちは、たんに親子の悩みでは片付かないんですね。

 

私も実家に帰りたくない人でした

 

そもそも私自身、実家に帰りたくない人でした。
だから、実体験としても両親と引き寄せの関係は真実だと感じています。

たしか、人生が思いきり停滞していた30代、実家に帰ったのは8年間で3回ほど。
帰ろうと思えば、1時間半ほどで帰れたのにです。

 

だからその間、恋愛も仕事もずっと不調でした。

両親のようにケンカの多い結婚生活や嫌だとか、父親みたいに仕事だけの人にはなりたくないなどと、激しい反発心を青年期から抱えていたから。

無意識に、結婚や仕事にネガティブな思いを抱いていては、うまくいくものもうまくいくはずがない。

 

その事実にようやく気づき、30代後半で親へのわだかまりを解放して変われたんです。10年恋人なしから40歳で結婚して、子供が生まれ、住まいも安アパートからマンション、戸建てへと環境が激変していった。

 

f:id:kidism:20211217105142p:plain

 

あの、怒れるフェミニストもそうだった

 

 

こうした変化を、著名人も告白しています。

女性学研究者の田嶋陽子さんは、「恋人との関係性がお母さんとの関係性にそっくり」だと気づき、支配的な彼との関係を終わらせ、お母さんとも仲直りしたそうです。

 

幼少期に満たされなかった親への思いを、大人になって恋人や伴侶に求めるあまり、上手くいかない。

こうしたケースでは、恋人や親へのわだかまりを解消することで、憑き物が落ちたように生きるのがラクになったりします。

 

「お父さんとお母さんを好きですか?」と聞かれて、「まあ、嫌いじゃないよ」くらいなら、両親との仲は良好なほうです。

誰だって少なからず、親にわだかまりはある。

そして、「できれば会いたくない」「もう干渉されたくない」「はっきり言って大嫌い」なんて思わざるを得ない人たちもたくさんいます。

 

もしあなたがそうだったとしても、本気で幸せを望むなら、親へのわだかまりは取り組む価値があるものです。

「実家に帰りたくない・・・」この思いがやわらぐにつれ、あなたの恋愛や仕事はもっとラクになっていきますから。

 

f:id:kidism:20191111181935j:plain

 

誰だって愛されたいし、認めてもらいたい

 

といっても、親に手紙を書いたり、手を握りあって仲直りする、なんてことは不要。

ただ、あなたのなかだけで、親に対してわき上がる嫌な気持ちを減らせたらOKですから。

 

それに、こっちが親に対してフラットになると、親のほうが勝手に変わってくれるなんて都合のよいことも起きますよ。

 

とかく、親への想いはこじらせやすい。
生まれたときにはじめて出会った人たちで、心理的に一番近しい存在ですからね。

誰だって、親から愛されたいし、認めてもらいたい。
この思いにちゃんと気づいてくださいね。

あなたが親を受容するほど、恋愛や仕事といった実生活の充実度もぐっと上がりますので。

 

Copyright© 2022 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.