愛とお金の引き寄せコーチング

ありのままでプレミアムな未来を現実化する方法

実家に帰りたくない気持ちは、引き寄せを邪魔する

f:id:kidism:20191111181911j:plain

 

「あ~、実家帰りたくない」って憂うつになりませんか?

「結婚はまだなの?」「仕事はどうなの?」とか、身内にあれこれ詮索されたくない時ってありますよね。

だからつい、正月やお盆、連休になると、用事を作って帰らなくする。
そして、罪悪感・・・。

でも、この程度なら普通だし、スピリチュアル的には心配ありません。

 

それより、親兄弟と過ごす時間が苦手、できるだけ会いたくない、ぶっちゃけ嫌いだから、実家に帰りたくない。

こうなると注意が必要ですよ。

とくに、「親」への強い嫌悪感は、引き寄せを邪魔するから。

 

両親と引き寄せの関係

 

一般的に、【父親】は外に出てお金を稼いで来る人で、社会との窓口であり、「お金や仕事のシンボル」です。

【母親】は家にいて、家事や子育て、周りとの人付き合いをうまくやる人、「結婚や恋愛、人間関係のシンボル」。

 

だから、

  • 父親と仲がいいと、お金や仕事がうまくいく。
  • 母親と仲がいいと、恋愛や人間関係がうまくいく。

こんなふうに、父母との関係性と、引き寄せの得意・不得意な分野(お金、仕事、恋愛、家庭生活、友人関係・・・)には、よく関連性が見られます。

 

もしあなたが、両親に強い嫌悪感を抱えていると、父母がシンボライズする分野が苦手になってしまう。

「実家に帰りたくない」という気持ちは、たんに家族仲の悩みとして片づけてはいけないんですね。

 

私も実家に帰りたくない人でした

 

そもそも私自身、実家に帰りたくない人でした。

人生がうまく行っていなかった30代は、8年間で3回ほど。
しかも冠婚葬祭のときばかりで・・・。

帰ろうと思えば、いつでも帰れた距離だったんですけどね。

 

その間、恋愛も仕事もずっと不調でした。

親のような夫婦仲になりたくない、親みたいな仕事だけの人生は嫌だとか、そんな反発心ばかり。

そういうネガティブな波長を放っていると、いい恋愛や、いい仕事と共鳴できません。

ポジティブな感情が、いい人や出来事を引き寄せる。
ネガティブな感情が、困った現実を引き寄せる。

親への葛藤を解放することで、ようやくアラフォーで結婚したり、仕事やお金が巡るようになったんですよ。

 

 

f:id:kidism:20191111181935j:plain 

 

あの、怒れるフェミニストもそうだった

 

先日、女性学研究者である田嶋陽子さんの記事を読みました。

 

「怒れるフェミニスト」などと呼ばれたりして、TVの討論番組で激論する姿も見かけます。


田嶋さんはある時、恋人との関係性がお母さんとの関係性にそっくりだと気づいて、
支配的な彼との関係を終わらせ、お母さんとも仲直りできたそうです。

 

これは逆も真なりで、支配的なお母さんとの関係を修復すると、異性との恋愛関係も穏やかなものになっていく

親との和解は、引き寄せのターニングポイントなんです。

 

誰だって少なからず、親にわだかまりはあるものです。

「お父さんとお母さんを好きですか?」と聞かれて、「まあ、嫌いじゃないよ」くらいなら、両親との仲は良好なほう。

 

すべての人が恵まれた、愛情深い家庭で育ったわけじゃない。

「できれば会いたくない」「もう干渉されたくない」「はっきり言って嫌いだ」なんて思いを抱かざるを得なかった人もたくさんいますよね。

 

それでももし、あなたが幸せを求めるなら、親への葛藤解消は取り組む価値がある。

親への心理的な抵抗感がやわらぐと、恋愛や仕事が動き始めますから。

 

手を握って仲直りする必要はない

 

もし、がんばっても現実が変わらないなら、あなたも両親との和解に取り組んでみてください。

ただし、和解といっても、手を握りあって仲直りするまでは不要。

あなたのなかだけで、親に対してわき上がる嫌な気持ちを減らせたら十分です。

 

親への想いというのは、こじらせやすいもの。
心理的に一番近しい存在ですからね。

誰でも親に愛されたかったし、認めてもらいたい。

その思いが十分に満たされていないと、何となく「実家に帰りたくない」という気持ちがわきます。

それゆえ、実家から遠ざかり、引き寄せを遅らせてしまう。

 

今日、あなたは「実家に帰りたくない」という気持ちの意味を知りました。

すでに恋や仕事、お金を引き寄せる一歩を踏み出しています。
このまま向き合いつづけてくださいね。

いつでもあなたの想いが、外側の現実を作っています。

 

Copyright© 2021 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.