お金と愛の引き寄せコーチング

起業・副業・キャリア女子が「本当の自分」で、お金と愛に満たされる方法

直感を鍛えて、いい出来事を引き寄せよう!

f:id:kidism:20190409084916j:plain

こんにちは、小島です!

あなたは直感が働くほうですか?
それとも、外れて裏目に出ることが多いでしょうか?


直感というと、なんだか非科学的で抵抗を感じる人もいるかもしれませんね。

また、抵抗感はないけれど、ご自分のなかでは「直感力に自信がないんだよな~」とお嘆きの人もいるかも。

ですが、直感を使わなかったら、はっきり言ってもったいない。

そもそも、人生の選択ってよく言えば勘であり、悪く言えば当てずっぽうなことがほとんどですから。

ズバリ、直感を鍛えると、いい出来事を引き寄せやすくなります。

 

いい出来事は、いい直感が引き寄せる

就職も、転職も、恋人やパートナー選び、引っ越しの場所やタイミング、お昼に何を食べるか、今日はどんな服を着るか、いちいちあれこれ考えて計画を立てる人はきっと少数。

だいたいなんとなく・・・、いい仕事に出会えたり、ステキな異性と巡りあったり、いい休日を過ごせたり、その逆だったりを、私たちは連日連夜、くり返して生きています。

 

ですが、直感を使っているか、直感が働きやすいかは個人差ある。

あなたは直感を活かせていますか?

もし、少しでも直感を鍛えて良きことをたくさん体験したいなら、次のエクササイズを試してくださいね。

 

旅行やレジャーに出かけるとき、ネットや雑誌で情報を調べすぎない。

とりあえず、行き先だけ決めて、現地に行ってみる。あとは現地で考える。

現場での直観力や対応力を鍛えるために

ポイントは、次はここ、次はここ、・・・とあらかじめ計画を立てすぎないことです。

計画というのはもちろん悪いことではないのですが、先回りして失敗がないように予防線を張るクセがついてしまい、勘を鈍らせてしまうんですよ。

 


私はタモリさんの仕事のスタンスが好きなんですが、その場、その時に感じたことを即興で表現することを大切にしている、そんなふうに感じます。

あらかじめ計画しすぎない。
その時に感じたことを理屈を差しはさまず、パッと表現し、行動する。
予定調和にならないように。

これは決して計画することを否定しているわけではないんですよ。

 

たとえば、月に有人ロケットを飛ばそうとたら、あらゆる事態をあらかじめ想定し、入念に計画を練る必要があります。

どんな不測の事態が起きるかまで想定されていますよね。

それでも実際に宇宙へ飛び出したら、不測の事態がいくらでも起きる。
その時、宇宙飛行士に求められるのは現場での直感だったり対応力なんです。

 

f:id:kidism:20190409085003j:plain
 

直感の働く余地を残しながら

計画しておくと、安心ですよね。
大切なデートで、恋人にガッカリされたくない。
だから、いいお店、評判のお店を調べておく。

もちろん、そういう下調べが、実際に功を奏して素晴らしいデートになることもある。

ただ、計画に頼りすぎると、どうしても予想外のことに弱くなってしまうし、勘の働く余地がありません。

直感とは、「いい偶然を引き寄せる力」と言ってもいいでしょう。

計画するときはキチキチにではなく、余裕や遊びを残しておくと、意外でステキなことが起きやすくなるんですよ。

 

行く理由は、着いてから見つかる

春休み、ゴールデンウィーク、夏休み、正月休み・・・、いろんな場所に出かけると思います。
行きたい場所、やってみたいこと、会いたい人、そういうことがあれば、

「とりあえず行ってみる。とりあえずやってみる。」
そのうえで、具体的にどうするかはその場所に行ってから考える。

 

直観は使うほどに鍛えられます。
でも、恐れが、直感を使うことを躊躇させてしまう。

一緒に過ごす人から文句を言われたくない、ガッカリされたくない、嫌われたくない、・・・

恐れが少なくなるほど、あなたの直感は働くようになります。
ですから、仕事や大切なデートでない、ちょっとした遊びの予定でまずは試してみてくださいね。


行く理由は、着いてから見つかる。
(2018年夏、航空会社エア・ドゥの広告より)


とりあえず、行ってみる、やってみる、動いてみる。
そうして、行ってみてから・・・

「ああ、ここに来たのは、これを体験するためだったんだ、この人と出会うためだったんだ」と後から分かる。

そんな瞬間がどんどん増えていきますよ^^

 

Copyright© 2019 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.