お金と愛の引き寄せコーチング

起業・副業・フリーランスが、お金も愛もある「豊かな人生」を手に入れるためのココロの秘密。

セルフイメージを上げる「幸せな妄想」

f:id:kidism:20150205124320j:plain

こんにちは!お金と愛のライフコーチ、小島です。

私には一人娘がいます。今は保育園で、まだまだ可愛いさかり。
親にとっては、他のどんな可愛い子よりも、我が子が一番です。

幸せになってほしい、そう心から思えます。

幸せな大人になってほしい、いい男と結婚してほしい。
いや、いい男じゃなくてもいい。

娘を大事にしてくれるなら、それでいい。

自分に娘が生まれとき、はじめにしようって決めてたことがあるんです。

ロマンチックだと笑われるかもしれないんですが、それは・・・、エルビス・プレスリーの「ラブ・ミー・テンダー(Love Me Tender)」を耳元で歌ってあげること。(やや、やっぱり恥ずかしい・・・)

 

愛されたことを忘れてしまう

新生児で目も見えてないし、耳もじゅうぶんでないけれど、そうしようと決めていました。

だから生まれた翌日に病院へかけつけ、妻がトイレに立って、はじめて小さな娘とふたりきりになったとき、私はそっとささやきました。

♪ ラブ・ミー・テンダー、ラブ・ミー・スイート(わたしを優しく愛して、わたしを甘く愛して)♪  たくさんの人にやさしく愛される大人になってほしい。そう願いを込めて。

私もあなたも同じように、そうやって大切にされて、生まれた日を過ごしたはずなんですよね。

トイレの中に産み落とされたわけじゃないし、橋の下に投げ捨てられたわけでもない。
分娩台のうえで生まれて、それから丁寧に丁寧に扱われて、暖かいベッドに運ばれたんです。

それから、病院の人たちや、お父さん、お母さん、その友人たちや、たくさんの親戚に祝福された。

みんなみんな、祝福されて生まれてきたんです。

なのに大人になると、愛されて生まれてきたことを、忘れてしまう人が多くなる。
あなたはどうですか?

 

お金と愛を引き寄せるために

愛されずに生まれてきた人なんて、いるんでしょうか?
あなたもきっと、祝福されて生まれてきた。
この事実を、社会にもまれて生きていると、忘れてしまうんですよね。

私は祝福されて生まれてきた
私には愛される価値がある
私には幸せになる価値がある

幸せを引き寄せるためには、このセルフイメージがものすごく大事です。
でないと、ささいなことで疑心暗鬼になって、自ら幸せを遠ざけてしまいます。

そこでちょっと、

あなたが生まれた日にさかのぼってみませんか?

 

   ・・・

 

人生の最初の日、産科医や看護婦さんに囲まれて、ママの体から外に飛び出します。

まっ、まぶしい、ここどこ?怖いー、とりあえず、泣いとく。えーーーーーーん!

がやがや、周りがうるさい。ああ、おじいちゃんとおばあちゃんか。

お、この声は聞き覚えがある。パパだ、でれでれだよ。

おっと、こんどは別のおじいちゃんとおばあちゃん、あ、おばさんも来た。

それにしても、そんなにうれしいもんかね、私が生まれて・・・。

なんてね。


こうやって、あなたの生まれた日を妄想してみるんです。

もしも嫌な気持ちになったら、やめといてくださいね。
まぁ、たぶん、どうやっても、幸せな気持ちにしかならないと思いますけど。

あなたも私も愛されて生まれてきました。それは間違いありません。
わたしには愛される価値がある

お金と愛をどっちも引き寄せるためには、このセルフイメージが必要なんです。

 

たとえ、自分はダメだと思っても・・・

以前、こう言ってる女性に会ったことがあります。
「もうバツ2だし、生まれ変わったら、幸せになれるのかな。」

それから、こういう女性もいました。
「わたし、好きな人がいるんです。でも、2番目でもいいんですよ。」

彼女たちが生まれた日、そんなことを望んでいた大人がいたんでしょうか。


誰もがあなたを見てこう思ったはずです。
幸せになってほしいって。

それから何十年もたって、あなたの幸せを願った人たちは、みんな、歳をとってしまった。

もう、あなたを幸せにしてあげられる力はありません。

あとは、あなたが、自分で自分を幸せにするしかない。
もう、誰のせいでもない。あなたの人生です。

幸せかどうかは、あなた次第。


愛される価値がない。ダメな奴かもしれない。
多くの人がひそかに、そう心配しています。

みんなどこかで、自分の存在価値を疑っている。
だから、褒めてほしいし、認めてほしいし、関心をもってほしい、愛してほしい、そう願っているんです。

 

セルフイメージを上げる「幸せな妄想」

私に愛される価値があるんだろうか?

そう心配になったら、あなたが生まれた日を妄想してください。
だれがあなたに、どんな声をかけて、どれだけ丁寧に扱ってくれたのかを。

愛されて生まれて来たってことが、思い出せますから。

 

私はときどき、娘がどんな結婚式をするだろうか?って想像します。

でね、いい迷惑なことに、式でどんな歌を歌おうか?なんて考えてるわけです。
迷惑な話でしょう?まあ、断固拒否される可能性が高いんですけどね。

でも、ウエディングドレスに身を包んだ娘と、隣にいるいい男のために、また歌ってあげたいと思っているんですよ。

ラブ・ミー・テンダーを。

 

Copyright© 2018 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.