お金と愛の引き寄せコーチング

物心バランスよく豊かな起業家、自営業、フリーランスになるために。人生を劇的に変えるココロの秘密。

引き寄せの現実化にはタイムラグがある。

f:id:kidism:20161230153806j:plain

こんにちは!お金と愛のライフコーチ、小島です。
昔はよく、「大阪で生まれた女」という歌を、カラオケで歌ってばかりいました。若い人はご存じないでしょうが、昭和の懐かしいフォークソングです^^

ちなみに私は神奈川育ちで、大阪とは縁もゆかりもありません。関西圏に親戚すらなく、大阪ってちょっと怖いところ?という誤った偏見すら抱いていたくらい。

それから20年がたち、今は家の中で、エセ関西弁を使っています。妻が大阪の八尾で育った、「大阪で生まれた女」だから。

20代の頃、まさか、自分が「なんでや?」などとヘンなイントネーションで話す日が来るとは思いもよりませんでした。

 

「大阪で生まれた女」をくり返し歌うことで、無意識に、大阪の女性を引き寄せたんでしょうか?

正直分かりませんが、ある曲をくり返し歌うのって、アファメーション(肯定的な自己宣言)を使うのによく似ています。知らず知らず、潜在意識にイメージを刷り込んでいたのかもしれませんね。

それはともかく、ひとつ確かなのは、引き寄せたい何かしらの願いがあったとしても、現実化するまでには時間差、タイムラグがあるということです。

 

現実化までのタイムラグ、私の場合は・・・

私は今、ライフコーチという仕事をしています。アメリカなどでは認知されている職業らしいのですが、日本ではまだまだ。ようやく、コーチングというものは広まってきたぐらいでしょうか。

じつはこのライフコーチという仕事、20代の頃からいつかやってみたい、と思い描いていたものなんですよね。

当然、ライフコーチという仕事も肩書きも知らず、まだ、ネットも普及していない頃でしたから、そんな情報も入ってこない。あったのは、人の夢や目標や人生をサポートするのが自分の仕事だ、という漠然とした思いだけ。

 

30歳の手前まで輸送関連の会社に勤務し、その後、ファイナンシャルプランナーへ転職。ファイナンシャル・プランニング、つまり、お金にまつわる計画を立ててあげる仕事ということです。

個人の生命保険や住宅ローンを見直したり、老後までの資金計画をシミュレーションするといった内容でした。

私、お金の話はずっと苦手だったんですよね。計算も苦手、高校1年の数学は赤点でしたし。。就職するとき、金融系の会社だけは行くまい、と決めてたほどで^^

 

夢や目標を思い描いてみる

それでも金融の仕事に就いたのは、ファイナンシャルプランニングの分野にある、「ライフプランニング」に心惹かれたからです。

家を建てたい、海外に移住したい、趣味を重視した暮らしをしたい、起業したい、人それぞれ、憧れの夢やライフスタイルというのがある。それらを叶えるためには、金銭的にもしっかりと計画しておく必要があるので、そのサポートをするということです。

けれど・・・、実際に仕事をはじめてみると、現実はずいぶん違っていたんですよ。

 

じつは、ほとんどの人は、「自分が何をしたいのか?」「どんな夢や目標を叶えたいのか?」そもそものところがなかった、持っていないものだ、ということに転職してはじめて気づいたんです。(私自身も漠然としてましたしね^^)

ライフプランニングといっても、お客さんのニーズとしては、老後を安心して暮らすために、何歳までにいくら貯めておけばいいのか?といった、あまり夢や希望のないサポートにしかならなかった。

それから、自分で起業して、痛い目にあったりしながらも、今はこうしてライフコーチとして働けています。

叶えたい夢や目標がある人、自分らしい自由や豊かさのあるライフスタイルを見つけたり、叶えていきたい人をサポートしています。

 

漠然と思っていたことが、ようやく形として見えるようになるまで、紆余曲折ありながら15年以上かかっているでしょうか。

何だか気が遠くなりそうですが、これはあくまでも振り返ってみれば、という話です^^

 

それでも、「今」が一番大事

願いはすぐに叶うこともたくさんあるし、ちょっと先、ずいぶん先になることもあります。いつ、叶うかなんて誰にも分からない。

叶わないこともありますし、思っていたのとは違ったけど、もっといい状況が現実化することもあります。自分や世の中の環境が整ってはじめて、形になることもたくさんある。

あまり遠い先のことを考えたり、期待しても仕方ないんですよね。人生はコントロールしきれませんから。

考えているようにはならない。それでいて・・・、

何となく感じていたこと、湧きあがったインスピレーションは、ふいに思わぬタイミングで形になったりします。

人生って不思議ですね^^

 

f:id:kidism:20170619124113j:plain

それにしても、やっぱり、「今」が一番大事です。今、どんな心の状態で、何に注力できているか?1年後、10年後、20年後・・・、私たちがどうなっているかは、「今」この瞬間をどう過ごすかにかかっています。

うちには5歳の娘がいますが、来年の夏休みにどこへ旅行に行くか?なんて話にはほとんど興味を示しません。それより、今、誰と何をして遊ぶか?それだけが彼女にとっての優先事項。

子どもたちは、いつだってキラキラと輝いています。先のことなど考えずに、今、この瞬間にフォーカスして全力で生きているから。

 

願望はワインのように寝かせておく

引き寄せの現実化にはタイムラグがあります。

夢や目標があるなら、大いに思い描いてください。まだないのなら、自問自答して探してみるのもいいでしょう。ですが、未来を思い描き、何かを期待するのは、たぶんあくまでも二次的にすぎません。

一番の優先事項はいつでも、今をちゃんと生きること。今、目の前に広がる人生を大切にしたいですね。

 

あなたは今、目の前にある仕事、目の前にいる人たちを大切にしていますか?

20年後、どこに辿りつくかは、「今」この一歩にかかっています。願いが形になるには多少の違いはあれど、時間は必要です。

願いを持ったら、いったん寝かせておき、あとはひたすら、今、目の前にあることにフォーカスしましょう。

焦らず、ワインのように願いを熟成させてみてください。そのほうが後で、上質に仕上がりますよ^^

 

Copyright© 2017 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.