お金と愛の引き寄せコーチング

ありのままでプレミアムな未来を現実化する方法

いい引き寄せが起こる、自分軸の魔法

f:id:kidism:20190416202841j:plain

 

恋人や上司、親などを前にすると・・・、

  • 言いたいことを言えない
  • 頼まれたり、誘われると断れない
  • 自分の感覚を信じられない

こんな心当たりはありませんか?

 

もしそうなら、「他人軸」になっているので気を付けてくださいね。

他人の顔色を伺うマインドでは、いい引き寄せが起きません。
恋愛や仕事、何であれ、自分の気持ちにフタをしていると波長が落ちるから。

 

もっと自分を解放しましょう。
自分軸」にシフトし、愛と感謝で人生を楽しんでください。

そのほうが、あなただけでなく、あなたと出会う人も幸せになります。

 

他人軸か、自分軸か?

 

他人軸か、自分軸か。

つまり、「他人と自分、どちらの心の声に従うか?」ということです。

子どもの頃はみんな、自分軸でした。

お腹が空けば泣きわめき、抱きしめられたらニコニコして、すやすや眠る。
好きな玩具で遊び放題、誰の気持ちも考える必要などなかった。

 

そこから成長とともに、他人の気持ちも考えられるようになります。

自分を大事にしつつ、他人のことも考えられるとベストですが、他人軸ではそれが逆転してしまう。

 

そもそも、なぜ、他人の気持ちを気にし過ぎてしまうのでしょうか?

怖いからなんですね。
拒絶されること、否定されることが怖い。

 

私の気持ちには価値がある

 

誰だって、人から否定されたり、拒絶されるのは嫌です。
けれど、他人に迎合せず、自分軸でいられる人もいます。

「私の気持ちには価値がある」と分かっているから。

 

たとえば、相手を好きになるほど、感情にフタをしてしまう、相手に合わせて我慢することが増える。

こういう場合は、自分の気持ちを過小評価しているから、その信念に則した現実を引き寄せています。

私の気持ちを分かろうとしてくれない、大切に扱ってくれない・・・。

「そう、気の思うとおり、君の気持ちには価値がないから」と、相手が無意識下で誤解するのです。

 

言いたいことは言っていい、嫌なことにはNOと言おう

 

だから、やるべきことは「私の気持ちには価値がある」と思い出すこと。

言いたいことを言っていい。嫌なことにはNOと言っても大丈夫。
そういう成功体験を、日々の暮らしのなかで増やしていきましょう。

ピンと来ないデートの誘いは断るとか。
職場で思い切って意見を言ってみるとか。

あなたがつい、言葉を飲みこんでしまいがちな場面で、少し勇気を出してみてくださいね。

 

もし、信頼できる友人がいるなら、あなたが秘密にしていたことを一つ告白する、なんてのも面白いですよ。受けとめてもらえるという経験値を一気に増やせます。

ただ、極力、あなたを丸ごと受けとめてくれる人に、本当の気持ちを打ち明けましょう。

 

他人軸から抜け出せていない段階では、否定されることを愛や親切だと勘違いしてしまいます。

少しずつ、受け止めてもらえることに慣れていってください。

あなたが自分軸になったとき、誰かの厳しい指摘が、愛か、その人のエゴかを判別できるようになりますから。

 

 

f:id:kidism:20190416202906j:plain


自分軸には「親との関わり」がポイント

 

他人軸から自分軸へシフトするには、親との関わりを見直すのが効果的。

なぜなら、他人軸になるきっかけの多くが、親だからです。

 

この地上に生まれて、はじめて出会った他人が親です。

親はもちろん、私たちは慈しみ、できるだけの愛情を注いでくれました。
けれど、世界中のどこにも完璧な人がいないように、完ぺきな親も存在しません。

もしかしたら、親のエゴであなたは支配したり、気持ちを十分に尊重できなかったこともあるでしょう。

 

たとえば「何を言っても頭ごなしに否定される」という経験をくり返せば、誰でも自分の気持ちに自信がなくなります。

子どもは親に愛されたい。
愛されないと生きていけないから。

そうして、親の軸に従うことで生きのびようとします。

 

何度も気持ちを否定されると、伝えるのも面倒くさくなる。
そのうち、相手に従ってさえいれば、愛されて安全だと誤解してしまうこともある。

その誤解が大人になっても消えず、恋愛でも職場でも、自分軸で生きられなくなります。

 

自分軸はわがままじゃない

 

自分軸で生きるなんて、わがままじゃないだろうか?
そんな不安に駆られる人がいるかもしれませんね。

でも、拒絶が怖くて自分の感情にフタをすると、あなたは愛や感謝を伝えることも苦手になります。

あなたが恐れから他人の気持ちを気遣っているかぎり、一緒にいても心の通わない関係性ばかり体験することになる。

 

自分の気持ちを大事にできる人は、他人の気持ちも大事にできる人です。

自分にしていることは、他人にも反映されます。
他人にしていることは、自分にも反映されます。

潜在意識は他人と自分を区別しませんから。

 

あなたが他人軸で生きていると、出会う人に恐れと怯えの感情を振りまくでしょう。

けれど、自分軸で生きはじめれば、愛や感謝が振りまかれ、あなたと出会う人は幸せになります。

 

受け入れてくれる人を引き寄せる

 

他人軸の思考は、他人軸の現実を引き寄せます。
すべては、私たちの思いが現実を引き寄せるから。

あなたはもう、他人に振り回される現実には飽き飽きしていることでしょう。

もっと愛されたいし、大切にもされたいですよね。
心の通い合うパートナーシップや人間関係は人生に潤いをもたらします。

 

そのために、自分の気持ちに耳を傾けてくださいね。
自らの心の声を聞くことが自分軸です。

否定されたくない、拒絶されたくないという感情は解放しましょう。

あなたが「私の気持ちには価値がある」と信じれば、周りの反応も見事に変わりますよ。

言いたいことを言うあなたを、受け入れてくれる人を引き寄せます。

 

Copyright© 2021 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.