お金と愛の引き寄せコーチング

幸せな起業家、個人事業主、フリーランスになるために。

同じ恋愛パターンから抜け出せない、本当の理由

f:id:kidism:20160121164235j:plain

こんにちは!お金と愛のライフコーチ、小島です。
妻の友人の女性に、いつもきまって、お医者さんばかり好きになる人がいます。自らが入院したときも、誰かのお見舞いで病院に通ったときも、好きな人ができたのよ・・・と言うらしい。

そういった職業の好みもあれば、顔やスタイル、声、性格や雰囲気、しぐさ、他にもたくさん、その人らしい好みって、ありますよね。誰にでもその人らしい恋愛のパターンがある。

それはもう、どんな人を好きになるか?といったことから、どんなことでモメやすいか?どんなきっかけでダメになるか?なんてところにも、お決まりのパターンは現れてしまいます。

あなたにもこうした、無意識の恋愛パターンはありませんか?

 

あなたの、無意識の恋愛パターンを知る

もちろん、それが成功する恋愛パターンなら、大歓迎ですよね^^ 前にもこういう人を好きになって、とても幸せな時間を過ごせた。だから、同じタイプを好きになれば、今度こそ、うまくいくだろう♪

それとも、また、ダメンズを好きになってしまった。また、わがままな女性を好きになってしまった。つらいことが多かったけれど、今度こそは、きっとうまくいくだろうさ!・・・う~ん、どうでしょう。

友だちなんかは、気づいているんですよね。ああ、あの人、また同じパターンをやってる・・・、やめておけばいいのにって。

 

あなたがパートナーを探しの最中だったら、自分の恋愛パターンを知っておいて、けっして損はありません。

ここで、2つだけ質問をさせてください。

「好きになった人や、付き合った人たちに、共通点はありますか?」

「過去の恋愛(結婚)では、どんな問題を抱えることが多かったですか?」

 

恋愛パターンは性格や運命のせい?

恋愛あるある、ダメエピソード。友だち同士でもこうした会話になることはありますが、じっくり自分で思いをめぐらせてみると、新しい発見があるものです。

また、なにより知っておきたいのは、くり返しがちな恋愛パターンは、性格や運命のせいというより、「思いグセ」の影響が強いということ。

たとえば、幼い頃に異性の親との離別を経験した人たちのなかには、「異性は自分から離れていくもの」「異性は自分を見捨てていくもの」という「思いグセ」を持っている人がいます。

そんなブレーキがあったら、恋愛や結婚も不安で仕方ありませんよね。心から信じられず、いつも不安で、過度に執着したり、自分から関係を壊すような恋愛パターンをくり返すこともあるでしょう。

ネガティブな思いグセは、幸せなパートナーシップを妨げる心理的なブレーキとなります。「わたしにはどんな恋愛パターンがある?」 無意識の行動や選択から抜け出すファーストステップは、とにかく気づくことです。

 

f:id:kidism:20161211094525j:plain

考え方や感じ方のクセを作ったもの

ああ、こんな恋愛パターンがあるな、と分かるだけで、それは自分の無意識の行動をよりよく変えていくチャンスになります。

たとえば、異性とケンカになっても、一度も素直に謝れたことがなかった。これは失敗パターンだから、今回は素直に謝ってみよう。こういう方法でいつものパターンを変えることができます。もっとも、これは意志の力だけではなかなかむずかしい。

より本質的な気づきは、

この失敗パターンは、どんな体験から生じたのか?

 

さきほどの例で言えば、異性の親と離別した、見捨てられたという感情にちゃんと向き合ってみる。大人になってもぬぐえてない、わだかまり、思いを消化させること。

たとえ「ネガティブな感情」でも、しっかり感じきることによって、不思議とやわらいでいくものです。

すると、異性というものは離れていくものだ、という考え方や感じ方が変わり、同じ失敗パターンをくり返すこともなくなります。

 

思いグセが変われば、出会いも変わる

お決まりの恋愛パターンは、生まれながらの性分や、運命のせいなんかじゃありません。そうしたパターンの多くは、後天的に作られたものです。

幼いころの環境や、体験からできあがった、ネガティブな「思いグセ」です。

「思いグセ」が変わると、あなたの恋愛パターンが変化し、次は新しい形の出会いを引き寄せます。

かつてノーベル平和賞を受賞したエジプト大統領のアンワル・サダトはこう述べました。

「思考の枠組みを変えられない人間は、取りまく現実をけっして変えられない。」

あなたにはどんな思考の枠組み、お決まりの恋愛パターンがありますか?気づけば、人生が変わりはじめます。

 

Copyright© 2017 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.