お金と愛の引き寄せコーチング

起業・副業・キャリア女子が「本当の自分」で、お金と愛に満たされる方法

親から受け継いだ、メンタルブロックの影響

f:id:kidism:20160523092127j:plain

先日、東京駅で驚くような光景を目にしました。
人、人、人でがやがやと込み合った改札付近でのこと。

ガタイのいい20代後半くらいのパパさんが、目の前にいた4~5歳の息子さんを、いきなり蹴り上げたんです・・・。

当然、子どもは吹き飛びました、1メートルも。


ケガはないようでしたが、すぐさま立ち上がり、パパの前で泣きながら直立不動。
その様子から、初めてではないと分かりました。

この出来事が次世代、次々世代へと連鎖しなければいいのですが。

 

私たちは両親からDNAを受け継いで、この世界に生まれてきました。
体も、気質も、自分で生み出したのではなく、もらったもの。

と同時に、

私たちは生まれてから、DNAにはないものまで受け継ぎます。

それは「親の考え方や感じ方のクセ」です。

 

代々、受け継がれる「考え方」「感じ方」のクセ

子どもが言うことを聞かなかったら、お腹を蹴り上げる。
これは、遺伝でしょうか?

ああ、こうやって書いているだけで、胸が痛みます。

もちろん違いますよね。
考え方のクセ・・・、もしくは、愛する両親からひどい扱いを受けたことへの恨み、という感情の連鎖かもしれません。


これはおそらく代々受け継いできたものであり、また次の世代にも引き継がれてしまう可能性がある。

その小さな男の子がいつか親になったとき、自分が受けたしつけ方に疑問を持たなければ、親から子供へ、子どもから孫へと・・・。

 

その子が大人になり、幸せな家庭を持ちたいなと、願ったとします。
けれど、親に蹴り上げられた体験を「恨み」として抱えていたら、同じことを自分の子どもにも、してしまうかもしれません。

また、優しい男性に成長したとして、「私も子どもを蹴り上げるのでは・・・」と不安になり、結婚や子どもを持つことに消極的になるかもしれない。

 

こうした、幸せを阻むような考え方、感じ方のクセをメンタルブロックと呼びます。

メンタブロックは、愛であれ、お金であれ、好ましい出来事を引き寄せるうえでの、心理的な障害物になります。

 

親から何を受け継いでいるか?

これは極端な例ですけど、私たちは誰でも、親から何らかの影響を受けています。

人は周りの影響を受けながら、生きるために必要な情報を学んで大人になるので。

あなたは親から、何を受け継いでいますか?

 

もちろん、人生にプラスになるものをたくさん受け継いでいるでしょう。
そうした好ましいことに意識を向けられるなら、ぜひ、感謝してください。

よい才能や性質、考え方や感じ方のクセが、あなたの代でさらに強化され、人生を豊かにしていってくれるはず。

 

一方で、やむを得ずに受け継いでしまったマイナスになるものもある。

あくまで一例ですが・・・、

「お金は争いの種になる」「お金と愛を両立させるのは難しい」「家庭とはストレスフルで息苦しいもの」「子どもに手を上げてしまいそうで怖い」「どうせ自分はダメな奴だ」などなど、千差万別。

お金、愛、健康、人間関係・・・、あなたが今を生きるうえで、もしかしたら「厄介な荷物」になっている、考え方や感じ方のクセはないでしょうか?

 

f:id:kidism:20170806100200j:plain

次の世代に何を受け継がせたいか?

私たちは両親やたくさんの先祖から、さまざまな「恩恵」を受け継いできました。
ですが同時に、「厄介な荷物」まで受け継いでいることもある。

自分が運動会のリレーの走者だと想像してみてください。

もしも10kgはある鉄アレイのバトンを渡されたら・・・、後生大事に抱えて、これからも走っていく必要がありますか?

 

できれば、プラスチックの色鮮やかなバトンを手に、軽々と人生を走っていきたいですよね。

あなたは親から何を受け継ぎ、次の世代に何を受け継がせたいでしょう?

 

いつも同じ失敗をくり返してしまう・・・という人がいます。

自分ではなぜそうなるのか分からず、負のループからなかなか抜け出せない。

とっくに巣立ち、経済的に自立していても、親から受け継いだメンタルブロックにとらわれたままの人がたくさんいるんです。

 

「悩みの連鎖」を断ち切るのは誰?

さて、お盆や年末年始に帰省して、両親や祖父母に会ったり、先祖に思いをはせる機会があるでしょう。

その時、自分がたくさんの素晴らしいものを受け継いできたという感謝とともに、余計な荷物、メンタルブロックまで受け継いでしまっていないか?と考えてみてください。

もしかしたら、今、自分が抱えている悩みの奥に、DNAを分けてくれた人たちと同じ「悩みの連鎖」を垣間見るかもしれません。

 

よいものは残し、次世代に引き継ぎましょう。
好ましくないものは、しっかり解消することです。

一族の長い歴史のなかで、いったい誰がやるのか?
それができるのは、その連鎖に気づけた者だけ。

 

あなたから、新しく好ましい連鎖をはじめられます。

親から受け継いだ「心の荷物」を降ろした人から、新しい人生を生き直すことができるんですよ。

 

Copyright© 2019 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.