お金と愛の引き寄せコーチング

起業・副業・フリーランスが、お金も愛もある「豊かな人生」を手に入れるためのココロの秘密。

500円寄付ではじめる、お金の引き寄せ。

f:id:kidism:20121226094020j:plain

こんにちは!お金と愛のライフコーチ、小島です。

出力が入力を決める。
世界が物惜しみをして与えてくれないと思っているものは、あなたがすでにもっているのに出力しようとしないもの、それどころかもっていることを知らないものだ。

そのなかには豊かさも含まれる。(作家 エックハルト・トール)


目の前の人を微笑ませたいなら、一番簡単なのは微笑みかけること。
あなたがムスっとして「どうして微笑まないのよ?」と食ってかかったら、相手もきっと腹を立てますよね?

私たちは自分が差し出しているものを、いつも手に入れています。
笑顔はもちろんのこと、愛だって、お金だって同じなんですよ。

 

豊かさは循環している

私たちが暮らす競争社会では、どれだけ「手に入れたか」が重視されます。
道徳として与えることの素晴らしさを教わるけれど、実際のところは、お金であれ、愛であれ、称賛であれ、どれだけ「与えたか」は二の次になる・・・。

ですが本当は「与えるから、与えられる」のであり、その逆はなく、片方だけでもありません。

どれだけ微笑みかけるかで、どれだけ微笑んでもらえるかが決まります。


もしかしたら、「手に入れる」ことだけに執着していませんか?
「どれだけ与えるか」をおろそかにしていないでしょうか?

豊かで恵まれている人に憧れるとき、その人が「手に入れたもの」より、その人が「与えたもの」に着目すると、この世界が違って見えてくるかもしれません。


米の著名人にとってチャリティーは社会的名誉です。
日本の著名人は人知れずに慈善活動します。

イメージアップのため?税金対策のため?

かりにそうだとしても、「与えるから、与えられる」のであり、愛や豊かさは血液のように循環しています。


世界の政財界やハリウッドセレブに支持されるディーパック・チョプラ博士はこう言っています。

お金を求めるのであれば、お金を与えましょう。

愛や感謝や愛情を求めるのであれば、愛や感謝や愛情を与えるようになりましょう。 

  

f:id:kidism:20080119234005j:plain

自分のために「寄付」を利用する

米AP通信の最優秀トーク番組司会者賞などを受賞したビクター・ボックは、著書「すべてのお金の悩みを永久に解決する方法でこう述べています。

私は無一文から現在の状況までどうやってたどり着いたのでしょうか?
身を粉にして働いたのではありません。

喜んで与えることによって、お金に対する執着を捨てたおかげで、お金が自分の人生に流れてきたのです。

 

「与えること」と「受け取ること」をためらわなければ、豊かさは循環していきます。

あなたが欲する川の流れに、すでに持っているものを差し出しましょう。

けれど「与えること」に抵抗があるなら、エクササイズとして「寄付」が役に立つでしょう。


寄付」と聞くと、偽善、売名、怪しいというイメージで積極的になれない人も多いはず。

きっと心の矛盾に正直であるほど、そう感じるかもしれませんね。
ですからもっと正直に、次のように考えてみます。

誰にも言わず、誰かのためでなく、自分の豊かさのために寄付を活用する


たとえ「お金を引き寄せる」ためでもいいのです。
純粋な利他心を持ち合わせていなくても、エクササイズの効果は下がりませんから。

豊かさの力学」を著した香咲弥須子さんはこう述べています。

チャリティの目的は、与えることをさせていただく、与える機会をできるだけたくさんもつ、練習する、そうやって自分を豊かにしていくことです。

 

安全で、効果的に「寄付」する方法

では、どのように寄付したらいいのでしょうか。

金額については、ビクター・ボックが成功者たちへのインタビューと、研究結果を踏まえた目安を示しています。

「お金の流れを確実によくするためなら、(収入の)10パーセントは必要以上に高いと思います。1~5パーセントで十分です。


負担が大きいと、与えることが苦痛になります。
また、こんなに出したのだから、早く返してくれと恨みがましい気持ちになるかもしれません。

大事なのは金額ではなく、「私は喜んで与えられる人間だ」という体験です。

そこから生まれるセルフイメージが、お金の流れを引き寄せるのです。


また、実際に寄付をするときは、信用できる寄付先を知っているかどうかも重要。
とはいえ、ひとつひとつ信用情報をチェックするのは大変ですよね。

たとえば、「Yahoo! ネット募金」のポータルサイトを介すると、500円から信用度の高い団体先へ寄付できます。

コンビニの募金箱でもいいですし、24時間テレビのチャリティーでも構いません。
あなたが安心して、喜んで与えられる団体を見つけましょう。


なお、寄付をしたら、宝くじが当たりやすくなるかも?という期待は早計ですよ。
豊かさは、その人にとって実現しやすいルートでやってきますから。

あなたの稼ぎが増える、臨時収入が入る、パートナーの収入が上がる、ほかにもたくさんのルートがありますが、選んだり、コントロールはできません。

それでもやがて、豊かさが戻ってくるでしょう。

f:id:kidism:20110604132016j:plain

出力が入力を決める

いつでも出力が入力を決めます。

与えることが先で、与えられるのが後なのです。

欲しがってばかりで、出し惜しみしているものはありますか?
与えることに二の足を踏んでしまうものはありますか?

ほんの少しでも与えることを始めれば、そこからお金が巡りはじめる。

「与えること」と「受け取ること」をためらわなければ、今よりもっとお金を引き寄せるでしょう。

 

Copyright© 2018 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.