お金と愛の引き寄せコーチング

ありのままでプレミアムな未来を現実化する方法

引き寄せに役立つお勧め映画 3選

f:id:kidism:20200420123722j:plain

こんにちは、小島です!

コロナの夜長、家族が寝静まった深夜に、トム・クルーズの映画ばかり見ていました。

ミッション・インポシブルはもちろんのこと、個人的にはオブリビオンというSF作品が好きなんですけどね。

トムという男は、容姿や動きがとにかくポジティブ。
演じるキャラクターもまた、どんな苦境でもあきらめない。

そんなことある?っていうくらい大逆転して、最後はいつもハッピーエンドへ。

ですからたぶん、私は陽のエネルギーに触れたかったんでしょうね。

 

続きを読む

自宅待機で暇なら、コンフォートゾーンの外に出よう!

f:id:kidism:20200404161121j:plain

こんにちは、小島です!

周りで日に日に、在宅ワークをする人が増えています。
我が家の妻も、親戚や仕事関連の人も、どんどんリモートワークへ移行しています。

ですが同時に、家にずっといるので暇だという人も、じつは増えているんですね。
家のなかに居すぎて、鬱々としているという人も。。

 

まぁ、出かけられないってつらいですよね。
人と会って話せないのも、かなりつらい。

こういう時だからこそ、おしゃべりして笑い合って、不安が減るってありますから。

家族がいてもあまり会話がないとか、一人暮らしの人だと、今日一日、誰とも話さなかったな・・・なんてモヤモヤすることもあるのでは?

 

こんなときって、冒険をしてみるといいですよ。

コンフォートゾーンの外に出られる、ちょっとした冒険をです。

 

続きを読む

平穏を引き寄せるコツは、ニュートラルにあり

f:id:kidism:20200229184708j:plain

こんにちは!小島です。

つぎつぎと、いろんなイベントが中止や延期になっていますね。
学校も休校になり、ディズニーランドやUSJまで。

うちの小1の娘は、しばらく学校に行けないことを、かなりネガティブにとらえていました。

友だちと遊べないからって。

 

でも、家で好きなだけユーチューブが見れると気づいてから、早めの春休みが来たとまんざらでもなさそうです^^

(実際はママから、毎日ドリルをやること!という要請が出ていますけどね・・・)

 

物事をどう捉えるか?って、どんな体験を引き寄せるかに影響します。

ですが、ポジティブか?ネガティブか?という単純な見方はちょっと危ないのでご注意を。

引き寄せのコツは、とらわれのない心の状態にあります。

 

続きを読む

メンタルブロックの軽いところから、夢は叶う

f:id:kidism:20200127155750j:plain

こんにちは!小島です。

先日、小1の娘が給食で、生まれてはじめて梅干しを食べたそうです。

ですが、かなり酸っぱいと感じたらしく、「もう二度と食べない!」とかなり怒っていました^^

これはやや大げさですけど、メンタルブロックができた瞬間・・・。

 

メンタルブロックとは、心にわきあがる「抵抗感」のこと。
つまり、強烈な苦手意識ができてしまったようなんですね。

 

まぁ、梅干しですから、一生食べなくたってべつに困らない。
お弁当に出てきたら、その度に箸でよけなければならないぐらいの不便さです。

それに成長するにつれて味覚が変わるので、また口にさえできれば、「あ、けっこういいかも」って思えるかもしれませんし。

 

ただ・・・、こうしたブロックが「お金」だったり、「異性」だったり、「恋愛」や「結婚生活」に対してできてしまったら、人生にどんな影響が出るんでしょう?

もしも、子どもの頃にお金やパートナーシップにまつわる嫌な出来事を経験して、もう二度と食べないぞ、味わいたくないだなんて思い込んでしまったら・・・。

 

続きを読む

恋もお金も「未来妄想」で引き寄せる

f:id:kidism:20200120152228j:plain

こんにちは!小島です。

わたしには人生を変えてくれた、「一枚の写真」があります。
37歳独り暮らしのアパートの郵便受けに、ある日、放り込まれていました。

じつはフリーペーパーに載っていたただの広告写真なんですが、

30代くらいの女性がひとり、かたわらに5歳ほどの少女がいる。
ふたりで、キッチンにいてケーキを作りながら笑いあい、後ろの窓際には小さめのクリスマスツリーが飾ってある。

 

・・・という、私にとってはウキウキする妄想をかきたてる写真だったんですね。

いつの日か・・・、妻と娘がいて、いっしょにケーキを作ってくれている。
「パパ、はやく帰ってこないかな♪」なんて、キャッキャッとはしゃいでいる、な~んて。

 

当時は、建築違反で話題になったレオパ○スに住んでいたんですよ^^
隣人の話し声も聞こえてくるような、薄い壁のアパートでひとり暮らし。 

ふつうに考えたら引き寄せられそうもない「妄想」なんです。
けれども、わたしは現実化を願って、その写真を家の壁に貼ってみることにした
んですね。

 

続きを読む
Copyright© 2020 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.