お金と愛の引き寄せコーチング

起業・副業・キャリア女子が「本当の自分」で、お金と愛に満たされる方法

「結婚したい」vs「結婚しなきゃ」引き寄せに有利なのは?

f:id:kidism:20160131120549j:plain

こんにちは!お金と愛のライフコーチ、小島です。

あなたはなぜ、結婚したいんですか?

私が独身時代にこんな質問をされたら、きっと口ごもったでしょうね。

(そ、そりゃあ、ひとりじゃさみしいし、誰かと一緒のほうが楽しいしさ・・・。)

また、結婚しないと世間体が悪い、まわりが結婚しろってうるさい、老後にひとりだと不安だ、なんてことまで、言ってしまったかも。

 

ここで気づくのが、「なぜ結婚したいのか?」と質問されたら、ポジティブな理由と、ネガティブな理由が出てくる、ということです。

そして、結婚したい理由がポジ寄りか?ネガ寄りか?で、引き寄せやすさに差が出てしまうんですよ。

 

あなたはなぜ、結婚したいのか?

誰かと一緒にいたほうが人生は楽しい、これはポジティブな理由です。

ひとりだと老後が不安だ、これはかなりネガティブな理由。

この例の違いは、感情言葉に隠れています。
楽しいか、不安か。

私たちの行動の裏には、ポジティブな理由と、ネガティブな理由が隠れているものです。

 

たとえば、転職なんかはその典型ですね。

なぜ、あなたは転職したいんですか?

面接官にこう尋ねられて、「職場の人間関係に疲れました、お給料が低すぎて耐えられません、毎日定時で帰りたいんです」、なんて、とても言えない・・・。

ウソでも、「御社で働くのが夢だったんです、自分の可能性をもっと試したいんです」などと、ポジティブな理由をアピールしますよね。

 

面接官だって、はじめから分かっている。
ポジティブな理由だけで、転職する人が少ないことくらいは・・・。

それでも、ポジティブな理由を見つけられる人が評価されます。

 

「あなたはなぜ、結婚したいのですか?」

結婚するのが当たり前の時代は過ぎ去りました。
ひとりでも十分に幸せでいられる社会環境は整いつつあるんです。

だからこそ、もしもあなたが本当に結婚したいなら、「結婚したい理由」をはっきりさせておいたほうがいいでしょう。

でないと、義務や不安だけで結婚して、後でつらくなるだけですから。

 

結婚は義務?それとも憧れ?

あなたにもポジティブな理由と、ネガティブな理由があるはずです。

もしかしたら、ネガティブな理由のほうが多くてガッカリ・・・なんて人もいるかもしれませんね。

でも、そのこと自体は気にしないでください。

年齢からくる焦り、取り残されていく不安。
若いころは結婚したい♪だったのに、だんだんと、結婚しなきゃ・・・になっていく。

それは自然なことで、みんな同じですから。

 

まずは、自分が「結婚すべき」「結婚しなきゃ」という義務感で、心がいっぱいになっていないかに注意しましょう。

義務感でいっぱいだと、不安だし、心配だし、恋愛や婚活が楽しくなくなってしまいます。

楽しくなければ当然、出会ってもデートをしても、うまくいきづらい。
結婚の焦りが垣間見えてしまったら、相手にとっては重い。

結婚を引き寄せにくくなってしまいますから。

 

あなたの夢や憧れをイメージしよう

ひとりじゃさみしいから、老後が不安だから、親が結婚しろってうるさいから。
結婚したい理由はひとそれぞれですし、正解も不正解もありません。

ただ、これが採用の場で、あなたが面接官だったら、ネガティブな理由だけを言う人材に魅力を感じるでしょうか?一緒に働きたいと思いますか?

この人と一緒に生きてきたい、そう思ってもらうには、もっとワクワクするような、夢や憧れを見せたほうが有利になります。

 

たとえば、誰かと幸せを分かちあいたい、家に帰ったら、ただいま!と言えたり、おかえり!と返してあげられる、そんな喜びを味わいたいとか。

いつかはチャーミーグリーンのような夫婦になりたい、とか。

 

チャーミーグリーンって、知ってます?
ライオンのキッチン洗剤ですね。

昔はこのCMが人気で、多くの独身男女がいつかは、「結婚したら、チャーミーグリーンのようになりたい」と憧れたものです。

 

 

老夫婦が手をつないで、街中で楽しそうに踊る、というほほえましいCM。

こういう老夫婦が実際にいるかどうかはともかく、こういう姿に憧れるって、ステキだと思います。

「ひとりの老後は不安だから・・・」よりも、「仲むつまじく老後を過ごせるパートナーが欲しい」のほうがずっとポジティブ。

 

ポジティブな理由が、幸せな結婚を引き寄せる

人間って、2つの理由からしか行動しません。

不快や不満から、逃れるため」か、「快楽や喜びを、得るため」か。

 

ネガティブな理由は、行動するうえで大きな原動力になります。
誰だって、つらい状況から一刻もはやく抜けだしたい。

けれど、そればかりでは婚活はうまくいきません。
本音ばかりが透けてみえて、相手にガッカリされてしまいます。

 

「あなたはなぜ、結婚したいのですか?」

どうかポジティブな「結婚したい理由」をみつけてくださいね。
そして、育んでいきましょう。

結婚生活に夢や憧れがあると、心から積極的になれるし、結婚したら楽しいだろうな~と感じさせる人、にもなれる。

なにより、そのポジティブな理由が「幸せな結婚」を引き寄せる磁石になりますから。

 

Copyright© 2019 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.