お金と愛の引き寄せコーチング

起業・副業・フリーランスが「豊かさマインド」で、お金と愛に満たされる方法

なぜ、人生を変えるのは「メンドクサイ」か?

f:id:kidism:20190408151828j:plain

こんにちは、小島です!

私は去年より、スッキリした心持ちで新年をスタートさせています。
なぜならば、・・・昨年末にホクロを取ったから^^


ほっぺたに、大きいやつがあったんですね。
年々、少しずつ大きくなってきて、写真で横顔が写ると、嫌になるほど目立ってしまって。

自分では気にしていないつもりでも、妻から「取ったらどう?」と勧められました。
かゆくなっていて、ホクロをよく触っていたようです。

意を決して除去してもらったら、いや~、本当にスッキリしましたよ。
もっと早く行けばよかったな。

 

でも・・・、病院に行くと決めてから、実際に行くまでには、けっこうタイムラグがあったんです。

気になりはじめてから数か月ほど、腰が重くてなかなか動きだせなかった。
診療の予約を入れるのがもう面倒くさくて。

この「メンドクサイ」という気持ち、じつは心の中の「無意識の抵抗」なんです。

 

変わりたいけど、変わりたくない

クライアントさんとコーチングセッションしていると、この「メンドクサイ」という言葉をよく聞くことがあります。

人生を変えるためにお金を払い、相談に来ているのに、アドバイスを受けると、「メンドクサイ・・・」という気持ちがわき出てしまう。

たしかにそういう気持ちは分かるんですよ。
ホクロを取るのも、自分のココロと向き合うのも、けっして楽しい作業ではないですから。

できれば直視せず、気にしないふりをしていたほうがラク。

 

それにそもそも、

人って基本的には「変わりたくない」生き物なんです。


いえ、頭では「変わりたい」けれど、心の奥底では「変わりたくない」ってじたばたしてしまう。

潜在意識は「明日が今日と同じである」ことをいつも望んでいますからね。



私がホクロを取るのをメンドクサク感じていたのは、自分が変わってしまうのが怖いと、思っていたせいかもしれません。

大きなホクロなんてないほうがいいって頭では分かっている。
けれど、それでもなんだか・・・、

馴染みのある自分ではなくなることに、理屈に合わない違和感を感じていた気がするんです。

 

自分の存在にダメ出しされたくない

また、何より大きかった心の抵抗感がこれ。

診察されるのが怖い。


まだ中学生の頃に、近眼でコンタクトレンズを作りに行ったことがありました。
母親に連れられて、横浜の大きな眼科医のところへ。

検眼してもらったら、白衣を着た若い男性にこう言われてしまった。
「ひっでぇ、目だな。」

今にして思えば、完全にハラスメントですが、まだ子どもでしたからね、母にも言えず、ただただ、傷つくばかりで。


目を悪くしたのはゲームのしすぎとか、いろいろ自分に原因はあったでしょう。たしかに、自業自得。

でも、目が悪いことで自分の存在を否定されたような気がして、ものすごく悲しかったのを今でも覚えています。

 

大きなホクロを抱えて病院に診療に行ったら、「でっけぇホクロだな」、そう言われそうな気がして怖かった。

自分の存在にダメ出しされるのでは?と勝手に思い込んで、いい大人が少し怖がっていたのかもしれませんね。

 

メンタルブロックが悩みを作る

私たちはいろんな悩みを抱えながら、日々を生きています。
みんな頑張って一生懸命に生きている。

そして、その悩みを作り出しているのは「勝手な思い込み」であることが多い。

そうした人生の妨げになっているネガティブな思い込みを、「メンタルブロック」と言います。


たとえば、

「お金は悪いもの」

「お金を持つとトラブルになる」

「人は私を無条件で愛してくれない」

「私の本心には価値がない」

「誰も本気で相手にしてくれない」

などなど・・・。

人は考え方や感じ方のクセに応じて、無意識に選択し、日々、行動しています。

そういったメンタルブロックって、自分で確かに作り上げたものもあるけれど、その大半は環境や体験によるところが大きく、そもそも自分のせいじゃない。

自分のせいじゃないけれど、自分で解決しなきゃいけない・・・という理不尽さは、メンタルブロックの厄介なところです。

 

ホクロと何だか似てるなって私は思うんですよね。
ホクロって気を付けようがないのになって。

たしかに紫外線を避けたり、クリームを塗って予防したり、いろいろできるだろうけど、体質の影響が大きいですしね。


ホクロのある自分を病院で責められるような気がしたのは、メンタルブロックを抱えた自分を人から非難されたら・・・って感じるのと、少し似ているかもしれません。

本当はどちらもただの症状で、その人の本質や価値とは無関係。


そう思って病院に行ったら、当然ですが、罵倒されることはなく、淡々と治療してもらえて、虫歯治療のごとく処置してもらえました^^

 

f:id:kidism:20190408151926j:plain

もちろん、メンタルブロックはなかなかそう簡単に行きませんし、時間がかかることも多い。

それでも、「自分がどんな思いグセに縛られて、不自由な人生を生きているか?」と自問してから、こう想像してみてください。

そのブロックを取り去ったあとに、どんな清々しい日々が待っているか?


もしかしたら、人生を変えるうえでの邪魔者、「メンドクサイ」という抵抗感がやわらぐかもしれませんよ。

 

あなたが新しい一歩を踏み出すために

デービッド・アトキンソンという日本通の英国人アナリストによると、「日本というのは変わりたくない文化」だそうです。

老舗で古くから続く企業の数が世界一なんですね。
当然、国民ひとりひとりもその傾向が強いということ。

私にも心当たりがありますし、だからこそ、より良く変わっていくことを楽しみたい、そう意識的に心掛けています。

 

2019年ははじまったばかり。
ですが、平成はあと三ケ月ちょい。

過ぎゆく時代にさよならするのは少しさびしいけれど、新しい時代の幕開けにドキドキしている自分もいます。

終わりがあって、始まりがある。

あなたが新しい一歩を踏み出すために、ケリをつけておきたいことはありますか?

「ああ、スッキリした~」と言って、新しい時代に乗り出していきたいものですね。

 

Copyright© 2019 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.