お金と愛の引き寄せコーチング

起業・副業・キャリア女子が「本当の自分」で、お金と愛に満たされる方法

「好きが分からない」からの脱却

f:id:kidism:20151113092253j:plain

こんにちは、小島です!

恥ずかしい話をひとつ。
アラフォー独身時代、酒に酔った勢いで、つい「なぜ、自分はまだ、結婚していないのか?」について、友人たちに力説したことがあるんです。

好みの異性に出会えないだとか、仕事が忙しくて余裕がないだとか。


そうしたら、年下の既婚男子からキツーイひと言。

う~ん、あれこれ考えすぎですよ。笑

イラっとしました。でも、図星でした。

私は考えて、考えるばかりで、「好きが分からない」人だったんです。

 

好きが分からない

みなさんはどうですか?

好きな人ができない・・・」という人がいます。
好きな仕事が見つからない・・・」という人もいます。

そもそも、「好き」という気持ちが分からない・・・。

「好き」って、いったい何なんでしょうね?

ざくっと表現すれば、その人やそのコトを考えて、ときめいたり、ワクワクするか?だと思うんですが・・・、

考えすぎると、その「好き」が分からなくなります。

「思考」が「感情」を上回って、損得ばかりになってしまうから・・・。

 

損か、得か」 これって私たちにはおなじみの、判断基準ですよね。
仕事はもちろんのこと、結婚や恋愛にだって、「損か得か」が顔をのぞかせる。

けれど、損得だけだと、むなしいんです。
むなしくなって、モチベーションが落ちる。

だってそれだけじゃ、仕事も恋もつまらないから。

 

あなたの毎日には、「トキメキ」がありますか?

好き=トキメキ

最近ときめいてないな~。
30歳を過ぎると、そんな人が増えていくような気がします。

トキメキと言って私が真っ先に思い出すのが、片づけコンサルタントの近藤麻理恵(こんまり)さん。

「トキメキ」という言葉を、海外にまで広めてしまったすごい女性ですよね。

英語の翻訳版では、ときめきを、スパーク・ジョイ(spark joy)と訳しているそう。
喜びをスパークさせる?なんだか、すごそうです。

こんまりさんは、部屋の片づけ方を教えてくれる人ですが、片づけるための基準が、その「トキメキ」。

物を捨てるかどうかは、「トキメキ」を基準にして判断します。
必要か不要か、損か得か、を基準にはしない。

ときめくか、ときめかないか。

 

なーんだ、トキメキで判断するなら、簡単じゃんって思いますよね。

でも、実際は「ときめくって、何?」「どんな感じがときめき?」、つまり、好きかどうかが分からなくて、悩む人も多いそうです。

 

「考えるな!感じろ!」の実践エクササイズ

いつも、損得だけで物事を判断するクセがついていると、「好きが分からない」人になります。

人間、使っていない機能や能力は衰えてしまうから。

けれど、ときめきを頼りにして、物事を選び取っていくクセを取り戻せば、思わぬ偶然や必然を引き寄せやすくなりますよ。

仕事でも恋愛でも、あなたの「好きな人や仕事」を引き寄せやすくなる。

 

偉大な格闘家でハリウッドスターのブルース・リー、彼のもっとも有名な言葉をご存知ですか?

Don’t Think. Feel!(考えるな、感じろ)

 

このトキメキで片づける、というのは「考えずに感じるため」のいいエクササイズなんですよ。

f:id:kidism:20151021150831j:plain

たとえば・・・、クローゼットの洋服を片づけて、「トキメキ」センサーを磨いてみてはどうでしょう?

今、家のクローゼットにあるたくさんの洋服たち。
そのすべてが必要な服ばかりじゃないですよね?

もう着ない服や、思ったほど気に入ってない服もたくさんあるはず。

 

ひとつひとつ、洋服を手に取って、「ときめくか、ときめかないか?」そう問いかけながら、残すか?捨てるか?を判断していきましょう。

考えずに、ぱっぱとできるようになったら、トキメキセンサーの感度が上がってきた証拠です。

 

「好き」を感じて、恋も仕事も引き寄せる

けれどもし、いつか着るかもしれない、せっかく買った、高かったのに、もったいない。

そう感じることが多いとしたら、頭で「損得」を考えすぎて、心で「好き」を感じられていない、ということかもしれません。

そういう時はたぶん、好きな人や、好きな仕事が分からなくなっている。
何が好きか分からなけれ、好きな人はもちろん、モノやコトだって引き寄せられません。

 

「トキメキ」のセンサーを磨くと、人生のあらゆる場面で活かせるようになります。

考えなくても、この人が「好き」と分かるようになる。
考えなくても、この仕事が「好き」!とひらめくようになる。

 

長年、使っていなかった力でも、少しずつ練習すれば取り戻せます。
だって子どもの頃はみんな、トキメキながら暮らしていたんですから。

「好きが分からない」からの脱却。
今よりもっともっと、毎日がキラキラしますよ^^

 

Copyright© 2019 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.