愛とお金の引き寄せコーチング

ありのままでプレミアムな未来を現実化する方法

過去を変えると、未来は別次元になる

f:id:kidism:20211022122742j:plain

こんにちは、小島です!

過去を変えたい!」そう思うことはありますか?

あんなことが起きていなかったら、今頃はきっと・・・とか。
あれが成功していたら、もっと幸せになっていたのに、など。

私たちはこうした【過去】にもとづいて、【私の未来】を無意識にイメージします。

「これまでこうだったから、これからもこうだろう・・・」と。

 

そのイメージが過去の延長線であるうちは、同じような現実を何度も引き寄せる。

もし、未来をガラッと変えたければ・・・、オススメは「過去変える」こと。

 

過去と記憶の不思議な仕組み

 

過去を変えると、未来が変わる。
これは真実です。

でも、そもそも過去って変えられるの?

ここを理解するには、記憶にまつわる、不思議な仕組みを知る必要があります。

 

・・・

 

先日、ある本に、「過去の印象的な誕生日エピソードを書き出そう!」というワークが掲載されていました。

ふつう、誕生日ってうれしい思い出が多い。

エピソードを振り返れば、家族や周りからいかに祝福され、愛されていたかに気づくきっかけになります。

感謝の気持ちや、自己肯定感も上がりそうですよね。

 

なので、私もやってみました^^
リストアップしたのは、小学生時代の誕生日。

当日、風邪で寝込む私のために、仕事を早帰りした父がゲーム機を買ってきてくれた、という思い出。

黄色くて、二等辺三角形の形をした、縦20センチほどの液晶ゲーム。
うれしかったな~、鮮明にその光景が浮かんでくる。

無骨な父が買ってきてくれた、という思いがあって余計に。

 

にもかかわらず・・・、この記憶には、間違いがありました。

 

今、ネットで調べると、過去に発売されたゲーム機の写真とか分かるんですね。

それで懐かしくなって、思い出のゲーム機について調べてみたら・・・、なんだか違ったんです。

液晶画面とか、操作ボタンの形とか、いろいろ思ってたのと違う。

 

大切に抱えてきた記憶と、確認できる事実にズレがある。

こういうのを「過誤記憶」と言います。

じつは、記憶って歪むんですよ。

 

あなたの過去は本物か?

 

わたしの記憶も、あなたの記憶も、思い出すたびに歪んでいきます。
事実から少しずつズレていく。

ポイントは、「思い出すたびに」です。

ある光景を思い浮かべたり、言葉で語るたびに、ディテールがぼやけたり、他の記憶とごちゃまぜになるからですね。

 

誰かがあなたに何かを言い、しかも自信を持って言ったとしても、細部までくわしく話したとしても、感情もあらわに話したとしても、それが本当に起こったこととは限らない。

(記憶科学の研究者 ジュリア・ショウ)

 

過去の素敵な思い出や、そして、つらかったり、悲しかった記憶たちも、今こうして思い出すたびに、事実とズレていく可能性がある。

 

私たちの記憶は、歪みます。

喜んだり、悲しんだり、・・・そうした思い出の一つひとつが、実際に起きたこととは形や印象が変わっているかもしれない。

 

あなたのその過去は、本物ですか?

 

f:id:kidism:20211022122802j:plain

 

記憶の歪みがもたらすもの

 

冒頭でこうお伝えしました。
人は「過去」にもとづいて、「未来」を無意識にイメージする

かりに、失恋や仕事の失敗、試験の挫折、親や友だちとの確執といった嫌な記憶があったとしますね。

 

すると、思い出すたびに、つらい気持ちになる。
思い出すたびに、事実からズレて、歪み、・・・過度に深刻さを感じてしまうこともある。

 

記憶が不快に歪むほど、私たちは自信を失い、また同じことが起きたら・・・と不安になります。

 

「どうせ幸せになれない」
「無理かもしれない」
「二度と傷つきたいくない」

だって、
「あんなことがあったのだから・・・」

 

こんな思いが潜在意識にこびりつき、本来あるべき、最高の未来を疑せます。
幸せな恋愛や結婚、仕事の成功や充実を望んでも、暗い影を落とすかも。

過去への思いが、ネガティブな現実を引き寄せる心理的磁石になるからです。

 

何だか怖いですよね・・・。

 

でも、記憶は歪むという性質には、メリットもあるんですよ。

記憶は固定しない、やわらかさがあるのなら、イヤな思い出をポジティブに歪めることもできる。

 

 

未来は別次元になる

 

あなたには変えたい過去がありますか?

その記憶は「実際に起きたとおり」でしょうか?

 

実際、過去をちゃんと客観的に検証してみたら、「本人が思っていたほど大したことじゃなかった」というケースがよくありますので。

 

記憶の歪みを正す、もしくは、好意的に解釈しなおすと、過去から自由になれます。

思い出しても穏やかでいられるようになる。

過去へのわずらわしさが消えると、未来が過去の延長線から外れます。
未来が別次元になる。

 

あなたの可能性を妨げる思い出は何でしょう?

過去は変えられませんが、記憶は変えられます。

 

もし記憶が変われば・・・、
今より自由で、のびのびと、人生の創造がはじまるんですよ。

 

Copyright© 2021 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.