お金と愛の引き寄せコーチング

起業・副業・フリーランスが、お金も愛もある「豊かな人生」を手に入れるためのココロの秘密。

その「思い込み」が、あなたの幸せを妨げる。

f:id:kidism:20160104153036j:plain

こんにちは!お金と愛のライフコーチ、小島です。

毎日、なんとなく不自由さや窮屈さを感じませんか?
ぼんやりとした生きづらさの奥に、どんな原因があるのか、あなたは気づいているでしょうか?

私たちの人生は想像以上に、「思い込み」から影響を受けています。


「思い込み」というのは、「考え方や感じ方のクセ」のこと。
たとえば、日本や欧米社会には「男は人前で泣いてはいけない」という共通の思い込みがある。

失恋して友だちの前で泣く女性はかわいくても、これが男性なら眉をひそめます。
涙と弱さが関連づけられ、人目をはばからず号泣できる男性は珍しい。


子どものような自由や気楽さを無意識に押しとどめてしまうのが、私たち一人ひとりの思い込みです。

こうした普段は気づかない「思い込み」が、じつはあなたのお金や愛の現実にも大きく影響しているんですよ。

 

思い込みは7歳頃までに作られる

思い込みのほとんどは、幼少期に作られます。

ちょっと小難しい話になりますが、6~7歳頃までの脳波はデルタ波・シータ波で、いわゆる催眠にかかりやすい状態なんですね。

つまり、家庭や学校などで見聞きした情報は手当たりしだい、無意識下にダウンロード。
取りこんだ情報は大人になった今でも、心の奥底、潜在意識に保管されたままで、私たちの行動や選択に影響を及ぼしつづけています。


その思い込みに、たいていの人は気づくことができません。
なぜなら、PCやスマホにダウンロードした「プログラム」のようなものだから。

私たちが気づけるのは、いつも「人生に表示された結果」だけです。
もしも人生を好転させたければ、「結果」ではなく、「プログラム」をいじって改善しなければなりません。


私たちが今、「体験している現実」の多くは、幼少期にどんな「思い込み」をダウンロードしたかに影響されています。

 

あなたにはどんな思い込みがあるでしょうか?

あくまでもごく一例ですが、ここに「愛、お金、仕事」に関する「ネガティブな思い込み」の例を10個あげました。

まずは自分の思い込みに当たりを付けてみましょう。

● 頑張って働かないと、十分に稼げない。
● 愛か、お金か、両方は得られない。
● お金を稼ぐことと、自由な時間は両立しない。
● 仕事のためには、何かを犠牲にしなければならない。
● 期待に応えないと、私は必要とされなくなる。
● 忙しい人には価値がある。
● 働くうえで女は損だ。
● 働くことと、母親であることは両立できない。
● 愛される価値がない。
● 人の価値は、年収や資産とイコールだ。

・・・


心当たりのある思い込みはありましたか?
気づくことが人生に変容をもたらす第一歩です。

 

「思い込み」は1個だけじゃない

上記のたった10個の例だけ見ても、複数の心当たりがあったかもしれません。
私たちが抱えている思い込みって、1個だけじゃないんですよね。

そうした思い込みは多種多様で、しかも、軽度のものだったり、重いものだったり、表面的なものだったり、根源的なものだったりします。

ちょっとこちらの写真をご覧ください。

 

f:id:kidism:20150317104256j:plain


たとえば、ある男性がこういう思い込みを持っていたとしましょう。

「お金が大好き」「お金は入ったと思ったら出ていく」「頑張らないとお金は稼げない」「人の価値はお金で決まる」

これらの思い込みは、ブドウの実のように寄り集まっています。

 

ブドウには「軸」が通っていますよね。
たくさんの「実」は、一本の「軸」にくっつている。

思い込みも同じような仕組みになっています。
たくさんの「思い込み」は、ひとつの「本質的な思い込み」にくっつている。

 

「お金が大好き」「お金は入ったと思ったら出ていく」「頑張らないとお金は稼げない」「人の価値はお金で決まる」・・・

一人の人間がお金について、こうした複数の思い込みを抱えていることはよくあります。ですがこれらの思い込みはバラバラにできたものではない。

先ほどの例で言うと、いろいろある思い込みの奥に、「私は存在価値をお金で証明するしかない」と根源的に誤って信じている可能性があるかもしれないんですね。

もしも「お金で存在価値を証明しなくてもいい」と思えたら・・・、この男性がどれほどお金から自由でラクに生きられるか、たやすく想像できるのではないでしょうか。

 

理屈っぽくなりましたが、つまりはこういうことです。

本質的な思い込みを解消すれば、付随している表面的な思い込みも一気に改善できる。


思い込みの「実」はたくさんあっても、「軸」になっているものはそう多くありません。
的を絞って解消すると、お金であれ、愛であれ、効率的に引き寄せいやすい心理状態を作りだせるんですよ。

そう考えたら、厄介な「思い込み」にも取り組む元気が出てくるのではないでしょうか?

 

ヒントは「頭の中のおしゃべり」にあり

自分がどんな思い込みを抱えているか?

そこを明らかにするためには、心のうちの本心と正直に向き合わなければなりません。ただ、それが一人ではなかなか難しいことも事実なんですよね。

まずは思い込みに気づく手始めとして、こんな質問を自らに問いかけてみてはいかがでしょう。

この状況が誰のせいでもないとしたら、私はどんな思い込みにしばられているんだろう?


もし、自分の心に意識を向ける習慣があれば、こうした質問だけでも思い込みを発見できるでしょう。

また、外側の世界に対する意識が強く、内面に意識を向けるのに不慣れな場合は、「頭の中のおしゃべり」に気づくことから始めてみましょう。

 

f:id:kidism:20140514141507j:plain

「頭の中のおしゃべり」とは、私たちが無意識に、無言で繰り返している頭の中の自問自答です。

たとえば、日曜日の夜には多くの人が、頭の中でこんなおしゃべりをしています。「あ~、もう休日が終わっちゃう。明日からまた仕事か。今週忙しいし、早く土曜日が来ないかな~」。

こうした声に出さない「頭の中のおしゃべり」に、思い込みのヒントが隠れています。

一説によると、人は1日に2万回以上もこうした思考を繰り返していると言われます。とくに何度も繰り返されるネガティブな自問自答には、ネガティブな思い込みが関わっている可能性が高いんですよ。


思い込みに気づくと、人生が変わる

思い込みを変化させる第一歩は、「自分の思い込みに気づく」ことです。

いま、わたしは何を考えているのか、何を感じているのか。

思い込みを一つずつ見つけていってください。
じつは気づくだけでも、変化は始まります。


「思い込み」を変えると、「行動」が変わり、「結果」が変わる。

思い込みの発見と変容こそ、私たちが幸せを引き寄せるカギなんですよ。

 

※自分の「思い込み」について知りたい方は、こちらの記事「お金・恋愛・結婚を遠ざける、40のメンタルブロックとは?」もお役に立ちますよ。 

 

Copyright© 2018 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.