愛とお金の引き寄せコーチング

ありのままでプレミアムな未来を現実化する方法

毎日7分半、運を引き寄せる3つの習慣

f:id:kidism:20190801145817j:plain

引き寄せると、人生はラクに進みます。

 

こんにちは、小島です!

恋愛運、金運、仕事運・・・、運にもいろいろありますが、
人それぞれに「私は○○の運がいい」と思っていたり、逆のことを感じていたりするものです。

けれどそもそも、運の良し悪しには、その人の思い込みが影響しています。
「私は運がいい」と信じれば、根拠などなくとも運を引き寄せる。

毎日がもっとスムーズに進みますよ。

そこで今日は「私は運がいい」と思えるようになる、簡単な3つの習慣を紹介しますね。

 

その1『感謝の効用』

 

感謝するほど、運は引き寄せられます。

理由は二つ。

まず、他人との関わりが良くなるから。

ほとんどの運には、他人が関わっています。
この世界に一人ぼっちなら、恋愛もお金もありません。

その他人との関わりをよくするのが、「感謝」。

 

耳にタコかもしれませんが・・・
人に感謝を伝える、ありがとうと言うほど、運を引き寄せます。

誰だって感謝されたいし、感謝してくれる人に好意を持ちますからね。

 

そして、感謝が運を引き寄せる二つ目の理由。

ありがとうと言うほど、「私は運がいい」という思いが強化されるから。

ありがたいことが起きていなくても、感謝の言葉を口にすると、ありがたいことを脳が見つけるようになります。

たとえば、1日に100回唱えるなら、1分半もかかりません。
それだけで脳がありがたいこと、つまり、「運のいい証拠」を探しはじめます。

 

その2『環境の力』

 

忙しいときや、ツイてないとき、部屋がどんどん汚くなっていく・・・。
こんな経験ありませんか?

心が乱れていると、周りの環境も乱れます。
これは逆もまた然り。

私たちはどんな場所にいるかで、心のあり様も変化する。

 

たとえば、ホテルの豪奢なエントランスに足を踏み入れるだけで、心が華やいだり、身の引き締まる思いがわいたりとか。

一方で、鉄道の高架下のような薄暗いところを通るときは、ぞくっとして身がすくんだり。

 

人間は「環境」によって、気分がアップダウンし、引き寄せる運にも影響します。

 

汚い場所に慣れてしまうと、「私は汚さや乱れにふさわしい」という思いが強化され・・・、その思いと呼応してトラブルなどを引き寄せます。

 

とくに、一日のなかで長く、頻繁に過ごす場所はキレイに保ちましょう。

仕事机の上とか、リビングのソファー周り、テーブルの上、キッチンとか。

潜在意識が影響を受けやすい、もっとも視界に入るスペースから、3分間でささっと整えてくださいね。

「キレイな空間にふさわしい私」へと意識が変わると、恋でも仕事でも、うれしい体験が増えていきます。

 

f:id:kidism:20190801145847j:plain

 

その3『いいこと日記』

 

私たちは無意識に、ネガティブな情報に気を取られます。
危険を察知して、避けるための生存本能ゆえ。

でも、仕方がないと放っておけば、過去や今日一日を振り返っても、ネガティブなことを頻繁に思い出す。

それをくり返すうちに、「私は運が悪い」という思いが強化されてしまうんですね。

 

そこで、毎晩、一日の終わりに、「今日、よかったこと」を3つ書きましょう。

仕事がはかどった、大好きなあの人としゃべった、ランチをご馳走になったなど、ささいなことをそれぞれ一行で構いません。

毎日3分ほど、考えすぎず、ノートや手帳、スマホのテキストアプリなどにささっとメモする。

続けていくと、脳が「悪いこと」ではなく、「いいこと」にフォーカスするクセがつきます。

 

「今日も運がいい」という思いを強化できますので。

 

f:id:kidism:20220216152602p:plain

 

今日から運を引き寄せよう!

 

  1. 感謝する
  2. 掃除する
  3. いいこと日記を書く

 

じつは運を引き寄せるためにできることって、いっぱいあります。
でも、たくさん紹介しても「いい話、聞いた~」で終わったらもったいない。

ここでは、スピリチュアルに詳しくない人でも、簡単に取りくめる習慣を3つだけピックアップしました。

どれも今日からできて、しかも確実に運を高めてくれるものばかりですよ。

 

運を味方につければ、毎日が楽しくなります。
「私は運がいい」と信じるほど、どんどん運を引き寄せはじめる。

3つすべてやっても、毎日7分半でできます。
もちろん、一つでもいいのでピンと来たものから始めてみましょう。

 

Copyright© 2022 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.