お金と愛の引き寄せコーチング

ライフステージが上がる!自己価値感を高めて、プレミアムな現実を引き寄せる秘密

占いに振り回される人、引き寄せに活かす人

f:id:kidism:20200108173108j:plain

こんにちは!小島です。

2020年がはじまりましたね。
初詣には行きましたか?そして、「おみくじ」を引いたでしょうか?

じつは先日、クライアントさんからこんな質問が届きました。

「今年の占いがあまりよくなくて、なんだか不安なんです。
 やる気もなくなってきました。どうしたらいいですか?」

 

たしかに・・・、気持ちも新たに始まった年始早々、願い事叶わず、待ち人来ず、今年は気をつけましょう!みたいな占いを突きつけられたら、気分がげんなりしますよね。

何が起こるんだろうって不安になるし、どうせがんばっても、いい結果を引き寄せられないよね・・・って、仕事や恋など、いろいろ意欲も失われてしまいます。

 

 

占いと事実の違い

じつは今、私の手元には2018~2020までについて書かれた、一冊の「星占い本」があります。

女性に人気の占い師さんらしく、妻が好きで一年前に私の分も買ってくれたんですね。

それであらためて2019年の占いを読み返してみたんですが・・・、これがまるで当たってないんですよ^^

 

本の内容自体はポジティブで、気持ちをグッと上げてくれる良いものです。
いい思い込みを潜在意識に刷り込むのにとても役に立ちそう。

人の心には自己予言成就という性質があり、自分でこうだと思ったり、人からこうだと言われたりしたことを、無意識に実現しようとする働きがありますから。

 

ただ、事実だけを振りかえって検証してみると、私の場合は当たっていませんでした。

 

占いに振り回され、不安になっていませんか?

占いを信じるかどうかは人それぞれだと思います。
ただ、もし、占いの結果ゆえに不安になったり、やる気がなくなっている人がいたなら、一度、過去の占いと実際の現象を振りかえって検証してみるといいでしょう。

 

過去10年も振りかえれば、「悪い」と占われた年ばかりでなく、今年は飛躍のチャンスだとか、いい出会いに恵まれるなど、「すごく良い」と占われていた年もあったはず。

それで実際に引き寄せていたのか、紙に書いてみるのがおすすめです。

 

べつに占いを否定しているわけじゃないので、どうか誤解なきように。
人を幸せに導く力のある占い師さんはたくさんいます。

私も星占いの本を読んでワクワクしたり、神社でおみくじを引いたりして、占いを楽しみ、意識して活かしています^^

 

ちなみに、今年のおみくじは、小吉。
でも、2020年は小吉止まりだと決めつけたら、もったいないですよね。

 

f:id:kidism:20200108173122j:plain

 

占いを引き寄せに活かす

先日、妻がおみくじで末吉を引いたんです。

そうしたら昨日、トイレの便器にスマホを落としてしまい、「末吉だからだ・・・」と何度も嘆いていました。

良くないことがあるかもと思っていると、実際にそうなりやすいですし、実際に起きたら、ほら、やっぱりね・・・となって、どんどん負のスパイラルにはまってしまうものなんです。

 

これまで、気持ちのありよう次第で引き寄せる現実が変わるのを、嫌と言うほど見てきました。 

ですから、私は占いの門外漢ですが、

占いは信じるのではなく、「いい思い込み」を持つために都合よく活用するものと、個人的には位置づけています。

今年はいい事あるなと期待すれば、行動がポジティブになって、現実化しやすくなる。
逆もまた然りなので、良くない占いはスルーします。

 

昔、3年連続で凶を引いたことがありますけど、幸せなことをたくさん引き寄せましたし、今も元気に生きていますよ^^

 

事実を知り、気分が変わり、現実も変わる

 

内面の現実が、外側の現実に影響する。

心のありよう次第で、体験する現実は変わる。

このほうが、私にとっては占いを妄信するよりは価値があると思っています。

 

もし、占いやおみくじの結果に振り回されているなと感じたら、まずは、過去を思い返してみて、本当に占いが当たっていたのか・・・、自分と家族を含めて、ざくっとでもいいので検証してみてくださいね^^

 

事実を知るだけで、気分が変わります。
気分が変われば、行動が変わり、好ましい現実を引き寄せやすくなりますから。

 

Copyright© 2020 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.