愛とお金の引き寄せコーチング

ありのままでプレミアムな未来を現実化する方法

引き寄せは、常に「いい気分」じゃなくてOK

f:id:kidism:20210907180009j:plain

いい気分でいると、引き寄せが起きやすくなります。

 

こんにちは、小島です!

いい気分というのは、ギラギラと高揚しているというより、心地よく、リラックスしている状態。

こういうときは、素敵な人と出会ったり、職場で評価が上がったりで、うれしい現実を引き寄せやすい。

 

でも・・・、いつも「いい気分」でいるのって大変。
毎日いろんなことが起きて、良かったり、悪かったり、気分がアップダウンしますから。

「いい気分で、いい事を引き寄せたい」けど、「気分がなかなか定まらない」。

こんな時は一つのポイントに気をつけておくと、いい波に乗れます。

 

理由もなく、ふさぎこむことありますよね?

 

人は理由もなく、ブルーな気分になるものです。
それが季節的なものやお天気、はたまた昔の思い出だったり。

ある女性がこんな告白をしてくれました。
毎年、初秋になると、昔、聴いていた失恋ソングを聴きたくなると。

 

人それぞれ、これまでの人生体験から、潜在意識下にさまざまな「痛み」を貯めこんでいます。

怒り、悲しみ、悔しさ、むなしさ、さびしさ・・・、「心理的な痛み」ですね。

 

これらは本来、その都度、味わいきっていれば解消するもの。
でも、そうできなかったものは、意識の奥底に貼りつき、何かのきっかけでふいに目を覚まします。

 

たとえば、その痛みを被ったのとよく似た状況になった時や、女性なら生理のとき、また、こうした季節の変わり目も、過去の痛みがうずくきっかけに。

 

気分には揺らぎがある

 

人は年がら年中、いい気分ではいられません。
まずはここが大前提ですので、不安定な自分を責めないでくださいね。


上がったり、下がったり、気分には波がある。
もちろん、体調にも波があり、それはバイオリズム。

 

「ああ、最近、よく分からんけど気分が落ちやすいな・・・」

そんな気分の波を感じたら、今はそういう時期なのだと静観する。
心の状態が上がってくるのをゆっくり待ちましょう。

いつもがんばって、いい気分でなくともOKなので。

 

ときには、いつも元気で明るい、前向きな人に出会うこともあるかも。
でも、ムリにそう振る舞っているだけかもしれないし。

 

がんばってポジティブを装うほど、あとで歪みが生まれます。
押しこめていた「心の痛み」が暴発してしまう。

 

そもそも、この移り変わりのある世界で、ポジティブという一つの固定した状況でいること自体、ムリがあるんですから。

私たちの心には揺らぎがあっていい。

いい気分の自分も、ふさぎこんでいる自分も、やさしく包み込んであげてください。
どんな自分であっても、あなたの本質は輝きを放っています。

 

f:id:kidism:20210907180046j:plain

 

いい気分でない時の引き寄せ的注意点

 

では、いつもいい気分でいるのは難しいという前提を踏まえて・・・、悪い波にはまらず、いい流れを引き寄せるにはどうしたらいいのでしょう?

 

たとえば、

  • 目の前のことを深刻に受けとめない。
  • 時とともに状況は流れゆく。
  • 明けない夜はないと知る。

 

・・・

 

いろいろありますが、とくに実生活で注意したいのは、不安や焦りに駆られて、不用意な選択をしないことです。

 

人間、ふさぎこんでいると、裏目、裏目の選択をしがち。

気持ちをアゲるために、買った何かとか、出会った人とか・・・。
そういう選択って、あまりいい結果にならないんですよね。

一時的には良さげでも。

 

もちろん、人生を俯瞰で眺めれば、誤った選択というものは存在しません。

人間万事塞翁が馬。
今、誤りに見えるものが、後で幸いだったと気づくこともある。

ただ・・・、わざわざ遠回りする必要もない。

 

f:id:kidism:20211215095838p:plain

 

引き寄せは、常に「いい気分」じゃなくていい

 

できるだけ、波に乗ってスムーズに、愛や豊かさを引き寄せたい。

そう望むなら、大事な選択は「いい気分」のときにしましょう。
引き寄せはふさぎこんでいる時ではなく、リラックスしている時に起きるから。

 

いい気分でリラックスしている時は、波長が上がっています。
波長が上がっている時の選択は、いい人や出来事とつながりやすい。

 

これは自分で実験してみると、理解が早いですよ。

いい気分のときに決めたこと。
よくない気分のときに決めたこと。

その二つがどんな結果の違いを生んでいくのか?

 

ふさぎ込むことが多くても、できるだけ、いい気分のタイミングを探してくださいね。

湯船に浸かったり、好きなアロマを嗅いだり、美味しいお茶を飲んだり、自分なりに「いい気分」を増やすのもおすすめ。

 

いい気分でいないと、引き寄せが起きない。
だから、常にいい気分でいなきゃ・・・とがんばる必要はありません。

 

恋愛、仕事、投資や買い物、・・・なんであれ、
大事な選択ほど「いい気分」でリラックスしている、波長の高いときにする。

それがいい波に乗っていくコツです。

 

Copyright© 2022 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.