お金と愛の引き寄せコーチング

起業・副業・キャリア女子が「本当の自分」で、お金と愛に満たされる方法

お金を引き寄せる「豊かさマインド」の高め方

f:id:kidism:20110508094216j:plain

こんにちは、小島です!

お金やお金で買えるものを所有するのは、いいことだ。

だがそれと同時に、お金で買えないものを失っていないかどうか、折に触れて確認するのもいいことだ。

 

19世紀後半、「サタデー・イブニング・ポスト」を300万部の大雑誌に育て上げた、ジョージ・ホーレス・ロリマー(1869-1937)の言葉です。

 

あなたは今、「私は豊かである」と思えますか?

豊かさを引き寄せるには「私は豊かである」という豊かさマインドが必要です。

ですが、現実的に豊かでないのに、豊かであると思い込むのはなかなか難しい。

そんな時は、豊かさの概念を広げてみるといいでしょう。

「豊かさとは?」という概念が広がると、「私は豊かである」と実感できる頻度や感覚が高まるからです。

 

豊かさの多様性に気づこう

たとえば、身体が丈夫であれば、健康というカタチの豊かさ。
友達がたくさんいれば、友情というカタチの豊かさ。家庭が安らぎの場であれば、愛情というカタチの豊かさ。

このように、私たちはすでにさまざまな豊かさを持っています。

「豊かさ」というのは、金銭的、物質的なものにとどまらず、もっと多様性があるもの。

このことを頭ではなく、実感として理解していただくために、こんな質問が役に立つかもしれません。

 

あなたがすでに持っている豊かさを、いくらでなら売りますか?

その両腕を1億円で売ってほしいと言われたら?

脚なら売れますか?目や耳はどうでしょう?

親友やすべての友達を売ってくれませんか?

家族と過ごした幼い思い出を、お金と引き換えにできるでしょうか?

 

こうして言われるまで気づかないほど、私たちはすでに豊かさを持っています。
お金は豊かさの1つの尺度ですが、豊かさのすべてではない。

赤色、青色、黄色、白、オレンジ、・・・ etc. 豊かさにはさまざまな色がある。

お金に換算できる豊かさだけを評価していると、人生は色彩を失い、単調なモノクロになってしまいます。

 

たとえお金や物が足りなかったとしても、じつはすでに持っている豊かさをたくさんあるかもしれません。

「私はすでに豊かさを持っている」

こう再認識することで、豊かさマインドは高まりはじめます。

 

f:id:kidism:20140217155549j:plain

いまある豊かさを大切にしよう

現在、日本はアメリカ、中国に次いで、世界3位の経済大国ですよね。
一方、国連の世界幸福度レポートによると、幸福度は世界46位。

もちろん人によって違いますが、日本国民としてはお金が3位で、幸せが46位。

お金はあっても、幸せを実感できない人が多い。

 

当然ですが、お金は大切です。
ですが、お金以外のこともとても大切ですよね。

お金だけに目を奪われてしまうと、「私は本当に豊かである」と実感できなくなる。

 

ですから、もっとたくさんの、いろんな豊かさに目を向けましょう。

豊かさはそこかしこにある。

豊かさの多様性に目を向けて、さまざまな色彩に囲まれていることを思い出しましょう。

 

「豊かさマインド」を高める

「満たされている」「豊かである」という感覚を感じるために、いますでに持っているものに目を向けてください。

逆に、持っていないものに目を向けて、「満たされていない」という感覚がわき上がったら気を付けましょう。

「お金が十分でない」「時間がない」「充実感がない」「愛が足りない」。

なんであれ「満たされていない」という欠乏マインドになると、その欠乏感を裏付けるような現実を体験します。

 

スピリチュアルリーダーで作家のエックハルト・トールは次のように述べています。

自分が考える自分に(お金でも、承認でも、愛でも)欠乏という考え方がしみつくと、いつも欠乏を経験する。

すでにある自分の人生の豊かさを認めず、欠乏ばかりが目につく。

すでにある自分の人生の豊かさを認めること、それがすべての豊かさの基本だ。

 

いまある豊かさを大切にすることで、満たされているという感覚、「豊かさマインド」が高まります。

「豊かさマインド」の高まりは、やがて人生全般へ、まだ豊かさを感じていない領域にまで広がっていくでしょう。

 

f:id:kidism:20090128194423j:plain

あなたの「お金で買えないもの」は?

では、「豊かさマインド」を高めるために、すでに持っている「お金」以外の豊かさを再発見してください。

頭の中で思い浮かべるだけでも構いませんが、紙に書き出したり、PCやスマホで入力するとより効果を実感できるでしょう。

 

なお、自分が持っている豊かさを考えるとき、誰々と比べたら・・・という基準ではなく、自分でどう感じているかに注目してくださいね。

あなたが持っている豊かさの中で、お金と交換できないものは何ですか?

「私は豊かである」という感覚が磁石となり、現実世界から豊かなモノや人や出来事を引き寄せはじめますよ。

 

 

 《参考》
・World Happiness Report 2015(国連)
お金と本当の豊かさ(リン・A・ロビンソン著)
億万長者脳(ポール・マッケンナ著)
ニューアース(エックハルト・トール著)

Copyright© 2019 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.