愛とお金の引き寄せコーチング

ありのままでプレミアムな未来を現実化する方法

引き寄せに役立つ、感情解放の大原則

f:id:kidism:20201205170030j:plain

こんにちは、小島です!

先日、うっかり知らない人に、こんにちは!って元気に挨拶してしまいました。
マスク越しだったので、てっきり知人の男性かと思って。

声をかけて目が合ったとたん、(この人、誰だ・・・)って雰囲気になったんですね^^

 

幸い、相手の方がいい人で、こんにちは!って愛想よく返してくれたから救われたんですけど。

内心はもう、きまずいやら、恥ずかしいやらで、穴があれば入りたかったです。

「ああ~、早くこの嫌な感情から解放されたい!」

 

あなたが恥ずかしいと感じる時は?

ところで、あなたの場合、どんなシチュエーションで「恥ずかしさ」を感じることが多いですか?

  • 好きな異性が目の前にいると逃げ出したくなる、
  • 仕事でプレゼンするとアガりまくってしまう、
  • 本音をうまく伝えられない時とか。

人それぞれに、恥ずかしいと感じやすい状況がありそうですが、そうした恥ずかしさが減ったら、もっと人生が充実しますよね。

 

  • 気になるあの人と楽しく素直にしゃべれる、
  • みんなの前で堂々とプレゼンできる、
  • 嫌な気持ちを引きずらず、すぐ立ち直れるなど。

私も元来、恥ずかしがり屋ですけど、感情解放の原則とテクニックを知っているので、平静に戻れるスピードがどんどん早くなっています。

性分だからとあきらめるのは、もったいないですよ。
生来の気質はあっても、正しい対処を知れば、軽減したり、解放できますから。

 

恥ずかしさに限らず、嫌な気持ちがわいたとき、スムーズかつ永続的に解消したい場合はぜひ、次の原則を知っておいてください。

感情は味わいきると溶解する

 

間違いやすい感情解放とは?

たいていの人は、間違った方法で感情を処理しています。

たとえば、この曲の歌詞にもその傾向が見て取れます。

そうだ、京都いこう!のCMでお馴染み、
「My Favorite Things」

 

バラに降る雨、猫のおひげ
ピカピカ光る銅の薬缶に、とてもあったか毛糸のミトン

茶色の紙で、包んで結んで
ささやかだけど、お気に入り
(中略)

犬に噛みつかれたとしても、
蜂に刺されてしまっても

哀しい気持ちになったとしてもこんな物達を思い出すの
すると気持ちも落ち着くの

 

嫌なことがあったときは、好きな物を思い出すと気分がよくなる、というポジティブな内容ですが、

じつは感情解放の効果としては一時的でしかないんです。

 

嫌なことがあったら、美味しいものを食べに行く、お酒をたらふく飲む、楽しいドラマを見ることで忘れる。

こういったこともすべて、本当の気持ちにフタをして、無視することになるからです。

 

嫌な感情を別の刺激でごまかすと、潜在意識には「痛み」が残りつづけます。

忘れられた気がするだけで、本質的には残りつづけ、似たような痛みが積み重なっていく。

恥ずかしい気持ちがどんどん強くなる、というサイクルにはまってしまうんですね。

 

では、どうしたらいいのか?

先ほど伝えた原則をここでもう一度思い出してください。

感情は味わいきると溶解する

 

f:id:kidism:20201205170056j:plain

 

具体的な感情解放のテクニック

冒頭でお話した私のケースの場合、「ああ、なんて恥ずかしいことをしてしまったんだ・・・」という後悔が3時間ほど、断続的につづきました。

 

その間、(あの人の、「誰だ、この人・・・」ってキョトンとした目が忘れられない。恥ずかしい~。)という思いがわき上がるたびに、観察しつづけたんです。

できるだけ、事の良し悪しを判断せずに。

すると、徐々に曇り空からスーッと晴れ間がのぞくように、心が軽くなっていきました。

 

感情というのはごまかさずに、味わいきることで溶けて消えていきます。

そのために、心にわきあがる気持ちを「観察する」、ということが役立つんですね。

もちろん、この方法は、言うはやすく、行うは難し。
練習やコツもいるので、あくまでも参考程度に。

 

まずは、恥ずかしい気持ちに限らず、心にくり返しわき上がる嫌な気持ちを消化するには、感じきることが大事、と知っておいてくださいね。

 

引き寄せに役立つ、感情解放の大原則

リアルに感じている気持ちにフタをするクセがあると、心の痛みは潜在意識下にどんどん残りつづけます。

そうした未消化の感情が、パートナーシップや、お金や仕事などの場面で、思わぬ願望成就の妨げになることが本当によくある。

 

幼い頃、悲しくて泣いているのに、親から「泣くな、言い訳するな、いつまでもめそめそするな」なんて取りつく島もなく言われたら、つらいですよね。

でも、ちゃんと受け止めてもらえたら、つらい気持ちは癒されます。
後に残らず、引きずらない。

自分のなかに湧き起こったどんな感情も、なかったことにするより、ちゃんと受けとめてあげたほうが解放が早いんです。

これは心理学的な研究からも明らかなこと。

 

どんな感情であれ、感じてはいけない感情はありません。

感情というのは、ちゃんと見てあげたほうが喜びます。

そうすることで潜在意識がクリアになり、好ましい現実を引き寄せやすくなりますから。

 

Copyright© 2021 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.