お金と愛の引き寄せコーチング

幸せな起業家、個人事業主、フリーランスになるために。

ワクワク感で、夢や目標を引き寄せる。

f:id:kidism:20130722211904j:plain

こんにちは!ライフコーチの小島です。

私たちは行き先の見えない「人生」という夜道を、ヘッドライトを頼りに疾走しています。心もとない気持ちで、毎日を猛スピードでドライブしている感覚。どの道をすすめばいいんだろう、どの角で曲がればいいの、自分らしく生きているんだろうか。多くの人が「何がしたいか分からない」「夢や目標が見つからない」と悩み、行き先不明の道を走りつづけています。

夢や目標があるのなら、あなたはとてもラッキーですね。潜在意識は車のナビゲーションシステムと同じ。人生の「目的地」を設定すれば、そこまでのルートを見つけやすくなりますから。でも、夢や目標がなくたって、しかるべき場所にたどりつく方法はありますよ。ナビゲーション機能を使いますが、ムリに「夢や目標」は設定しません。ただ、心にこうささやきます。「ワクワクに従います」と。

喜びを察知すると、ワクワクする。

子どもは「ワクワク」しながら生きていますよね。朝から晩まで感情のおもむくまま、ただその瞬間を楽しんでいます。なのに、大人になると、ワクワク感がさびついてしまう・・・。「したいこと」よりも、「すべきこと、しなければならないこと」を優先するようになる。そもそも「ワクワクするって、よく分からない」という人もいます。

ワクワクとはいったい何なのでしょう。辞書には「期待や喜びで心がはずんで落ち着かないさま。(大辞林第三版)」とあります。たとえば、「遠足の前日の夜」に感じていた気持ち、と言えばピンとくるでしょうか。ワクワクというのは、喜びそのものではありません。うれしいことを察知して、事前に感じるのがワクワクです。

私たちがワクワクすると、脳内の側坐核(そくざかく)が活性化します。側坐核は快楽システムの中枢で、「生物学的に好ましいものごとに人間を誘い込む」役目があると、神経科学者のエレーヌ・フォックスは述べています。ワクワク感は、行き先が分からずに疾走する私たちの、心のGPS機能のようなもの。いまどこに居て、どの道を進めばいいかを前もって「気配」で教えてくれるのです。

 

f:id:kidism:20140511174524j:plain

ワクワクを身体で感じる。

胸がおどる、胸をくすぐる、胸がキュンとなる、胃がきりきりする。腹がたつ、頭に血がのぼる・・・etc. 感情は身体の反応とリンクしています。あなたがドキドキしたら、胸の鼓動が早まる。もしもワクワクすれば、やっぱり身体のどこかが反応します。感情はあいまいですが、身体の反応はくっきりしています。

最近、何かが楽しみで待ち遠しかったことはありますか?旅行でも、好きな人と会うのでも構いません。そのとき、あなたの身体にはどんな反応が起きていたか、思い出せますか?顔や手足がほてってくる、みぞおち辺りがくすぐったくなる・・・etc. 人によって、どこにどんな反応が出るかは違うかもしれません。

ワクワクしたときに、自分の身体にどんな反応が起きるかを知っておくと、ワクワク感に気づきやすくなります。ワクワクを身体で感じるようにしましょう。世界的なアクション俳優のブルース・リーはこう言いました。「Don't Think. Feel!」。考えるな、感じろ!です。

ワクワクで選ぶことに慣れる。

何年かぶりに車を運転すると、車線変更ひとつでもおっかなびっくりです。でも、じきに慣れていき、またドライブを楽しめるようになります。ワクワクする感覚だって同じ。子どもの頃は毎日のように感じていたんですから、また使えるようになります。毎日の小さな選択のなかで、少しずつ慣れていきましょう。
 
今日のランチは何を食べようか?日曜日はどこへ出かけようか?といったささやかなことで構いません。何かを選ぶときに、「ワクワクするのはどれだろう?」と問いかけるのです。身体の反応に注目してくださいね。続けていくと、人生のあらゆる面で、「すべきこと、しなければならないこと」より「したいこと」が増えていきます。

大人の私たちは、合理的に選択することには慣れています。正しいかどうか、損か得か、効率的かどうかなどです。こうした判断基準も大切ですが、どんなに頭で考えても選択できないときがある。そんな時は、思い切って、「ワクワクするのはどれだろう?」と問いかけましょう。

 

f:id:kidism:20150921120854j:plain

ワクワクが夢や目標を引き寄せる。

夢や目標は、「したいこと」「ワクワクすること」の延長にあります。「すべきこと、しなければならないこと」の延長にはありません。ワクワク感とは、本当の自分を生きているという感覚です。時間を忘れ、この世界と調和し、目の前のことと一つになっている感覚。これは人生の喜びであり、生きがいそのものです。

神話学者のジョゼフ・キャンベルは、「あなたの至福に従いなさい。恐れないで。思わぬところに扉が開くから」と述べています。至福とは、この上ない喜びのこと。ワクワクする毎日の選択が、あなたを夢や目標へと引き寄せてくれます。いつか来た道を振りかえり、「夢や目標につながるルートを走っていたんだ!」と、気づける日が必ず来ます。もしも今、ワクワクに従うなら、次の小さな一歩はなんでしょうか?

 

Copyright© 2017 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.