お金と愛の引き寄せコーチング

起業・副業・フリーランスが、お金も愛もある「豊かな人生」を手に入れるためのココロの秘密。

何をしたいか分からないけど、キラキラしたいあなたへ。

f:id:kidism:20180206141619j:plain

こんにちは!お金と愛のライフコーチ、小島です。

何をしたいか分からない・・・、という人がたくさんいます。

何をしたいか分からないけれど、「もっと輝きたい、キラキラしたい」「自分らしく充実した毎日を送りたい」、そう願っている人がたくさんいる。
 

私も昔、そうでした。
大学生の頃、つたないギターでよく曲を作っていましてね。

ジャカジャカとかき鳴らし、ハミングでメロディを作って、一緒に歌詞も付けて。
たぶん30曲近く作ったでしょうか。
 

それで、友だちに聞かせたくなり・・・^^
当時はカセットテープでしたが、8曲を1本にまとめて、歌詞カードも作って、学校の友人たちに配ったんですよ。

自由でクリエイティブ、と言えば聞こえはいいですが・・・。
本当のところ、自分が何をしたいか分からず、本気になれるものをずっと探していた、学校生活でした。
 

 

何をしたいか分からない


そうそう、カセットテープの話でしたね。
オリジナルアルバムと称して、テーマタイトルをこうつけたんです。

NON VISION(ノン ビジョン)

完全な造語ですが、つまりこういう意味です。

将来のビジョンがない
人生で何をしたいか分からない
 

意欲はあるのに、そのエネルギーをどこに向けたらいいか分からない。
ただひたすら、衝動に任せて、若さゆえの思いを何とかカタチに昇華させたくて、歌を作っていたんだと思います。


それから、社会に出てもずっと「NON VISION」でした。
何をしたいか分からなくて、でも何か成し遂げたくて、キラキラしたくて・・・。

35歳で起業したけれど、そもそも向かってる先が分からないから、モヤモヤと苦しくなっていく。

そのうち、お金のためだけに、生活のためだけに働き、悩むようになっていく。
私、本当に欲しかったのは「VISION」だったんです。

 

心から笑ったり、泣いたことがある?


あなたには「VISION」がありますか?

なりたい自分、成し遂げたい未来、叶えたいライフスタイル、・・・誰かのマネじゃなくて、心から「ワクワクする未来像」。

私は20代半ばから、「本物の生き方って何だろう?」と問いかけるようになりました。
27、28歳の頃からは、「人が夢や目標を実現させる、手助けをする人になりたい」と思いはじめました。

紆余曲折を経て、今はライフコーチとして、そのビジョンを追いかけています。
時間はかかったけれど、学生の頃に比べたら、だいぶ「VISION」のある人になりました。

 

f:id:kidism:20180206023409j:plain

 

今、冬季五輪の真っ最中ですよね^^

メダルを取る、自分らしいパフォーマンスをする・・・、この大会に向けて4年間、もしくはそれ以上、人知れず努力を重ねてきた選手たちが、晴れ舞台で躍動し、輝いています。

みんな笑顔がキラキラしているのは、太陽光が雪に反射してるから、だけではないでしょう。

大げさに言うと、なんかこう、命を燃やしてるな、そんなふうに思えます。

 

私はずっとそういう人たちがうらやましかった。
若い頃、高校野球の球児たちが、甲子園でうれしくて泣き、くやしくて泣き、そういう姿がたまらなくうらやましかった。

自分は心から泣いたことってあるんだろうかって。

がんばって、がんばって、笑ったり、泣いたことってあったかなって。

 

今の生活に「VISION」が加わると・・・


スポーツ選手って、ビジョン(未来像)を描きやすいですよね。
優勝すること、メダルを取ること、日本一、世界一になること。

普通に働いていると、目標って分からなくなる。ビジョンがなくても、何となく生きていけるから。

別に困りはしないんだけど、何となく、足りない気がする。
そんなモヤモヤをずっと引きずって、キラキラしている人を横目に見るのが、ときどきつらい・・・。


起業する、副業する、会社で働く、趣味を生きる、社会に貢献する、・・・何でもいいんですど、

これまでの生活に自分なりの「VISION」が加わると、人生は大きく動きはじめます。

ただ、実際のところは、ビジョンを持って生きている人って少ないですよね。
別に表彰台のてっぺんを目指す必要もなく、自分なりの金メダルを追いかければいいだけのことなのだけど・・・、なかなか見つからない。

なぜなら、本気で探していないから。

 

f:id:kidism:20170212151118j:plain

何をしたいか分からないけど、キラキラしたい。


今はまだ、何をしたいか分からない。
それでも「もっと輝きたい、キラキラしたい」「自分らしく充実した毎日を送りたい」。

だったら、ビジョンを探すことをあきらめないでください。
ビジョンはあなたの人生を輝かせる魔法のアイテムですから。

とはいえ、何をしたいか分からないから困ってるんだ、と文句が出るかもしれませんね・・・。

ひとつのアドバイスとしては、「あなたはすでにビジョンを生きてきた」という事実に気づくことです。

これまでの人生には、あなたの情熱がたぎるような「ビジョンの源」があちらこちらに散りばめられてきたはずなんですよ。

体験や興味や好みを辿っていけば、心からワクワクする未来像って自然に浮かび上がってきます。

 

何をしたいか分からない、ぼやけて見えた人生に、一本のキラキラした道筋のような光が見えてくる。

あなたのビジョンは、これまでの人生のあちこちに「宝石のかけら」のように散りばめられていて、それらを集めて「ひとつのきらめき」にしてもらうのを待っています。


オリンピックを見ていてこう思う。

ビジョンを持ち、精進してきた人はみな、勝ち負けにかぎらずキラキラしてる。
笑っても、泣いても、ずっと本気だったから。


「VISION(未来像)」は心から探し求めている人のところに、インスピレーションとして舞い降ります。

ビジョンを見つけ、追いかけはじめると、人生の質が上がりますよ。
1年後、3年後、10年後、ある人とない人とでは雲泥の開きが出るでしょう。

探しつづけてくださいね。
あなたの人生をキラキラ輝かせるために。

 

Copyright© 2018 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.