お金と愛の引き寄せコーチング

物心バランスよく豊かな起業家、自営業、フリーランスになるために。人生を劇的に変えるココロの秘密。

あなたのお金が勝手に出ていく、無意識のヒミツ

f:id:kidism:20170814163059j:plain

こんにちは!お金と愛のライフコーチ、小島です。

ライフコーチとして活動する前、私はネットショップを9年運営してました。シルバーアクセサリーを売っていたんですね。

とはいえ、自分でアクセサリーを身に着ける、ことはありませんでした。ご縁と商材としての扱いやすさから、アクセサリーを売っていたというだけ・・・。

なので、モチベーションを維持するのが大変。好きでないものを毎日扱ってましたからね。

それでも、お客様から感謝されること、そして何より、注文が入ってお金になるときの嬉しさは、やっぱり独立してよかったなといつも感じたものです。

ネットショップをしている人は分かると思いますが、ショッピングカートから注文が入ると、携帯にお知らせメールが来るように設定することができます。つまり、いつ、どこにいようと、携帯さえ持っていれば、注文が入ったことが分かってしまう。

そのおかげで、いつ、どこにいても、「注文、来たかな?(お金、入ったかな?)」と毎日、そわそわする生活になってしまったんです。

 

お金は人を無意識にさせる

本当にバカみたいでした。事務所にいても、家にいても、新婚旅行で海外にいるときまで、ローミングで入ってくる注文お知らせメールに、一喜一憂していたんですよ。

なんだか、好きな人からメール来たかな?LINE来たかな?と、年がら年中そわそわして、いつも心ここにあらず、なのと一緒です^^

 

お金に恋をしている?いえ、お金に束縛されている、というのが本当でした。どこにいても、何をしていても、注文メールのこと、お金のことで頭がいっぱい。しかも悪いことに、振り回されていることへの自覚症状がまったくなかったんです。

お金のことに完全に無意識状態でした。無意識とは、我を忘れてしまっている状態とも言えます。お金ほど、我を忘れさせてしまうものはない・・・、「お金ほど、人を無意識にさせるものはない」かもしれませんね。

 

なぜ、お金が勝手に出ていくのか?

私のクライアントさんたちは、よくこんなことをおっしゃいます。なぜか、お金が勝手に出て行ってしまう・・・。無意識にお金を使ってしまい、自覚症状があまりない、ということです。

衝動的にお金を使ってしまい、あとで振り返って、「本当に必要だっただろうか?」と興ざめするってありますよね。なぜなんでしょう・・・その原因は、「お金を使った直前、もしくは直近の感情」に隠れています。

たいてい、後悔するようなお金の使い方をする時、イライラしていたり、モヤモヤしていたり、フラストレーションを抱えていることが多いもの。

  

「なぜか、お金が出ていくなぁ・・・。」 どんな時に、そう感じることが多いでしょう?一度、胸に手を当てて振り返ってみてください。

 

f:id:kidism:20140213134706j:plain

 

大事なプレゼンの前になると、スイーツをドカ買いしてしまうとか。友達に嫉妬心がわくと、ブランド品を買いまくり、結局は使わないままとか。自信がなくなるとつい、自己啓発本を買いあさってしまうなど。

その人なりの傾向ってあるものです。自分にものすごく正直にならないと、こうした行動傾向は見えてこないし、たぶん受け入れたり、認めることもしにくいでしょう。

 

どんな時に、お金を使いたくなるか? 

なぜか、お金が出て行ってしまう・・・。あなたの口座や財布からお金が勝手に出ていくなんてこと、実際にはありませんよね。

人はその時に感じている「ネガティブな感情」をやわらげるために、無意識にお金を使うことがあります。

退屈や不安や心配、ストレスといった軽症のものから、心に受けた傷、トラウマといったものまで、人によってさまざま。

ときには、幼い頃からつきまとう罪悪感や無力感を、お金を使うことで紛らわせようとする人もいるでしょう。

スポーツや趣味などで健康的に発散するのもいいですし、心の痛みとしっかり向き合って根本改善できるならもっといい。

 

お金に恋しても、盲目にならない

こうしたことはあくまでも傾向ですが、心当たりはありますか?

お金でネガティブな感情をごまかす無意識のクセを放置すれば、なぜかお金が出ていってしまう、というスパイラルから抜け出せなくなります。 

私はどんな時に、お金を無性に使いたくなるか?

大切なのは、自分の無意識を、意識することです。

無意識のクセに気づくたび、お金の流れが変わっていきます。やがてはお金の出入りをコントロールし、手元にお金を残せるようにもなるでしょう。

お金に盲目の恋をして、どうか振り回されないように。できるだけフェアに楽しく、お付き合いしたいものですね^^

 

Copyright© 2017 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.