お金と愛の引き寄せコーチング

幸せな起業家、個人事業主、フリーランスになるために。

人生の転機で、バージョンアップする。

f:id:kidism:20130319154055j:plain

こんにちは!お金と愛のライフコーチ、小島です。

人生に起こるのは、いいことばかりではありませんよね。ずっと順調だったのに、さしたる理由もなく、スランプになったりします。一時的な不調なら、気持ちや取り組み方を変えて抜けだせますけど・・・。ポジティブに手を尽くして、泥沼にはまりむようなら要注意。それはスランプではなく、「人生の転機」かもしれません。

人生の転機とは「従業員の人にとってはリストラだったり、自営業の人にとっては売り上げの急減だったりします。また、離婚、病気、親の死なども、大きな変化のきっかけになっています」とベストセラー作家の本田健さんは著書「大好きなことをやって生きよう」のなかで述べています。

経済的や精神的に「当てにしていたもの」を失う、失うかもしれないという体験が、人生を変えざるをえない引き金になります。

人生の転機が、新しい物語を生む。

ところで、あなたはどんな映画が好きですか?たいていの映画では、主人公が挫折を乗り越え、成長し、ハッピーエンドを迎えます。パート2が作られると、またも主人公は挫折して、成長し、ハッピーエンドになります。最初から最後まで、挫折も成長もない物語は退屈です。誰でもネガティブな体験は避けたいもの。ですが、私たちは無意識で、挫折を乗り越えて、大きく成長することを願っています。

私たちもまた、自分を主役とした物語を生きています。この物語は、季節がめぐるように一定のサイクルをたどります。「誕生(春)」→「 成長(夏)」→「 成熟(秋)」→ 「休眠(冬)」。このライフサイクルを、シリーズ化した映画のようにくり返します。仕事や家庭、人間関係などのあらゆる面で、何度も何度もです。この世界は、変化が常。変わるまいと抵抗しても、人生は変わらざるをえないように出来ています。

人生の転機は、「成熟(秋)」の実りのあとに、「混乱」という形で訪れます。小手先のことでは状況が動かなくなり、何かを大きく見直す必要に迫られます。仕事や働き方を変える、人間関係を変える、また、あなたの価値観や考え方を変える必要があるかもしれませんね。そもそも人生の転機は、あなたのせいではありません。それは人生の流れであり、物語にとって必要な、あなたの成長を促すチャンスなのです。

 

f:id:kidism:20151008134531j:plain

機能していない「現実」を手放す。

「混乱」そのものは、誰のせいでもありません。ただ、そこから早く抜け出せるか、長く停滞するかはその人次第。すでに役に立たなくなった何かを「手放せるかどうか」です。長く停滞しているときは、まだイケる、今のままでも何とかなると、現状にしがみつきます。仕事、家庭、恋愛、友人、両親、健康、趣味、コミュニティ、・・・etc. 恐れや不安から、ひどく執着しているものがあったら気をつけてくださいね。

「ああ、分かってるんだけど・・・」と思う人もいるでしょう。私たちは変化を怖れますから。まだ何とかなると言いきかせて、「機能していない現実」をなかなか手放せないんです。世界は変化していくのが常、でも人は変わらないことを望みます。変化が怖いのは当たり前ですよ。潜在意識が安全を求め、「今日が昨日と同じである」ことを欲するからです。

あなたが好きな映画の主人公は、どんな人生の転機を経験していますか?何にしがみついて、挫折によって、どんな「機能していない現実」を手放したのでしょう?成長する、変化するとは、古い自分を捨て、新しい自分を手にすることです。人生の転機に入って「混乱」を経験したら、「何が機能しなくなったのか?」と問いかけてみましょう。

機能していない「考え方」を手放す。

機能しなくなるものは、仕事や人間関係そのものだけではありません。仕事のやり方、働き方、家庭のきりもり、恋人や友人、両親との付き合い方、男とは?女とは?といった、あなたの「価値観、思い込み」も、変化にさらされます。たとえば、仕事で転機が訪れたら、今の仕事を手放し、新しい仕事を探すことができます。また、今の仕事のまま、仕事の内容や取り組み方を変えることもできます。そもそも、何のために働くのかという仕事観を見直すこともできます。

自分でピンと来ない場合は、他人のアドバイスに素直に耳を傾けてください。うのみにする必要はありませんが、その言葉に痛みを感じるほど、図星だったりします。人からアドバイスされて、過剰に腹を立てたり、はなから抵抗するなら、手放したほうがいいと感じているものが隠れています。たとえば、失恋を引きずっている人はこう考えます。「あの人しかいなかった・・・」。これはすでに機能していない現実です。「もっといい人が見つかるよ」。ありきたりのアドバイスにも、新しい現実は隠れています。

けれど、何かを手放すときは、悲しみと不安がつきまといますよね。それでも、機能しなくなったもので両手をふさいでいたら、新しく役立つものを手にできません。何かを手に入れるためには、まず、何かを手放さなければならない。これは自然界の法則なんです。何かを放出すると、その空間を埋めてくれる、別の何かが入ってきます。自然は「真空を嫌う」。私たちの人生にも当てはまります。

 

f:id:kidism:20150310144521j:plain

人生の転機を乗り越えるために。

何かを手放すことで、あなたの新しい物語が動きはじめます。ですが、その変化は唐突には起こりません。秋から冬、冬から春へ、季節の移り変わりはあいまいなもの。人生にはグラデーションがあり、行きつ戻りつしながら、境目が分からないような変化を見せます。不安になっても、焦ってもかまいませんが、衝動的な行動には気を付けましょう。心も人生も、カレンダーをめくるようには切りかわらないのです。

何度もくり返しますが、この世界も人生も変化が常です。変わりゆくものに抵抗しなければ、私たちは世界と調和して、バージョンアップします。そのカギは「こだわりを捨てる」こと。流れに逆らわず、役に立たなくなった思考やこだわりを手放す。川で溺れそうになったら、ジタバタするより、流れに身を任せたほうが助かるそうです。混乱したときは、こう自分に問いかけましょう。どんな「こだわり」を手放したほうがいいか?それが、人生の転機を乗り越えるきっかけになります。

 

Copyright© 2017 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.