お金と愛の引き寄せコーチング

起業・副業・フリーランスが、お金も愛もある「豊かな人生」を手に入れるためのココロの秘密。

あなたは誰に認められたいですか?

f:id:kidism:20161012032348j:plain

こんにちは!お金と愛のライフコーチ、小島です。

私は以前、「成功したい」という強い思いにとらわれていました。
その成功の中身とは、海が見える豪邸に住むとか、高級車を乗り回すとか、ベストセラー作家になるとか、世界中をクルージングするだとか。

まあ、誰でも思うようなことばかりです。

そして・・・、ちっとも成功していません^^

人生は成功しなければ意味がない、とまで思ってました。
成功してようやく、人生のスタートラインに立てる、そんな気すらも。

それである日、ふと思ったんです。

いったい何のために、私は成功したいんだろう?

 

一体、何のために成功したいんだろう?

すると、なぜだか、父の顔が浮かんだんですね。

「父から認められたい」
「父に愛されたい」

そのために、成功する必要があるんだとずっと思い込んでいたんです。
 

世間的によくあるような成功要素を手に入れたら、父はきっと喜ぶだろうなと。
それできっと、自慢に思ってくれて、わたしのことを認めてくれる、愛してくれるだろうと、そう思い込んでいた・・・。
 

私は幼いころから、父に関心を向けてもらった、という実感が持てないまま、思春期を過ごし、大人になってしまいました。

今でこそ、父とはずいぶん仲良くなりましたが、同性同士のむずかしさもあり、かなりつよい葛藤を抱えていた気がします。
 

どうしたら、父に認めてもらえるんだろう・・・どうしたらもっと、関心をもってもらえるんだろう・・・

あくまでも一つのケースですが、私の「成功したい、お金がほしい」という思いの奥には、「誰かに愛されたい」という別の欲求が隠されていました。

 

「~しなければならない」という口グセ・・・

もっとお金を稼ぎたい!社会的に成功したい!
起業したり、自分で事業をされている人であれば、きっとほとんどの人がそう願っているものでしょう。

けれど、こうした思いの裏側には、たいてい切なる願いが潜んでいるものです。

あなたはなぜ、成功やお金を求めているのでしょうか?
 

ひょっとして・・・、誰かに愛されたかったり、認めてほしかったり、見返してやりたかったり、そんな思いはありませんか?

お父さんやお母さんや、兄弟姉妹や、友だちたち、かもしれない。昔、自分をバカにした人たちを見返してやりたいとか。
 

「私は成功しなければならない」

「私はお金持ちにならなければならない」

「私は人もうらやむような結婚をしなければならない」
 

「~しなければならない」

こういう、義務的で、自分に何かを課すような口ぐせ、思いグセの裏には、求めても満たされなかった、誰かへの執着が隠れているかもしれません。

 

ある成功者の本音

妻の古い友人に、資産数十億はあろうかというIT経営者の方がいます。
ご家庭の状況がかなり複雑で、お母様との関係にかなり葛藤を抱えていると聞きました。

彼は以前、こんなふうに言っていたそうです。

いつも飢えた気持ちがあるから、がつがつ稼げるんだろうな。
それが幸せかどうかは分からないけど。
 

稼いでも稼いでも、満たされない思いが残りつづける。
だから、もっと、もっととがんばれる。

お金は増えつづけます。周りから賞賛され、尊敬もされる。
けれどご本人は、言いようのない飢えを感じたまま・・・。

お金に飢えているわけじゃないから。
お金以外の、別の何かが飢えている。

 

f:id:kidism:20180120091423j:plain

お金と愛は、つながっている?

クライアントさんとお話ししていて本当によく気づかされることがあります。
お金と愛は、どこかでつながっているって。

お金の飢えを、愛情でごまかそうとしたり、愛情の飢えを、お金で満たそうとしたり。

「愛さえあれば、お金なんかいらない?」
「お金さえあれば、愛なんていらない?」

私はモノも心も、ちゃんと満たしていたいです。
誰かと比べて多くなくても、私の人生は満たされていると感じたい。
 

ハングリー精神という言葉がありますよね。
飢え、という感情は、がんばるためのモチベーションになる。

お金がほしい、成功したい。
けれど、それで愛されたい、という飢えが満たされるわけではない。

 

何を渇望しているか?

私は成功したい、お金がほしいという思いから、父との葛藤に目を向けるようになりました。

その結果、成功しなくても、私は存在してもいい、愛される価値がある、という気持ちが少しずつ芽生えてきたんです。
 

あなたにも、もしかしたらいるかもしれませんね。
褒めてもらったり、やさしく抱きしめてほしかったり、愛してほしかった人が。
 

その満たされない思いを抱えつづけるかぎり、どんなにお金を稼ぎ、世間から称賛され、多くの異性に愛されたとしても、心にぽっかり空いた穴は埋まらないでしょう。

「あなたが本当に欲しいのは何ですか?」

自分の根本的な思いに気づくと、表面化した「お金や恋愛、結婚の悩み」が自然と解消しはじめたりするものです。

「あなたは誰に認められたいですか?」

 

Copyright© 2018 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.