お金と愛の引き寄せコーチング

物心バランスよく豊かな起業家、自営業、フリーランスになるために。人生を劇的に変えるココロの秘密。

なぜ、あなたは人から大切にされないのか?

f:id:kidism:20160126134314j:plain

こんにちは!お金と愛のライフコーチ、小島です。
突然ですが、「私、なんか大切にされてないな・・・」って感じること、ありますか?軽視されているなとか、ぞんざいに扱われてるなとか、都合よく利用されてるなとか。

まぁ、誰でもあるとは思うんですけどね^^

たとえば、ねぎらいの言葉をかけてもらえないとき。肝心な人から連絡がまめにこないとき。お金を使ってもらえなかったり、プレゼントをもらえないとき!?

他人を大切にする方法って千差万別ですから、あなたの期待どおりに、大切にしてもらえないだけ・・・ということもあります。

ただ、どうひいきめに見ても、ぞんざいに扱われることが多い場合、本当に大切にされていない、のかもしれません。

それにしても・・・、いったいなぜ?

 

なぜ、人から大切にされないのか?

イケメンじゃないから、美人じゃないから、金持ちじゃないから、才能がないから、魅力的じゃないから?それっぽい理由はいろいろあるでしょう。

けれど、そもそもの根本原因はただひとつ。「自分を大切にしないから」です。

誰かに大切にしてもらおうとする前に、私たちは自分で、自分を大切にしなければなりません。人から粗末に扱われる人は、たいてい、自分を粗末に扱っています。

たとえば、あなたの心の中に、こんな言葉がうずまいていませんか?

「どうせ私なんて・・・」
「やっぱり私はダメなんだ」
「誰も愛してくれないんだ」

 

それはまるで言葉の暴力のように、あなたから自信を奪っていきます。

私たちの心の中には、いじめっ子がいる。自分で自分を粗末にあつかう、いじめっ子です。外側にではなく、内側にいる。

あなたが自分をいじめると、「あいつは粗末に扱っても構わないやつなんだ」そう思う人が必ず現れる。そういう弱さを抱えた人たちが寄ってきてしまうんです。

 

心に「ゴミ言葉」を放置すると・・・

自転車のカゴに、ゴミがひとつ投げ入れられると、あっとう間にゴミだらけ。街中でそういう自転車を見かけますよね。「あのカゴにはゴミを入れてもいいんだ。」そう都合よく思う人がいるからです。

あなたは率先して、自分の心のカゴに、ゴミを投げ入れていませんか?

「どうせ私なんて・・・」
「やっぱり私はダメなんだ」
「誰も私を評価してくれない」
「愛してくれないんだ」

 

「自分いじめのゴミ言葉」を心の中に放っておくと、「粗末な扱い」を引き寄せてしまいます。

自分を低く、低く、おとしめても、善意の誰かが、引き上げてくれることはありません。

私たちには価値がある。生まれて、この場にいるだけで、十分に価値がある。自分を高く、高く、持ち上げてくださいね。

あなたが自分を大切にすれば、自然と周りの扱いも変わります。たとえ、周りにいる人間や、付き合う相手が同じだとしても。もしくは、勝手に去っていってくれる。

 

自分をどう扱うか、他人にどう扱われるか

たとえば、家のなかに花瓶がひとつ、あったとします。あなたの両親がその花瓶を粗末に扱っていたら?ほこりだらけで、外も中も薄汚れて、放置したまま・・・。

すると、あなたも同じように、きっと粗末に扱うでしょうね。どうせ割っても怒られないだろうと、おもちゃにして遊ぶかもしれない。

 

反対にものすごく大切に扱われていたら?家宝のようにピカピカに磨かれ、玄関先や床の間に置かれて、いつも新鮮な花が挿してあったら?

あなたにはその花瓶がすごく大切なものに見える。値段は分からないけど、割ろうものなら、こっぴどく叱られることは分かる。おもちゃにするなんて、ありえない。

実際は数百円で買えるものだったとしても、あなたは数百万円の価値があるように、その花瓶を扱うはずです。

 

人間には値札がついていません。自分をどう扱うかは、他人にどう扱われるかの、重要なバロメーターなんです。

自分を粗末に扱うと、粗末に扱われる。自分を大切に扱うと、大切に扱われる。すごく単純な話。

 

f:id:kidism:20150509185354j:plain

今からできる「自分を大切にするヒント」

ですから、自分をまるで、高級な花瓶のように大切に、大切に扱ってください。

ほこりだらけにせず、いつも身ぎれいに。夜更かしせずに、体調を整えてください。いい音楽を聴き、いい話に耳を傾け、心に栄養を与えてください。

ネガティブになりやすい時は、ニュース番組から距離を置きましょう。痛ましい事件が、あなたの心を荒ませてしまうから。美しいものを見て、美しい音を聞いて、かぐわしい香りに身を委ねてください。

そしてなによりも、自分にひどい言葉を投げつけないこと。

 

言葉の暴力を自らふるっているかぎり、あなたは生涯、自分を粗末に扱いつづけるでしょう。心にわき上がってきたら、ストップをかけてください。

はじめは難しいかもしれません。何十年も粗末に扱ってきたんですから。焦らずに、時間をかけて、自分を大切に扱うことを学んでくださいね。

 

キレイごとに聞こえると思います。けれど、本当のことなので、もう一度、お伝えしますね^^

「人から大切にされてない・・・」って感じることがあるなら、あなたが自分を粗末に扱っているから。

けっして、価値がないわけではありません。
どうか忘れずに。

 

Copyright© 2017 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.