お金と愛の引き寄せコーチング

物心バランスよく豊かな起業家、個人事業主、フリーランスになるために。

祈りの力。もしも、星に願いをかけるとしたら・・・

f:id:kidism:20170703175041j:plain

こんにちは!お金と愛のライフコーチ、小島です。
5歳の娘が毎晩寝るまえ、ベランダの窓越しで、何やらぶつぶつ言ってるんです。その小さな後ろ姿、ちょっと怪しげ・・・。

何をしているのか教えてくれなかったのですが、最近ようやく分かりました。お星さまに願いをかけているんだそう。「おねしょをしませんように♪」と。

子どもの頃って、願いをかける機会がけっこうありますよね。お正月の初もうで、クリスマスのサンタ、七夕の短冊など。

でも、大人になると、願かけ、なんてしなくなる。せいぜい、初もうでにお賽銭を投げて手を合わせたり、絵馬を書くくらいでしょうか。

ちょっともったいないですよね。だって、願いをかける効果、祈りのパワーって本当にありますから。
 

願いをかける、祈りで引き寄せる

願いをかける、祈る。私自身、何度もそうやって幸運に恵まれました。仕事も、結婚も、趣味でもです。もちろん、いつもうまくいくわけではないけれど・・・。

それでも、願いをかけない時より、願いをかけた時のほうが、いい結果が出やすいという実感があります。

 

ところで、私たちの願いを叶えてくれるのは、夜空に浮かぶ星々なのでしょうか?それとも、杖を持った、白いヒゲの神さま?

私たちの言葉は、声に出しても、心に留めても、いつも心に響き渡っているものです。ですから、願いをかける、祈るというのは、自分以外の存在にではなく、自分自身の内奥に働きかける行為だと私は思っています。

 

引き寄せの法則には、こうした心の奥深い部分、潜在意識に祈りを届ける方法として、アファメーション(肯定的な自己宣言)があります。

アファメーションとは、自分を元気づけたり、意欲的になれるようなポジティブな言葉をくり返し唱えることで、行動や選択を無意識レベルで改善していく方法です。

 

「~しませんように」と祈ってはいけない

「どうか、おねしょをしませんように♪」 娘がそうお願いするのを聞いて、あまりいいアファメーションではないなと感じました。。

そこで私はひとつ、こんなアドバスを。『もしもお星さまに願いをかけるなら、「~しませんように」って言わないほうがいいよ

それから、詳しい説明はせず、ただこう付けくわえました。『だって、お星さまは「~しますように」って言われたほうがうれしいから』と。

 

ここからは、大人の皆さんへの補足です^^
なぜ、「~しませんように」と祈ってはいけないのか? それは、・・・

潜在意識は言葉のニュアンスではなく、言葉によって引き出される「イメージ」と「感情」をキャッチするからです。

 

たとえば、「おねしょをしませんように」と口に出したら、おねしょをしている自分が思い浮びませんか?

試しに今、声にだすか、つぶやいてみてください。「おねしょをしませんように。」いかがでしょう?

私は、すっかり大人だと言うのに、おねしょで茫然自失になっている姿が浮かび、残念な気持ちになりました。。

 

「イメージ」と「感情」が現実化する

私たちの潜在意識は、わきあがるイメージと感情をキャッチします。そしてありがたくも、現実化に向けてせっせと手助けをしてくれます。

f:id:kidism:20140918165514j:plain

そこで、娘にはもうひとつ、具体的なアドバイスをしました。
『「明日の朝、楽しい気持ちで起きられますように」ってお願いしてごらん♪』

つまり、楽しい気持ちで起きれたら、おねしょはしなかった、ということになりますね^^ 娘はちょっとはにかんで、素直に何度かくり返しつぶやいていました。

アファメーションも、願いも祈りも、「イメージ」と「感情」が大事です。どんな言葉を使い、どんな「イメージと感情」を潜在意識に届けるか?そこから、私たちの体験する人生が変わります。

 

ただし・・・、祈る、願いをかけることに、あまり熱心になれない人もいるかもしれません。どうせ、叶わないだろうから、という思いが先に立ってしまう。また、祈ったから叶った、という経験や実感がないのも理由でしょうか。

けれども、私たちの願いは間違いなく、すでに叶っています。「どうか、~しませんように・・・」そうと意識はせずとも、多くの人が無意識に、こういう言葉を使ったり、心で念じているもの。

口ぐせ、考えグセ、思いグセ、それらの言葉は外側に出ようと、内側に留まっていようと、潜在意識がいつも聞いています。そして今も見事に現実化してくれています。

あなたの身の回りでは、どんな言葉が現実化していますか?

 

効果的な願い方、祈り方の条件

なお、「~しますように」とお願いすると、まだ叶っていない状況が実現してしまう、という話があります。

ひざまずき、両手を握りしめて、必死に、「~しますように」と願っている姿・・・だけが、現実化するという意味ですね。

こうしたことが心配の場合は、「~しています」「~できている」などのように、すでに願いが叶っている姿がイメージできるような言葉を使ってみてください。

叶っている姿と、幸せな気持ち。この二つを誘発する言葉が、いいアファメーションの条件であり、効果的な願い方、祈り方にも通じると思います。試してみてくださいね^^

 

Copyright© 2017 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.