お金と愛の引き寄せコーチング

起業・副業・フリーランスが、お金も愛もある「豊かな人生」を手に入れるためのココロの秘密。

成功を引き寄せる、褒め方のコツ

f:id:kidism:20170114154525j:plain

こんにちは!お金と愛のライフコーチ、小島です。

先日、6歳の娘が「馬跳びをしよう!」と言ってきたんですね。
馬跳びって、一人がかがんで、跳び箱みたいになり、もう一人がその背中に手をついて跳び越えるというあれです。

保育園のアクティビティで行なうことがあるらしく、彼女は馬跳びが好きみたい。

それで、「よし、連続50回やってみようか」なんてふっかけてみました^^
途中で飽きても、30回はいくかなとか期待しつつ。

 

娘が飛びつづけている間、「すごいね、がんばるね~」「すごいね、がんばるね~」と声をかけ続けたところ・・・、ゆうに50回を超えて、結局、200回に到達したんです。

ちょっと呆れながら、「いや~、がんばったね~、すごいね~」と声をかけると、ぜーぜーと肩で息をしながら娘はこう答えました。

「つぎはね、300回めざすよ♪」


人間って、うれしいんですよね。ほめられると。ホントに。
誰でもほめられたらうれしいし、やる気が上がります。

ですが、科学的には、やみくもにほめればいいってものでもないそうで。
いい褒め方と悪い褒め方があるらしい。

いい褒め方のコツはこの言葉に隠されています。

すごいね、がんばるね~

 

成功を遠ざける、悪い褒め方

1990年代、コロンビア大学で「ほめること」について大規模な実験が行われました。
対象者は、人種や育ちの異なる10~12歳までの子ども400人。

テストの成績が褒め方次第でどう変わるか?という内容でした。

詳細は省いて結果だけ、引用書籍より紹介しますね。 

「頭がいい」とほめられた子どもは、気分はよくなるが、同時に失敗を恐れるようになる。
成功しなかったら恰好が悪い」と考え、むずかしい問題への挑戦をさける。


しかも、「頭がいい」と言われた場合、「自分はがんばらなくてもよくできる」と思いがちである。

そのため必要な努力をしなくなり、結果として失敗する割合が高くなる。

そして不幸にして実際に悪い成績をとると、子どもは完全にやる気をなくし、無力感に襲われる。

低い点数を目にして、「自分は言われたほど頭がいいわけではない」「自分には能力がない」と思ってしまうのだ。

「その科学が成功を決める」(リチャード・ワイズマン著)より

 

いい教育とはとにかくほめること、という神話が広まっています。

ですが実際のところ、生まれもった才能をほめるほど、チャレンジする意欲が落ち、挫折に弱くなるという結果に。。

私も数年前にこの話を知って、「えっ・・・」と驚愕しました。
じ、じゃあ・・・、どうやってほめたらいいの?愛しい娘を。。

 

成功を引き寄せる、いい褒め方

ここには子育て中の人ばかりでなく、すでに大人の私たちが、自分をよりよく育てなおすためのヒントがあります。

では、何をほめたら成功を引き寄せやすくなるのでしょう?

 

答えは、

・・・

努力です。

 

がんばったことをほめること

努力をほめられた子どもは、結果がどうであれ、失敗を恐れずにチャレンジするそうです。
また、たやすい課題より、むずかしい課題に取り組もうとする。

頭がいい、特別な才能があるといった褒められ方をすると、困難を避けたり、まじめに努力をしなくなったり、挫折に弱くなります。

 

一方、努力をほめられると、がんばることに喜びを感じるようになります。
粘りづよいので挫折からの立ち直りも早く、結果を出しやすくなるんですね。

「子ども」をほめるなら、才能ではなく、努力をほめること。

そして、もし「自分」をほめるなら、才能やスキルばかりでなく、がんばっていることを、自ら評価してあげることです。

 

f:id:kidism:20090426031734j:plain


仕事でも、恋愛でも日々、私たちは誰かと自分を比べがち。
スキルやコミュニケーション能力や容姿や頭の良さといった、他人から好まれやすい才能や能力というのは確かに存在します。

ですが、そこだけに価値を置いてしまうと、誰と比べるかで自信が上がったり下がったり、不安定なことこのうえない。

才能や能力は相対的なものだからです。

でも、努力は主観的です。

がんばった、ベストを尽くしたというのは、「自分で感じて評価できる」ことですから。

自分を褒めるためのエクササイズ

ああ、もっと自分のがんばりに気づいていきたいな~、と思ったら、次のエクササイズをおすすめします。

自分なりにがんばったことを、夜寝る前に、メモ帳に5つ書く。

 

メモ帳は紙でも、スマホなどのアプリでもOK。
ポイントは、ささいながんばりを自分で認めてあげること。

めんどくさかったけど、洗濯物を干した、でもいい。今日も会社に行った、苦手な上司に笑顔で接した、早寝早起きをした、シャンプーを補充した、コンビニの寄付箱に100円入れた、・・・なんでもいいんですよ。

ほんのちょっとでもがんばったなと思ったら、それらを全て、自分の「成功体験」として認めてあげられるといいですね。

 

積み重ねがセルフイメージを上げる

成果というのはコントロールできません。
うまくいったり、失敗したり、勝ったり、負けたり。

でも、ささいな努力ならコントロールできる。日々、積み重ねることができる。
その積み重ねが自信につながっていくんですね。

 

子どもも、他人も自分も、ほめることは大切です。
ですが、褒め方には「いい褒め方」と「悪い褒め方」がある。

いい褒め方をしてくださいね。
いい褒め方をすればセルフイメージは上がります。

自信が高まるにつれて、いい現実を引き寄せやすくなるでしょう。

 

Copyright© 2018 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.