お金と愛の引き寄せコーチング

幸せな起業家、個人事業主、フリーランスになるために。

親が大嫌い、許せない人たちのために。

f:id:kidism:20160615145450j:plain

こんにちは!お金と愛のライフコーチ、小島です。
クライアントさんのお金や結婚、恋愛の悩みを伺っていると、最終的にこういう感情を無意識下から引き出すことがあります。「親が嫌い、親のことが許せない。」なぜ、お金や愛の悩みが、両親と関係するんだろう?と思うかもしれませんが・・・。

私たちのココロの土台を作ったのは、まぎれもなく、両親です。生まれたときから、一番近くにいた存在ですからね^^ たとえば、お金を得る価値がない、私には愛される価値がないといった、幸せを遠ざけるネガティブな思い込みも、親との葛藤が原因になったりします。

なんだか、お金や愛でつまづきやすいな・・・と感じたら、親が嫌い、許せないという思いがないか?と疑ってみてくださいね。

人それぞれ、事情はあるけれど・・・

そうは言っても、いろいろ干渉してくる、ずっと無関心だった、なかには身体的、もしくは精神的に虐待されたという人もいるかもしれません。他人が育った家庭のことです、単純に道徳や損得をふりかざして、「親を許そう、大切にしよう」なんて言えません。誰だって、何かしら事情を抱えて生きているんですから。

何を隠そう、私も親が嫌いでした。父親が嫌いだったんです。名前で呼んでくれたことがなくて。「よしゆき」そう呼ばれたことが、46年間、一度もない。。「おい!」とか、小さい時からずっとそんな調子でした。私が育った70年代、80年代は高度成長とバブル期で、世間のお父さんたちはみな、働きバチなんて言われてました。

うちの父も例外でなく、仕事とゴルフで、典型的に家庭を顧みない昭和の父親そのもの。それにしてもね、名前で呼んでくれないなんて、薄情すぎる。。母親に文句を言ったこともあります。「どうしてお父さんは、名前で呼んでくれないの?僕のこと、嫌いなのかな?」

母親や祖父母、親戚からは、「よっちゃん」と呼ばれていました。母いわく、その甘ったるい響きが、父には恥ずかしいんだろうと。でも、祖父からは「よしゆき」って呼ばれていましたから、同じように呼べばいいのになって・・・。母にも、よく分からなかったんですね。

だからずっと、私は父に嫌われている、私に関心がないんだ、そう思い込んでいました。無関心なくせに、都合のいいときだけ怒ったりして、ずるい。褒めてくれないくせに、怒ってばかりで、ずるい。いつもそう、感じていました。

親に愛されたくてしょうがない

そうして20歳を過ぎてから、事件が起きました。これはたぶん、私の人生の中での最大の汚点です。父親を殴ってしまったんです。

ことの発端は、私が学校の試験をボイコットして、卒業をフイにしたことでした。就職がうまく行ってなかったのもあって、親に相談もせず、勝手に留年してしまったんですね。あとで聞いた父親は激高しました。そりゃそうです、相談もせずに留年なんて。お金がかかることですからね。

父が帰宅した深夜でした。怒りにかられた父親に胸ぐらをつかまれ、慌てた母親が「やめて!」と間に割って入ったんです。そこで、「バチーン!」平手で叩かれたのは、母親でした。女を殴った・・・。我を失って、気づいたら、父親を一発、グーで殴ってたんです。私の身体は急にブルブルと震えだしました。自分で自分のしでかしたことに、ショックを受け、怖くなって・・・。

正座させられて、母と妹が私をかばおうとする中、怒りに震えた父の唇が切れて、血が流れているのに気付きました。「親を殴るなんてどういう了見だ!」「これからのことを文書にして提出しろ!」もう私は完全に力が抜けて、あとは言われるままでしたよ。

それから家では顔を合わせるのも気まずいまま。そんなこと、なかったかのように、時間だけが流れていきました。もちろん、父親とはまともに会話することもなく。まあ、思春期のころから、まともにコミュニケーションはとれてなかったんですけどね。

どう考えても、落ち度は私にありました。私が殴られるのが筋でした。でも、結果は違ってた。親を殴った。この汚点はたぶん、一生消えないかもしれません。そのころはまだ若く、母親を守った、女を殴る卑怯者から母を助けたんだ、そう思ってたくらいなんですけど。

そもそもの原因は私にあります。今振り返れば、父親を困らせたかったのかもしれません。ずっと無視されてきた痛みを、そっくり返してやる。そういう抵抗だったのでしょう。要するに、私の半生はたぶん、父親に愛されたくてしょうがなかった、人生でした。

いい成績をとっても、いい子にしても、関心をもたれない、ほめてももらえない。だから、もっと完ぺきにならなくちゃいけない。足りないから愛されない。もっと頑張らないと愛されない。そう思い込むようになっていたんです。

親に認められたくてたまらない

30歳頃に遅いひとり暮らしをはじめ、35歳で独立して仕事をし始めました。でも、両親にはそのことを黙っていました。怒られると思ってたから。十分に大人だったのに、おかしいですよね^^ ようやく伝えたのは、39歳のときです。

その頃、私よりも4歳も若いいとこの男性が、子どもが生まれたばかりで、仕事中に急逝してしまいました。その彼の葬儀のとき。私も、父も、いつまでも生きて会えるわけじゃないな、そんな雰囲気でした。

不思議なくらい素直に、父に話しました。「じつは独立して仕事をしているんだ。」父はまた激高するだろう、そう覚悟してました。でも、違ってた。「え!・・・そ、そうか!あ・・・、で、会社のURLはなんだ?」びっくりはしてましたが、笑顔だったんです。好奇心に輝いた表情でした。はじめて、父に認められたような気がしたものです。

それから、結婚したい女性がいると伝えて、二度びっくり。父も、そして母も、その日はとても幸せそうに見えました。それが7年前の話です。

 

f:id:kidism:20160528162021j:plain

あなたと親はやっぱり似ている

私に娘ができてから、実家への送り迎えは、父が車でしてくれるようになりました。娘の成長や、私たち家族のイベントを、長年やめていたカメラでいつも撮ってくれます。一眼レフに、マニアックな機材を携えて。で、思い出したんですよ。ああ、私の小さい時のアルバムは、全部、父が撮ってくれたことを。何十冊もある家族写真は、すべて父が撮って、アルバムに整理してくれてたんです。

私は父の愛し方に気づけなかった。名前で呼んでくれない。ま、それだけじゃなかったですが・・・。でも、父は私に無関心だと決めつけ過ぎていたのかもしれません。父に愛されていた、父なりのやり方でずっと。今はね、すっかり仲が良いんですよ。よその父子とは比べられませんけど、子どもの頃よりずっと、一緒にいて居心地がいいです。

父を愛している。今ならそう言えます。たぶん、愛されてもいます。お互いに不器用ですれ違ったままだったんですよね。で、何よりもそういう気持ちになれた理由は、自分の父へのわだかまりに、ちゃんと向き合い続けたこと。関心を寄せてもらえないさみしさ、父を殴ったという事実、そして、何よりも重要な気づきは、父と私がよく似ているってことです。

似ているから、反発し合ってきた。すごく単純で、シンプルな気づきでした。そう思いはじめると、いろいろ許せるんですよ。父の不器用さも、愛情表現すらも。似ているのは当然ですよね。遺伝子を両親から半分ずつ受け継いで、幼い頃に一緒の時間を過ごして、多大な影響を受けてきたんですから。

私は父が、子どものような笑顔で私に話しかけてくれるとき、愛されていると感じます。父の撮ってくれた写真を見ると、幸せな気持ちになれるんです。自分のわだかまりに向きあって、よかったと、心から思うんですよ。

自分をもっと好きになるために


親が嫌い、親のことが許せない。

そこにはいろんな事情があって、思い出すのもためらうことが、あるかもしれない。でも、親を許せないと、人生のつまづきが多くなります。だって、親を嫌うってことは、自分を嫌うってことだから。自分のことが嫌いなままで、どうして幸せになれるんでしょう?自分のことが嫌いな人を、どうして誰かが愛してくれるんでしょう?

実際に会って、握手するような和解は必要ないんですよ。少なくとも自分の中では、親への怒りや不満は消化しておいたほうが絶対にいいです。会って許さなくてもいい。ただ、自分の中では消化できるように、親への正直な気持ちと向き合ってみてください。

ひとつご提案。「あなたと嫌いな親の共通点を、リストアップしてください。」そこから、人生が動きはじめますから。

 

Copyright© 2017 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.