お金と愛の引き寄せコーチング

物心バランスよく豊かな起業家、自営業、フリーランスになるために。人生を劇的に変えるココロの秘密。

一生役に立つ、アファメーションのコツ。

f:id:kidism:20150403151114j:plain

こんにちは!お金と愛のライフコーチ、小島です。

あなたは「アファメーション」を知っていますか?もしご存知ない方は、ぜひこちらの記事をご覧になってください。私のブログで一二を争う人気記事です。「朝5分、人生が変わるアファメーション。」 ・・・よろしいでしょうか?では、いきますね!

アファメーションとは、「肯定的な自己宣言」のことです。たとえば、お金や愛を引き寄せるためのアファメーションには、「お金はすぐ簡単に、私のところへやってくる」とか、「私には愛される価値がある」といったものがあります。こうした言葉を日頃から呟いたり、心の中で唱えることで、願いを実現しやすい、いいココロの状態を生むのに役立ちます。

アファメーションは効く?効かない?

「あなたはふだん、どんな言葉を自分に投げかけていますか?」口ぐせもそうですが、声にならない声、ココロのなかで呟いている言葉には、あなたの人生の足を引っ張っている、ネガティブな「思いグセ」が隠れています。たとえば、意外に多くの人がこんな言葉を、まったくの無意識でつぶやいています。「わたしにはできない、どうせムリだろう・・・」

ちょっとしたことなんですけど、このちょっとの思いグセが、物事の成否をわけたりするんですよね。こんなとき、「わたしなら出来る!」などといったポジティブな自己宣言をくり返すことで、行動を好ましいものへ改善できるのです。

私もいろいろなアファメーションで、人生の好ましい変化を体験してきました。自分にいい言葉を投げかけると、無意識の行動が変わり、人生がいい方向に進んでいきます。アファメーションには効果がある。けれど、自分に効くものと、効かないものがあります。効くか効かないか?ではなく、自分に、効くか効かないか?です。

誰にでも、特別なアファメーションがある。

私が使っているアファメーションの一つにこういうものがあります。「私の愛が、お金と豊かさを簡単に引き寄せる。」これは、私が認定トレーナーをしている、「Wealthy Mindプログラム」(豊かさマインド)という、米国NLP&コーチング研究所で開発された引き寄せメソッドで作ったもの。(「豊かさ」には、お金だけでなく、 愛や人間関係の豊かさも含まれています。)

私にとっては、つぶやくたびに心がほっこりして、力がわきあがるフレーズなのですが・・・、たぶん、あなたにとっては、ピンと来ないのでは?愛という言葉が入っていたり、お金と豊かさを切り分けていたりしますからね。たんに「私は豊かさを引き寄せる」ではダメなんだろうか?と・・・。

このアファメーションは、私特有のネガティブな思いグセ(メンタルブロック)からでき上がっています。私は幼い頃から、両親への反発や誤解から「お金と家庭の幸せは両立しない」と無意識に思い込んできました。お金のために家族仲が犠牲になる、お金か愛のどっちかしか手に入らないとか。

 

f:id:kidism:20140108155401j:plain

実際、私の今までのことを振りかえると、お金に問題のないときは、愛情関係で不足があったり、反対に愛情は満足できるものなのに、お金に悩んでいたり。なぜか分からないけれど、どっちかに偏ることが多かったんですね。 豊かさ」という言葉に「お金」を含めて考えることにも抵抗がありました。「人生の豊かさはお金じゃない、愛だ」と無意識に信じていたから・・・。

今でも昔の思いグセにっ張られることはありますが、このアファメーションによって、かなり気持ちは変化し、現実のバランスも改善してきています。「私の愛が、お金と豊かさを簡単に引き寄せる。」これは私にだけ効果のある、「私仕様のアファメーション」なんです。

一生役に立つ、アファメーションのコツ。

アファメーションの成否のカギは、その人の思いグセ(メンタルブロック)に対応したものかどうか?たとえ、「わたしにはお金をもつ価値がある。」「わたしはいつでもモテモテです。」といった前向きな自己宣言をくり返しても、自分の思いグセと合ってないと、あまり効果はないでしょう。

お腹の痛みを、頭痛薬では治せません。アファメーションは薬のようなものです。あなたの症状にあったものを使わないと、効果が期待できないんですよ。その症状とは、あなたが、どんな「ネガティブな思いグセ(メンタルブロック)」を持っているか?そんなことを頭の片隅に置きながら、アファメーションを使ったり、探したりしてみてくださいね。これが一生役に立つ、アファメーションのコツです。

 

Copyright© 2017 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.