お金と愛の引き寄せコーチング

物心バランスよく豊かな起業家、自営業、フリーランスになるために。人生を劇的に変えるココロの秘密。

子どもの時に知りたかった「お金の話」

f:id:kidism:20140322162229j:plain

こんにちは!お金と愛のライフコーチ、小島です。

ボクにお金をください!^^」 日曜の夕暮れどき、横浜の繁華街で大道芸をしているお兄さんがそう叫びました。すると、見ていた老若男女がどっと笑って、大盛り上がりに。

路上パフォーマーが観客に投げ銭を要求するのは当たり前。けれど、私も含め、何の疑いもなく、みんな笑ってしまった。。

お金って、みんな欲しがり、そのために働いてもいるけど、ストレートに「お金をください」って言われると、ヘンな雰囲気になるんですよね^^

 

一緒に見ていた5歳の娘に、何が一番面白かったか尋ねたら、「ボクにお金をください!っていうところ♪」という答えが。。

子どもながらに、お金を欲しがることはちょっとズレた、面白いことなんだと感じているのが驚きでした。

実際のところ、「お金は汚いもの」と感じている中高生が、日本では8割弱いるそうです。その汚いもの、卑しいものを手に入れるために、学校で必死に勉強しているだなんて、ちょっと不思議な気がしませんか?

 

お金って何だ?

ときどき、「お金とは何だ?」という話を見聞きします。お金は信用だ、という人がいます。信用がある人や組織にお金は引き寄せられる性質があるから。

お金は力だ、という人もいます。お金によって人を支配できるという実態がありますよね。

お金は愛だ、という人もいます。お金で愛情表現をしたり、愛されていると感じる人もいます。

お金は生きていくための活力、エネルギー源だという人もいれば、エネルギーそのものだと感じる人もいます。

 

そもそも、お金は紙や金属で出来ている。大昔には貝殻だったこともありました。物と物を交換するために、世界中のあちこちで自然に発生した交換ツール。言語と同じように、人種を問わずに生み出してきた、便利なコミュニケーションツールとも言えます。

本来、お金に深い意味などありません。ただのツールですから。けれど現代社会においては、お金への意味づけや感じ方次第で、お金を引き寄せる度合いが変わります。

もちろん、能力や才能、知識や性分や努力など、色んな要素が絡み合いますが、その土台にあって最重要なのは、そもそも「お金を好ましく思っているかどうか?

 

お金って本当に汚いもの?

お金は本当に汚いものでしょうか?お金のことを考えたり、話すことは卑しいのでしょうか?もしもそう感じるなら、お金のネガティブ性だけを見て、ポジティブ性に目を向けていないのかもしれません。

「お金は、諸悪の根源である」という言葉、一度くらいは聞いたことがあるでしょう。そもそも、聖書に書いてあるらしいのですが・・・、誤訳だそうです。本来は「お金に執着するのが、諸悪の根源である」とのこと。

たしかに、お金は人の心を惑わせますし、事件やトラブルにお金が関係することも多いですよね?

けれど、お金で自由が手に入ったり、安心を感じたり、クリスマスプレゼントを買って大切な人を喜ばせることもできます。

どんな形であれ、お金を引き寄せるかどうかは、お金への「好悪」の感情が大きく影響しています。

 

f:id:kidism:20171206175639j:plain

お金を好ましく感じていますか?

あなたは、お金を好ましく感じていますか?人間、嫌いなものは手元に置いておきたくないし、積極的に手に入れたいとも思いません。

たとえば、

・・・

子どもの頃に犬に噛まれた経験があると、きっと大人になっても怖いです。犬が近づいてくれば逃げたくなるし、手元に置いておきたいとも思わない。

もしくは、自分が噛まれなくても、誰かが噛まれるのを見たとか、または、「犬は噛むから怖いのよ、気をつけて!」なんて大人に何度も注意されたり、両親がそもそも犬を毛嫌いしていたなら・・・、

今のあなたは心底から、犬と仲良くなりたいでしょうか?

・・・

よろしければ「犬」⇒「お金」、「噛まれる」⇒「痛い目にあう」と置き換えて、もう一度読んでみてください。ピンときやすいかもしれません。

 

お金のポジティブな面に目を向ける

もちろん、大人になってからでも、お金に対して好ましい感情は高められますよ。

たとえば、「お金で両親にしてもらったことを書きだしてみる。

両親が働いてくれたおかげで、食べるものに不自由しなかった、学校に行かせてもらえた、毎月お小遣いをくれた、クリスマスにはサンタからだと言ってプレゼントを用意してくれた、欲しい洋服、ゲームを買ってくれた、家族旅行に連れていってくれた、・・・。

 

産んだんだから、養うのは当然だ、なんて思う人もいるかもしれませんね。もちろん、ムリに有り難がる必要はないのですが、・・・

ただ、事実として、今、自分が生きているのは、お金の恩恵に預かってきたからである、というポジティブな面にも目を向けていただきたいのです。

 

もしも今より、お金を好ましく感じられたなら、あなたの人生はどう変わりそうですか?

ほんの少し時間をとって、新しい未来を想像してみてくださいね^^

 

Copyright© 2018 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.