お金と愛の引き寄せコーチング

幸せな起業家、個人事業主、フリーランスになるために。

もしもイイ人なら、お金の罪悪感に注意!

f:id:kidism:20150818180312j:plain

こんにちは!ライフコーチの小島です。

「お金持ちとは○○である」。あなたなら、この○○にどんな言葉を入れますか?お金持ちのイメージというのは、多くの人がステレオタイプで刷り込まれています。たとえば、国民的なアニメ「ドラえもん」でおなじみのスネ夫。彼はお金持ちの息子で、いつも新しいおもちゃを自慢し、ナルシストで、いじめっ子です。

ディケンズの名作クリスマス・キャロルの主人公は、大金持ちで、冷酷なケチとして描かれました。TVのバラエティ番組は、お金持ちや子息たちの散財エピソードをおもしろく取り上げ、ニュースでは企業や政治家の汚職事件が常です。

お金持ちは悪い人」「お金は悪いもの、汚いもの」。こう思わされても仕方がないほど、世の中にはお金に関するネガティブな情報であふれていますよね。ですが、これらは本当に真実なのでしょうか?一度でも、こうした話を疑ったことがありますか?何よりもたしかなのは、「お金は悪だ」という思い込みが、お金を遠ざける原因になるということです。

 お金は汚い?

「お金ってきれいなものですか、それとも汚い?」。全国の中高生たちに投資教育をしている岡本和久さんは、約500人の生徒にこう問いかけてきました。8割弱が「お金は汚い」と答えたそうです。また、「お金持ちはいい人、悪い人?」という質問には、8割以上が「悪い人」と答えたそうです。

それでも「お金を稼ぐこと」については、ほぼ全員が「良いこと」というイメージを持っていたそうです。お金は汚く、お金持ちは悪い人、なのにお金を稼ぐのはいいこと。この矛盾は、大人になり、自分で稼いで暮らすようになっても変わりません。

米国のファイナンシャル心理に詳しいブラッド・クロンツは著書「お金で不幸にならない11のカルテ」で、「わたしたちは誰でもお金がほしいが、同時にお金をもつことに罪悪感をもつようにプログラムされている人も多い」と述べています。お金は欲しい、でもお金を持つと悪い人になる・・・。もしもあなたが神さまだったら、そんな人にお金をあげます?それとも取り上げます?ちょっと迷ってしまいますよね。

 

f:id:kidism:20150203172350j:plain

もしも、あなたが「お金」だったら。

「お金を愛するのは諸悪の根源である」。キリスト教の聖書にある言葉ですが、誤って「お金は諸悪の根源である」として世界に広まっているそうです。また、日本には古くから清貧をよしとする考え方があります。お金を求めるのはいやしいことで、貧しくとも、道徳的であるほうが尊いという価値観です。

私たちは現実として「お金がほしい」のに、道徳としては「お金を否定」する文化的なメッセージに囲まれています。そもそも、お金は流通をスムーズにするための道具で、良いも悪いもありません。ですが大人も子どもも混乱して、いい具合にお金と付き合えないんですね。

こんなふうに考えることもできます。もしもあなたが「お金」だったら・・・と、想像してみてください。お金の気持ちになってみましょう。みんながあなたをスターのように崇拝しています。君が欲しい、もっと欲しいと激しく求めてくる。その一方で、あいつは悪い奴だと陰口もささやいています。こんな理不尽なことって、あります?

お金の話題をなんとなく避けてしまう。請求書や銀行残高を見ないようにしてしまう。お金なんて興味ないといったスタンスをとりがち・・・。こんなケースでは、「お金の罪悪感」にとらわれている可能性があるかも。お金の罪悪感はそのまま、無意識にお金を遠ざける行動につながります。お金が欲しいのに稼げない、稼いでいても貯まらない、たくさんあっても不安で仕方ない、という人は、「お金の罪悪感」がないか気を付けてください。

お金の罪悪感と潜在意識。

もしも「お金は悪いもの、汚いもの」と信じていたら、お金を手にするチャンスがあっても、無意識下でそのチャンスを「不快」だと感じるでしょう。潜在意識には不快なもの、危険なものを遠ざけようする性質があるから。するとそのチャンスに躊躇したり、回避したり、そもそも気づきもしないかもしれません。

他にも・・・、給与に不満があっても甘んじてしまう。自営の場合だった、サービス料金をずいぶん低く設定してしまう。お金を請求するのが申し訳ない。こうした感情には、「お金に頓着しないのがいい人」という思い込みが隠れています。適正な対価であれば罪悪感や遠慮はいらないのに、なかなかそうは思えません。

「お金持ちはいい人か?悪い人か?」。こんな議論が交わされることもありますよね。お金はただの道具です。そもそも、いいも悪いもありません。寛大な人がお金を持てばさらに寛大になり、尊大な人がお金を持てばさらに尊大になります。お金はただ、虫メガネのように、その人の性質を拡大しているだけ。すべては使う人の器量次第なのです。

 

f:id:kidism:20140217150341j:plain

お金のイメージを見直す。

もう一度、冒頭の質問を繰り返してみましょう。「お金持ちとは○○である」。頭に浮かぶだけ、できるだけたくさん、紙に書きとめてみてください。そして、出てきたもの一つひとつに、「本当にそうだろうか?客観的な証拠はあるだろうか?」と投げかけてみましょう。

お金の罪悪感を放っておくと、善良であるほどにお金を遠ざけることになります。誰かの役に立ちたい、いい人間でいたい、でも、お金だって欲しい。こうした葛藤を感じたら、お金は虫メガネで、ただの道具にすぎないことを思いだしてください。誰でも善良でありながら、豊かに暮らすという選択はできるはずです。

 

Copyright© 2017 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.