お金と愛の引き寄せコーチング

起業・副業・フリーランスが、お金も愛もある「豊かな人生」を手に入れるためのココロの秘密。

お金のメンタルブロックを外す方法(初級編)

f:id:kidism:20160329170856j:plain

こんにちは!お金と愛のライフコーチ、小島です。

起業や副業に憧れたことがありますか?
もしかしたら、いまビジネスの準備中だったり、すでに頑張っている人もいるかもしれませんね。

もし「起業・副業」という言葉に少しでも心が動いたら、ぜひ確認しておいてほしいことがあります。

あなたにどんな「お金のメンタルブロック(心理的な障害)」があるかどうかを。

 

ビジネスをはじめると、日々、「お金」と直面することになります。

どんなアイデアやスキル、人脈や高い志を持っていても、お金に結びつけることができなければ、仕事が続けられません。

たとえば「お金を手にすることは卑しい」と感じてたら、優秀な人でも余計な苦労が増えてしまう。お金を無意識に遠ざけてしまうから・・・。

 

会社勤めをしていると、メンタルブロックのあるなしが分かりにくいかもしれません。
成果報酬で働いている人はまだしも、給料が保証されていたり、間接部門で働いた経験しかない人は注意してくださいね。

お金が好きでないと、お金を稼ぐことができません

お金を稼げないと、好きで始めた仕事も続けられなくなる。
あなたは、お金に対してどんな「思い」を持っているか、気づいていますか?

 

メンタルブロックがあるまま、起業・副業すると・・・

お金のメンタルブロックを抱えたまま起業・副業をはじめると、
たとえばこんな問題が起こります。

  • 商品やサービスの値決めをするときに、安く設定して、利益があがらない。
  • 売り上げに直結しない仕事ばかり熱心にやってしまう。
  • クロージング(契約を取ること)に積極的になれない。
  • お金の出入りに無頓着になる。
  • お金の不安に悩まされ、クリエイティブなことに時間を使えない。
  • 仕事に無気力になっていく・・・。

 

これらは現実に私自身に起きたことです。

「お金のメンタルブロック」を持ったまま独立して、お金を稼ぐことに積極的になれず、何年もムダにしました。

いい商品やサービスを提供していれば、お客さんがやって来ると勘違いしていた。

ブロックを引きずったまま、ポジティブ思考の力だけで前進しようとすると、心身ともに大きな犠牲を払います。
ストレスにまみれ、自分を傷つけ、周りの人や家族を傷つけることがある・・・。

 

「こんなにがんばっているのに、どうしてお金が稼げないんだ」
「がんばろうとしても、自分の中に邪魔する何かがあるような気がする」

 

すでに独立・起業して頑張っている人なら、このもどかしい感覚を肌で知っているかもしれませんね。

 

こうした状態は、車のアクセルを踏みながら、サイドブレーキを踏んで、エンジンだけが唸りを上げているようなもの、とたとえられます。

がんばっているほどには、前に進まない・・・。

「お金のメンタルブロック」がある状態とは、無意識下でサイドブレーキがかかったままの状態なのです。

 

車をスムーズに発進させるためには、まず、サイドブレーキを解除すること。
そうしてはじめて、車はそろそろと前に走りだす。

アクセルを踏むほど、目的地にどんどん近づいていけるようになります。

 

メンタルブロック(サイドブレーキ)が外れれば、お金につながるアイデアや行動力がわき、人との出会いも良くなっていく。
潜在意識が、「私がお金を手に入れること」にOKを出しているからですね。

 

あなたの「お金のメンタルブロック」を見つける。

では、お金のメンタルブロックにどんなものがあるのか、見ていきましょう。

メンタルブロックの多くは、「幼少期に見聞きしたもの、または周囲の人たちの無言のメッセージ」によってでき上がっています。

もちろん、人によって育った環境はさまざまで、パターンも無数にあります。ただ、傾向というのはあるんですよ。

ここでは、よくあるお金のメンタルブロックを少しご紹介しましょう。

 

お金のメンタルブロックの例

  • お金は卑しいものだ。
  • お金持ちはイヤなやつだ。
  • お金と愛情は両立しない。
  • お金を持っているとロクな目に遭わない。
  • お金は良い人生のために必要ない。
  • お金持ちになると、人から嫌われる。
  • お金の管理は難しい。
  • 人からお金をもらうと、相手に借りができる。
  • お金を手に入れたら、奪われるまえに使いたい。
  • 自分の取り分はない。
  • 一生懸命にがんばらないと、お金は手に入らない。
  • お金を手にする価値が自分にはない。
  • お金を手に入れるのは難しい。
  • 完璧でないと、お金は手に入らない。
  • 悪いことをしないと、お金は手に入らない。
  • お金があると、家庭が不和になる。

 

該当項目のすべてが、その人にとって「お金を遠ざける決定要因」になるわけではありません。 

ブロックを見つけるときは、何となく当てはまるものより、自分にとってより深刻に感じられるものに注目しましょう。

 

たとえば、上記のリストを眺めながら、「感情が大きく揺さぶられるような項目」はありませんでしたか?

すごく不安になったり、怖くなったり、何だか落ち着かない気分になったりとか。

 

もし「自分の感情」が分かりにくければ、「体の反応」に注目してくださいね。

たいていの人は、不快さを感じると、胸のみぞおちや胃の辺りにモヤモヤを感じやすいもの。

ネガティブな感情がわくほど、その人にとって深刻な「お金のメンタルブロック」の可能性があります。

 

 

f:id:kidism:20160329171021j:plain

それでは次に、

思い当たるブロックに対して、その「真反対の気持ち」をあなたが手に入れたとしたら、人生にどんな変化が起こるか?と想像してみましょう。

たとえば、「お金持ちはイヤな奴だ」から、「お金持ちにイイ人はたくさんいる」へ。

今よりもお金を引き寄せている感覚がわいてくるなら、あなたにとって、そのブロック解消に取り組む意義があるはずですよ。

 

メンタルブロックというのは、本人には疑いようのない真実に感じられるものですが、冷静に見ていけば「必ずしも事実ではない」と分かるものです。

たいていの場合、両親や養育者、先生やマスコミや、社会的に道徳として刷り込まれたメッセージ、単なる思い込みにすぎません。

ただ、その思い込みを長年放っておいたので、動かしようのない事実に感じられるだけなんですよね。

 

では次に、その「真反対の状況」を実現するために、いますぐ出来ることをリストアップしましょう。

さきほどの例で言えば、「お金持ちの慈善家について調べてみる」・・・とか。

「今のわたしに、何から始められるだろうか?」と問いかけてください。
すぐに答えが見つからなくても、潜在意識が答えをサーチし続けます。

脳の神経反応はいくつになっても変化させられることが、近年の研究で明らかになっているんですよ。

私たちの思い込みは、何歳になっても変えることができます。
 

稼がないと、好きなことを続けられない。

たとえば、「お金は汚いもの、苦労しないとお金は稼げない。」
こうした思い込みのまま、センスと努力で頑張りつづける人がいます。

その一方で、傍から見ればあまりにも楽々、お金に恵まれているような人もいますよね?

その違いが何かと言われたら、「お金に対する感情」なのです。

同じスキルやノウハウを学んでも、お金を稼げる人と稼げない人が出てきます。
能力や意欲よりも、「お金が好きかどうか」に大きく影響されてしまう。

いま、「何て卑しいことを!」と感じたら、それもまたメンタルブロックの一つなんですよ。

 

ところで・・・、あなたは小学校の時、作文の時間が好きでしたか?

きっと作文の時間が好きな人は、どんどん何枚も書いて、おそらく原稿用紙が足りないくらいだったでしょう。

でも、嫌いな人はどうだったか。
何とか最初の数行を書いて、時間のほとんどを用紙とのにらめっこをして過ごしたのではないでしょうか。

私のこと、なんですけどね・・・。

 

ずっと苦手でした・・・。文章を書くことのメンタルブロックが外れたのはほんの2~3年前です。
今でも決して上手な文章は書けませんが、書くこと自体は楽しめています。

美しい文章をつむぎだす天性のセンスはないとしても、一応、誰でも文章は書けますよね。
私もあなたも、スマホやパソコンで、きっと毎日のように書いているでしょうから。

 

お金の扱いも一緒です。

生まれながらにセンスのある人はいます。
ただし、生きていくために十分なお金を稼ぐのに、特別なセンスは必要ありません。

お金を稼ぐことを楽しめるかどうか?

楽しむことができれば、少しずつお金が巡ってくるようになります。

働くこと、お金を得ることを楽しむために、「お金のメンタルブロック」を外しましょう。

 

他にもお金のブロックになるもの。

お金のメンタルブロックは、これまでに書いてきた「お金」そのものや、関連するネガティブな思い込みばかりではありません。

他にも大きく分けて2つのブロックがあります。
それは「自己無価値感」と「欠乏の恐れ」です。

 

自己無価値感とは「自分はダメな奴だ」という思い込み

これがあると、お金を得ることに躊躇し、「お金を得る価値が自分にはない」という思いにしばられて、無意識にお金を遠ざけるようになります。

また、大きく稼げていたとしても、お金は自分にふさわしくないものとして、散財して手元に残さないようにしたり・・・。

 

また、欠乏の恐れとは「お金が十分にないという恐怖」です。

お金が巡ってくる人は、たとえ一時的に困窮しようとも、そのうちまたお金が巡ってくるだろうと楽観的でいられます。

反対に欠乏の恐れを抱えていると、どんなに稼いでいても、「いつ失うだろうか?」と不安の中で生きていくことに・・・。

欠乏の恐れがあるかどうか?


たとえばこんなことを想定してみると分かりやすいかもしれませんね。

今、恋焦がれている人がいるとします。
その人にラインなり、メールなりで明日会おうと連絡しました。
ところが、一向に返信がありません。

時間がどんどん過ぎて、それでもまあそのうち来るだろうと思えるか?
それとも、何かあったのだろうか、嫌われたたのだろうかと不安に怯え、何度も何度もスマホを確認せずにはいられないか?

 

前者は相手を信じていて、後者は欠乏の恐れを信じています。
そっくりお金に置き換えてみてください。

あなたはお金に対して、どんなことを信じ、どんな態度を取っているでしょうか?

 

f:id:kidism:20140516135537j:plain

お金のメンタルブロックを外す、はじめの一歩。

お金のメンタルブロックは、その存在に「気づく」だけで解消することがあります。

軽度のものなら、気づいただけでも解消しますが、複雑にからまった、こじらせてしまったブロックは、丹念にひとつずつ解きほぐさなければなりません。

ですが今日、「お金のメンタルブロックがあるかもしれない」と気づいたことは、本当に大きな一歩なんですよ。

まずは、ここから始めてください。

お金の不安に駆られたら、その気持ちをしっかり抱きしめましょう。
その不安もまた、お金のブロックにつながっています。

お金のメンタルブロックを外すということは、「お金やお金にまつわる感情」を変化させるということです。

お金を好きにならなくても、苦手意識がなくなったり、不安がやわらげば、もっと人生を楽しめるようになると思いませんか。

 

 

【無 料】7日間メールセミナー 

お金のメンタルブロックを解除する方法(中級編

すでに起業、副業中の人、また目指している人たちにとって、お金のブロックは最大の障害となりかねません。

これより7日間にわたって、
さらに、お金を遠ざける心理的な要因と、「豊かさマインド」を身につけるコツを学びます。

がんばったら、ちゃんと報われる起業人生のために!

メールアドレス*

 

※登録解除はいつでも可能です。
※メールアドレスは個人情報として厳重に管理しています。

Copyright© 2018 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.