お金と愛の引き寄せコーチング

幸せな起業家、個人事業主、フリーランスになるために。

「引き寄せ」を遠ざけてしまう、過去の苦い思い出

f:id:kidism:20170522215739j:plain

こんにちは!お金と愛のライフコーチ、小島です。
私たちのココロの中には磁石(マグネット)が入っています。磁石にはポジティブなものと、ネガティブなものがあって、お金であれ、愛であれ、願いを引き寄せるのに役立つものもあれば、逆に遠ざけてしまうものもある。

今日はそのネガティブな磁石について、お伝えしますね^^

「引き寄せ」を遠ざけてしまう、ネガティブな磁石、その一例が・・・「未完了なままになっている、過去の苦い思い出」です。

ずいぶん前でも、思い出すたびにイヤな気持ちになる記憶が、ひとつやふたつありませんか?許せないアイツとのことや、顔から火がでるほど恥ずかしかったり、後悔したこととか。

願いを引き寄せやすくするためには、こうした「過去の不快な記憶と感情」と向き合うことが欠かせません。でないと、その記憶と感情に引きずられて、いつまでも過去と似たような体験をくり返すはめになるから。

「引き寄せ」を遠ざけてしまう磁石

新しい恋をしたいなら、昔の恋人へのわだかまりは捨てたほうがいい。お金が欲しいなら、お金にまつわるイヤな過去と決別したほうがいい。

新しい未来をクリエイトするためには、きちんと、「過去」を訪れることが役に立ちます。

とはいえ、昔のつらい思い出は、誰でも忘れていたいものですよね。忘れていたいし、なかったことにしたい。人はつらすぎることを体験すると、自分の心を守るために、本当に忘れてしまったりすると聞きます。

人は苦い思い出を忘れていたい・・・。ただ、どんなに思い出さないようにしても、心の奥底では、苦い記憶と感情がくすぶりつづけているのものです。

 

たとえば、キッチンの三角コーナーに残りもののおかずを放置したら、匂いを発し、どんどんと腐敗し、私たちを不愉快にしつづけるでしょう?

過去の苦い思い出は、たとえ見えないようにしたところで、放置すれば匂いを放つ。どんなに忘れようとしても、記憶は消せません。

 

過去の苦い思い出を放置しつづけると、さまざまな形で現在の人生に影響を及ぼします。人によっては、パートナーシップであったり、健康であったり、お金の悩みとして。。

思い出は「感情」という匂いを放って、私たちの「今」にいつも影響を与えています。

片づけそこなったキッチンの残りものは、その臭気を発してメッセージを送り続ける。「さっさと片付けてよね」って。

 

今でも気がかりな「過去」はありますか?

人生はつねに「今」です。もっとも重要なのは「過去」ではなく、「今」を生きること。けれど、この「今」に、ネガティブな影響を及ぼしている「過去」があるなら、時として、その過去に訪れて、残したままになっている宿題に取り組む必要があるのです。きちんと片を付けて、スッキリするということです。

誰であれ人生のどこかで、過去の未完了な思いと取り組まねばならないときが来ます。それが今なのか、10年後なのか、死ぬ間際なのかは分かりません。

ただ確かなのは、放置している期間はいわば返済が滞っている借金のようなもので、放っておいて自然に帳消しになるものではなく、むしろ放っておくほどにその負担は重くなります。

あなたには、今でも気がかりな「過去の苦い思い出」はありますか?

その体験から引きずったままの不快な感情が、今でもふとわき上がることはないでしょうか?そのせいで、本来、ポジティブでありたい行動や振る舞いの足かせになっている、と感じることはありませんか?

放置することもできるし、向き合うこともできます。準備ができた時点で、その人は自然に立ち上がるでしょう。

 

f:id:kidism:20160302121918j:plain

 

「過去」に向き合うと、何が変わるのか?

ところで、もしもあなたが「過去」にきちんと向き合ったら?こんな変化が起きます。「その記憶を思い出しても、何とも思わない・・・

たとえばここで、昔の失恋を思いだしてみてください。その時に相手への怒りや失望や、自分への不甲斐なさや、そうしたネガティブな感情がわき上がりますか?

もしそうなら、その人は過去を引きずったままであり、その思いが、現在の恋愛やパートナーシップの足かせになっている可能性があります。

幼い頃に、欲しいものが自由に買えなかったといった悔しさがあれば、きっと今のその人の経済的な行動や状況にも何らかの影響を与えているはず。

稼ぐそばからどんどん使わずにはいられないとか、子どもに不自由はさせまいと買い与えすぎてしまうとか。

「過去」によって、「今」のどこかが歪められているかもしれません。

過去を変えることはできません。ただし、「過去を思い出すたびにわきあがる感情」なら変えられます。

 

願いを叶える準備はできていますか?

昔の恋人を思い出しても、穏やかでいられる。幼いころのお金の不自由な体験を思い出しても、安らかでいられる。過去の感情を「今」に引きずったままにしない。

過去によってしばられない自由。これがどれほど、私たちをエネルギッシュにしてくれるのか、想像がつきますか?

「私たちの人生は強烈に、過去にしばりつけられています。過去をなかったものにはできませんが、過去から心理的に解き放たれて、今を自由に生きることは可能です。」

もしも、この抽象的な文章のどこかに、ピンと響くものがあったなら・・・、あなたは過去と向き合う準備ができているのかもしれませんね^^ つまりは、願いを叶える準備ができている、ということです。

私たちはいつでも、新しい人生を引き寄せることができます。

 

Copyright© 2017 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.