お金と愛の引き寄せコーチング

物心バランスよく豊かな起業家、自営業、フリーランスになるために。人生を劇的に変えるココロの秘密。

ネガティブな「思い込み」は、あなたの幸せを妨げる。

f:id:kidism:20160104153036j:plain

こんにちは!お金と愛のライフコーチ、小島です。

私たちはたくさんの「思い込み」にしばられ、不自由に暮らしています。とくにネガティブな思い込みは、無意識の行動、振る舞いに制限を与え、古い鎖となって自由を失わせています。「そんな思い込み、私にあるかな・・・?」と、すぐにはピンと来ないかもしれません。

たとえば、日本や欧米社会では「男は人前で泣いてはいけない」という暗黙のルールがあります。涙と弱さが関連づけられ、人目をはばからず号泣する男性は珍しがられます。

幼いころから多数がそういうものだと思っていて、その真偽に疑問すら持ちません。こうした社会共通のものに加え、人それぞれに異なった思い込みがあります。

思い込みは7歳頃までに作られる

思い込みのほとんどは、幼少期に家庭や学校などで刷り込まれ、今は知覚できない潜在意識に保管されています。6~7歳頃までの脳波はデルタ波・シータ波で、いわゆる催眠にかかりやすい状態。スポンジが水を吸収するように、見るもの聞くものを手当たり次第に取り込みます。

思い込みというのは、PCやスマホにインストールしたソフトと同じ。プログラムは見えない場所で働き、画面には結果だけを表示しつづけます。どんなプログラム(=思い込み)をインストールしているかによって、その後の人生に表れる結果も異なってしまうのです。

ここに「愛、お金、仕事」に関する「ネガティブな思い込み」の例を10個あげました。あなたにも心当たりがあるかもしれませんよ。

● 頑張って働かないと、十分に稼げない。
● 愛か、お金か、両方は得られない。
● お金を稼ぐことと、自由な時間は両立しない。
● 仕事のためには、何かを犠牲にしなければならない。
● 期待に応えないと、私は必要とされなくなる。
● 忙しい人には価値がある。
● 働くうえで女は損だ。
● 働くことと、母親であることは両立できない。
● 愛される価値がない。
● 人の価値は、年収や資産とイコールだ。

・・・

※もっと知りたい方は、こちらの記事「お金・恋愛・結婚を遠ざける、40のメンタルブロックとは?」をご参照ください。


こうした思い込みは思春期や大人になっても作られます。ただ、幼少期に刷り込まれたものは、人生の広範囲に影響を及ぼします。もし今のあなたが「長時間働かないと、十分に稼げない」と思い込んでいたら、その奥に「わたしには能力がない」「わたしには価値がない」など幼少期の刷り込みが隠れているかもしれません。

思い込みは性質の違いにより、浅い表面的なものから、深い根源的なものまで多岐にわたります。

 

f:id:kidism:20150317104256j:plain

「思い込み」は階層構造になっている

性質の違う思い込みは、ブドウのふさのように互いに結びついています。根源的な思い込みは「ブドウの軸」、表面的な思い込みは「一つひとつの実」です。根源的な思い込みの「軸」には、表面的な思い込みの「実」が複数くっついています。

さきほどの例でいえば、「長時間働かなければ、十分に稼げない」「期待に応えないと、私は必要とされなくなる」といった表面的な思い込みの奥には、「わたしには価値がない」という根源的な思い込みが隠れている可能性がある、ということです。

そのため、「軸の思い込み」を発見して解消すると、複数の「実の思い込み」も一気に改善できます。ブドウの軸を取り去れば、実もすべて落ちるからです。

 

ヒントは「頭の中のおしゃべり」にあり

では、どのように思い込みを発見できるのでしょうか。まずは、次のように自分へ問いかけてみましょう。

この状況が誰のせいでもないとしたら、わたしの中のどんな思い込みが原因だろうか?」。

もし、自分の心に意識を向ける習慣があれば、こうした質問だけでも思い込みを発見できるでしょう。また、外側の世界に対する意識が強く、内面に意識を向けるのに不慣れな場合は、「頭の中のおしゃべり」に気づくことから始めてみましょう。

 

f:id:kidism:20140514141507j:plain

「頭の中のおしゃべり」とは、私たちが無意識に、無言で繰り返している頭の中の自問自答です。たとえば、日曜日の夜には多くの人が、頭の中でこんなおしゃべりをしています。「あ~、もう休日が終わっちゃう。明日からまた仕事か。今週忙しいし、早く土曜日が来ないかな~」。

こうした声に出さない「頭の中のおしゃべり」に、思い込みのヒントが隠れています。一説によると、人は1日に2万回以上もこうした思考を繰り返していると言われます。とくに何度も繰り返されるネガティブな自問自答には、ネガティブな思い込みが関わっている可能性が高いです。


思い込みに気づくと、人生が変わる

思い込みを変化させる第一歩は、「自分の思い込みに気づく」ことです。

いま、わたしは何を考えているのか、何を感じているのか。思い込みを一つずつ見つけていってください。じつは気づくだけでも、変化は始まります。

心が変わると、行動が変わり、人生が自然に変わりはじめます。思い込みの発見は、人生を変える、はじめの一歩なのです。

 

Copyright© 2017 Yoshiyuki Kojima. All Rights Reserved.